めんどくせぇことばかり 山『山頭火俳句集』 夏目番矢編
FC2ブログ

山『山頭火俳句集』 夏目番矢編

このあたりはまことに高原らしい風景である。霧島が悠然として晴れわたった空へ盛り上がっている、山のよさ、水のうまさ。

西洋人は山を征服しようとするが、東洋人は山を観照する、我々にとって山は科学の対象ではなく芸術品である。若い人は若い力で山を踏破せよ、私はじっと山を味わうのである。
本書p192
かさなって山のたかさの空ふかく

霧島にみとれてゐれば赤とんぼ

朝の山のしづかにも霧のよそほひ

こうして旅の山々の紅葉

山に向かって久しぶりの大声

しぐれて山をまた山を知らない山

しっかとお骨いだいて山また山

月あかりして山がやまがどっしり

霧雨のお山は濡れてのぼる

人に逢わなくなりてより山のてふてふ

ふるさとはあの山なみの雪のかがやく

『山頭火俳句集』    夏目番矢編

岩波書店  ¥ 1,145

日本人に広く親しまれるだけでなく、世界で愛読されている前衛詩人
俳句
日記
随筆


NHKの《にっぽん百名山》とか、他にも山を紹介するテレビ番組が多いですよね。ガイド役の人が、いつもいいウェアを着ていたり、高そうなザックを背負っていたりして、とてもうらやましい。悔しいから、絶対メーカー品の装備なんか買わないんだ。

そういえば、1年前に奥日光に行ったとき、ほら、去年の夏は雨が多かったじゃないですか。私も日光白根に登るのをあきらめて戦場ヶ原を歩くことにしてバスに乗ったんです。そしたらバスの中で、ザックカバーの使い方が分からないという年配のご婦人がいて、聞かれたんですね。そもそもザックの調節そのものからしておかしかったんで治してあげたんですが、そしたら私も、私もって、バスから下りたら私の前に行列ができました。

それはともかく、そういうテレビ番組を見て、「ああ、あそこは若いころに歩いたな~」なんてところが出てくると、胸がキューっとなってね。切なくなります。

そういう時に思うのは、「もう一度山を歩きたい」ってことで、「山に登りたい」ってことじゃないんですよね。これは不思議な感覚でした。若い頃は、けっこう登ることにこだわったのに。

でも、どうでしょうね。「穂高に登った」っていうのと、「穂高を歩いた」っていうの。今の私は、完全に、「穂高を歩いた」って方なんですけど。

かつて、日本人は、死ぬと山に行ったみたいですね。

山あをあをと死んでいく

月よ山よ私は旅で病んでいる

病んで寝てゐてまこと信濃は山ばかり

山のまろさは蜩がなき

家がとぎれると水音の山百合

山の仏には山の花

しめやかな山とおもへば墓がある

乞ふことをやめて山を観る

また見ることのない山が遠ざかる

分け入っても分け入っても青い山

を歩くと、墓に出くわすことが多い。かつては人家のすぐ近くにあって、日々手を合わせる人が通った墓も、人家はすでになく、手を合わせに訪れる人もいない。そんな墓に、時々、出くわすことがある。意外と恐怖を感じない。なんどもなんども手を合わせられて、すっかり成仏してしまったか。
P4210007.jpg山登りの人たちには登山道でも、かつてはただの道。そのお地蔵さまは全身すっかり苔むして、登山者から苔地蔵と呼ばれている。登山道沿いの馬頭観音は、裏から成長した木に食われたようになっている。4月14・15日 (16)
いずれにせよ。ここは登山道じゃなくて、かつては人の歩くところ。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事