めんどくせぇことばかり 『習近平の真意』 長谷川慶太郎
FC2ブログ

『習近平の真意』 長谷川慶太郎

農村戸籍と都市戸籍の別っていうのは、明らかな差別ですよね。都市の労働者は様々な社会保障制度によって手厚い保護を受ける一方で、農村の農民は自給自足を原則として、社会保障制度の対象から外されているわけです。 工業は国営化され、労働者は国営企業の従業員ですから準公務員としての扱いを受けます。それに対して農民たちは人民公社に組織されるわけです。

ところが、人民公社は出だしの大躍進運動で4000万人の餓死者を出して、あとズルズル行って改革開放政策の中でいつの間にか解体されて、あとは農民はほっぽり放し。都市経済が活性化してくれば、出稼ぎに出るのは当たり前ですね。だけど最初から、所属母体を分けられちゃいましたから、農村に籍を置く者たちは、都市に居場所はないわけです。コソコソして生きてかなきゃいけないわけですね。その足元を見て、いくらでも安く使えたわけですね。

その農村戸籍の出稼ぎ労働者、農民工と呼ばれる人たちが“中国”の経済発展を支えたわけです。農村戸籍が9億7000万人、都市戸籍が4億2000万人ということですから、使いでがありますね。いい仕事はみんなとし戸籍の人たちのもので、農民工の仕事はかつて日本で3Kと呼ばれたような仕事だけ。ただ、戸籍アパルトヘイトと呼ぶ人もいるという話ですので、爆発が心配ですね。

農民工も第2世代で、彼らはそれなりに権利意識が高いらしいんです。最近の労働争議や、その結果としての賃金上昇っていうのは、農民工第2世代が主体になってのことのようです。

中国共産党は、いよいよこの戸籍問題に着手する腹を固めたようです。その怒りが共産党に向いたら、中国共産党が潰されますからね。ただそれって、農民工に支えられた経済発展を棒に振ることにつながるはずです。

『習近平の真意』っていう題名の本です。長谷川慶太郎さんは、それを《中国崩壊を防ぐために共産主義を捨て資本主義自由経済へと進む》ことにあるって言うんですが、・・・どんなもんでしょうね。


『習近平の真意』    長谷川慶太郎

徳間書店  ¥ 1,620

風雲急を告げる東アジア情勢を巡る日・米・中・朝・韓国及び、習近平に焦点を当てて分析
第1章 習近平との賭けに勝ったトランプ
第2章 中国が抱える難問
第3章 軍事と経済の対外戦略
第4章 習近平一強体制の出現
第5章 イノベーション重視の国家構想
第6章 ITによる国家統制の強化
第7章 共産主義から資本主義自由経済へ


そう、これまで、資本主義自由経済の前提には民主化が必要であるとされてきました。“中国”は共産党一党独裁の国ですからね。そんな非民主的な国で、習近平というかつての毛沢東並の権力を手にしようとしている男は、資本主義自由経済の実現を目指しているということです。

長谷川さんは、「可能かもしれない」と言います。そうですね。長谷川さんの言う通り、「民主化を前提にしないと資本主義自由経済はうまくいかない」という常識は、歴史的に厳しく検証されてきたことはないですね。

しかも今、“中国”人は、国家によって完全にプライバシー情報を管理されてます。モバイル決済を通じて国民の消費データのすべてを把握することを、習近平はめざしています。個人の資産の動きも、国家によって完全に把握されるようになります。

“中国”は戸籍差別を解消する方向へ動いていきますので、これまで発展を支えてきた経済構造が大きく変化します。資本主義自由経済を思考するわけですから、ゾンビ化した国営企業はすべて倒産します。シャドーバンキングの抱える負債も表面化するはずです。

どこかで騒乱が抑えきれなくなったとき、民族問題が混乱に拍車をかけるはずです。それらのすべてを、IT化による国家統制の強化によって乗り切ろうというのが、《習近平の真意》ということのようです。

「可能かもしれない」という長谷川さんの悪いジョークはともかく、《共産党一党独裁の崩壊の向こうに始まる民主化》まで、習近平は見据えているとおっしゃるんですが、いかがなもんでしょうか。
そうそう、《天津大爆発事故》。あれ、禁句らしいですよ。探ろうとすると、かえって来れなくなっちゃいますよ。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事