めんどくせぇことばかり 『漬けおきレシピ』 検見崎 聡美
FC2ブログ

『漬けおきレシピ』 検見崎 聡美

この本は昨年の10月に出された本です。購入したのは3月くらいだったかな。実は、最近売れている料理の本で、似たような名前の本があるんです。それが、『つくりおき食堂』。「漬けおき」と「つくりおき」、意味はまったく違うんですけど、似てるでしょ。

似てるのは言葉だけじゃないんです。ほら、表紙を見比べてください。ものすごく似てるでしょ。これ、真似たのは扶桑社の方ですからね。ここまで似てると問題ですね。マジンガーZとテコンVくらい似てるでしょ。みなさんは、テコンVを許せますか? テコンVを許せないという人は、『つくりおき食堂』も許しちゃいけません。

『つくりおき食堂』も欲しいんだけど、なんか、『漬けおきレシピ』がすねちゃうといけないから、買わないんです。・・・バカバカしいですか?・・・そう言えばそうですね。

さて、『漬けおきレシピ』ですが、たくさんのレシピが紹介されてますけど、基本は簡単です。
  1. 食材をゆでる・ソテーする・焼く・炒める
  2. 漬けだれ 材料を混ぜる・材料を混ぜて煮立てる
  3. 食材が温かいうちに、漬けだれに漬け、粗熱が取れたら冷蔵庫に入れる
って、これだけです。これだけで、うまくなるんです。


『漬けおきレシピ』    検見崎 聡美

青春出版社  ¥ 1,382

材料を切るだけ、ゆでるだけ、チンするだけで、あとは漬け汁や漬け床に入れるだけ
肉の「漬けおき」おかず
魚の「漬けおき」おかず
豆腐と野菜の「漬けおき」おかず


《漬けおく》にしても、《つくりおく》にしても、いまはタッパが便利ですね。タッパだけじゃありません。ホームセンターに行ってみると、いろいろな容器が並んでますね。容器の他にもジプロックみたいなビニール袋も、とても便利ですよね。

1年半前に登山を再開して、まだまだテント泊登山は数回しかやってないんだけど、食べ物を持っていくのにタッパと袋の進化にはとても驚かされます。

《漬けおく》のにもタッパか、ジプロックがやっぱり便利ですね。

今、連れ合いとふたり暮らしになって、車で10分位のところにロピアっていう、とても食材が豊富でワクワクするスーパーができたんですが、販売している量が多いんですよ。こういうやり方で安く売ってるんだと思うんですけど、・・・だから、買ってくると、小分けにして冷凍しておきます。

何気なく冷凍庫を開けると、小分けにしたまま忘れていた肉が出てきたりします。そんなとき、もう、何も考えずに、とりあえず煮るか、焼くかします。煮るか、焼くかしている間に、タッパにつけダレを作ります。醤油と酢と甘酒で、南蛮漬けのつけダレができます。なんだったら、玉ねぎも混ぜときますか?

ってくらいの手軽さでできるのが、この『漬けおきレシピ』です。

えっ?タッパとジプロック、どっちがいいかって?

私は断然ジプロックですね。タッパだと量が問題でね。ふたが閉まらないとちょっとまずいし、じゃあ大きなタッパを準備するとなるとかさばるしね。だから、ジプロック。・・・あれ、これはジプロックじゃない。偽物だ!・・・ゆ、許せん!・・・とは言うものの、こっちの方がジプロックより安いし、もしかしたら、郵便局でもらったやつかな。・・・ま、いっか。

でもやっぱり、テコンVはマネマネですよね。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 料理の本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事