めんどくせぇことばかり 『第二次世界大戦 アメリカの敗北』 渡辺惣樹
FC2ブログ

『第二次世界大戦 アメリカの敗北』 渡辺惣樹

産経ニュース 2018/08/17
日本、慰安婦指摘に反論 「性奴隷は事実に反する」と主張 国連差別委員会 委員から謝罪要求の声も
(全文)
【ジュネーブ=三井美奈】国連人種差別撤廃委員会の対日審査は17日、2日目の会合が行われた。日本政府代表の外務省の大鷹正人・国連担当大使は、慰安婦問題をめぐって会合中に委員から「性奴隷」という表現が使われたとして、「事実に反し、不適切」だと抗議した。

これに対し、鄭(チョン)鎮星(ジンソン)委員(韓国)は「性奴隷という言葉は1990年代から国連機関で使われている」と反論した。

日本側は、アジア女性基金を通じて元慰安婦への償い金支給や福祉支援を行ってきたと説明したが、鄭委員は「基金は徹底的な調査なしに設立された。償い金受け取りの拒否は難しかった」と述べた。

また、2015年の日韓合意で両国が「最終的かつ不可逆的な解決」を確認したとする日本の主張に対し、ガイ・マクドゥーガル委員(米国)は「政府間の合意で、個人の要求を消すことはできない」と発言。慰安婦への謝罪が必要だと主張した。マルク・ボシュイ委員(ベルギー)も「政府間の合意で解決はできない」と述べた。

大鷹大使は、女性を強制連行したとする吉田清治氏(故人)の偽証を朝日新聞が報じたことで、慰安婦問題が世界的に広がったことに言及。不正確な情報が流布したことで「不幸な側面があった。この新聞はすでに謝罪した」と述べ、委員に客観的評価を求めた。

会合では人種差別的なヘイトスピーチへの対策、アイヌの人々の権利保護を求める声も出た。

委員会は今回の審査を踏まえ、30日に日本への勧告を公表する。

大鷹正人国連担当大使の言う通り、「性奴隷」なんていう表現は《事実に反し、不適切》ですね。まったく韓国人というのは、国としての約束も守れない。あまつさえ、金だけ受け取っておいて「償い金の拒否は難しかった」ですからね。あれは、“償い金”なんかじゃないよ。

まあ、韓国人はどこまでいっても治りません。それでこそ韓国人なんですから仕方がありません。国の成り立ちというより、韓国人の成り立ちが反日なんですから。

ここで取り上げるのは、国連人種差別撤廃委員会でガイ・マクドゥーガルというアメリカ人の委員が韓国よりの意見を述べていることについてです。



文春新書  ¥ 1,188

ハル・ノート、ヤルタ会談、国際連合、ブレトンウッズ体制、全てソヴィエトスパイが操った
第1章 モーゲンソープランの非道
第2章 ソビエトに最も貢献したスパイ
第3章 アルジャー・ヒス ヤルタ会談の黒幕にして国連を作った男
第4章 露見したスパイ網
第5章 ルーズベルト・トルーマン体制の破綻
第6章 ワシントン議会が暴いたソビエトスパイ
終章 「戦勝国」アメリカの敗北


本書で、《桂・タフト協定》のことが扱われてます。これ、けっこう大事なことだと思ってるんです。

アメリカの太平洋進出に関しては、どうしたって日本が邪魔になるんです。ハワイのときもそうでした。ハワイの乗っ取りに出たアメリカに対して日本は巡洋艦二隻を派遣して圧力を加えてるんです。日本は、最終的には、アメリカのハワイ乗っ取りに立ちはだかることはなかったんですが、太平洋では勝手は出来ないと、アメリカに思わせました。

そのあと、「リメンバー・メイン」(・・・どこかで聞いたことがあるような)を合言葉にキューバを支配するスペインに喧嘩をふっかけて、グアム、フィリピンをスペインから取り上げます。

このスペインから取り上げたフィリピンの支配っていうのが、いわばアメリカにとっての試金石だったんですね。無理のしどころ。アーサー・マッカーサーを派遣して、無理を通して道理を引っ込め、フィリピンを力で押しつぶし始めたわけです。

ただし、このとき邪魔になるのが、・・・アメリカがそう勝手に思ってるのが、日本なわけです。そこで、桂・タフト協定です。アメリカはフィリピンの統治に専念するためにも、朝鮮の支配を日本に任せたわけです。日本が朝鮮に深入りした背景には、アメリカのそうした思惑があったわけです。

それが、この協定から40年ほどがたった1943年、そのアメリカの大統領であるフランクリン・D・ルーズベルトは、カイロ会談の決定を次のようにまとめます。

《三国(米英中)は、奴隷状態に置かれている朝鮮の人々を憂い、時機を見た上で、朝鮮は自由となり独立すべきであると考える》

日本に朝鮮を押し付けて、アメリカは何をやったかって言うと、アーサー・マッカーサーにフィリピン人を大量虐殺させてました。

おお、またかよ。アメリカ人!




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。

関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


あなたにとって切ない歌とはなんですか?
いい歌はたいてい切ない。あるときふとそう気づきました。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事