めんどくせぇことばかり 『 “世界の果て”の物語』 ドミニク・ラニ
FC2ブログ

『 “世界の果て”の物語』 ドミニク・ラニ

この本を読んで、つくづく思います。

「ヨーロッパという世界は、何の歴史も持ってないんだ」って。だってそうじゃないですか。彼らが、みずからの過去のように語る“歴史”は、ことごとく古代ギリシャからの借り物で、それは古代ギリシャ人のものであって、ヨーロッパ人がヨーロッパ人という自覚を持つころには、彼らは雲散霧消して存在しておりませんでした。

なんにも持っていなかったからこそ、欲しかったんですね。そして、自分たちこそが古代ギリシャ文化の後継者であるように、まるでその血を、その遺伝子を受け継いだものであるかのごとくふるまうわけです。

《17世紀から18世紀の古典主義と啓蒙時代は『イーリアス』や『オデュッセイア』を読み、ユリシーズのような「素晴らしい旅」に憧れる旅人が多くなった。城壁の発見を期待して、トロイ地方をあちこち歩き回った》

おお、まさにその通り。彼らが教会の戒めから逃れようと手を伸ばした古典とは、自分とは何のかかわりもない古代ギリシャ人の物語だったのです。

古代ギリシャ人が古くから伝えられた文明を受け継ぐべくもなくなった時、それを受け継いだのはイスラム教を信仰する人々でした。十字軍の時代あたりから、ヨーロッパ人がイスラム教徒との接触から伝えられた古代ギリシャのお話は、彼らにとっては見も知らないまったく新しい話でした。

ルネサンスなんて言いますが、再生なんておこがましい。それは彼らにとって、新鮮極まりない、胸躍る物語だったにすぎません。それをルネサンス、再生だなんて、かつて自分の手元にあったものを取り戻したかのような表現をするから、話がややこしいことになってしまうんじゃないでしょうか。

それにとどめを刺したのは、やはりシュリーマンの発見でしょうか。たしかにその城壁の外では、自分たちの先人に違いない英雄アキレウスとトロイの皇子へクトールが死闘を繰り広げたわけです。敗れたへクトールが、遺体をアキレウスの戦車につながれ、それを見た妻のアンドロマケが気を失って倒れ伏す現場を、シュリーマンはまさに発見し、『イーリアス』に書かれた物語が真実であったことを証明したのです。

ただし、シュリーマンが証明したのは、『イーリアス』に書かれたギリシャ神話が、実は史実を下敷きにして書かれたお話であったことという事であって、シュリーマンたちのご先祖様とは一切合切、爪の先ほども関係のない、まるで違う世界での出来事に違いないわけなんですけどね。


『 “世界の果て”の物語』    ドミニク・ラニ

河出書房新社  ¥ 3,218

希望と欲を原動力に地の果てへと邁進した探検家、歴史家、旅行家たちの34の冒険譚
ヨーロッパ
アジア
アフリカ
アメリカ
南極地方
辺境の地


それでもヨーロッパ人は、ギリシャを心の故郷にしてしまっているわけです。もうそれはそれで、どうしようもありません。ヨーロッパ人の本当のご先祖様たちは草葉の陰で泣いているに違いありませんが、おそらくギリシャ神話並みの立派な過去を設定しないと精神のバランスが崩れてしまうのかもしれませんね。

それだけのものがあって、ようやく教会のくびきから逃れられたんでしょうから。

そんな彼らがたどる“世界の果て”、つまり辺境は、古代ギリシャ人たちの活躍のあとに他ならないことになりますね。クレタ、トロイ。地中海は、まさに冒険の海。金の羊毛の国コルキスは断崖絶壁に挟まれた海峡の向こう。それはもう、違う世界。古代ギリシャ人は、異世界にまで足跡を残しています。

そこでは、異邦人のイアソンへの愛のために国を裏切った王女メディアの物語が語られます。しかし、その王女メディアを、異邦人のイアソンは裏切るのです。女王メディアの復讐劇は、しかし、ヨーロッパ人には何の関係もない話なんです。

しかし、新しい冒険が始まります。その冒険をヨーロッパ人にもたらしたのは、やはり、マルコ・ポーロと言っていいでしょう。彼の残した『世界の記述』は、それから200年後、一人の男を冒険に駆り立てます。そう、クリストファー・コロンブスですね。

“功罪半ば”なんて生易しいものではありませんが、すでに過ぎてしまったこと。とはいうものの、・・・生半可、古代ギリシャ人のオデュッセイアに刺激されてるから、オデュッセイアにこそヨーロッパ人のよって立つ本分があるとでも思っていたのでしょうか。オデュッセイアでこそ、ヨーロッパ人が古代ギリシャの後継者であることを証明する方法とでも勘違いしたんでしょうか。

“功罪半ば”は取り下げて、その後の“悪行三昧”は、まさにヨーロッパ人の身元証明と言っていいでしょうか。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

欧米の怪しさ

今晩は。欧州のアイデンティティーの怪しさが、何となく見える様な今回貴記事ですが、
先日の「第二次大戦、米の敗北」につき触れたく思います。

当時の F・Dルーズヴェルト米大統領が、当時の我国・旧帝国への恨みが一際強かったらしいのは有名な話の様ですが、
その背後に、スターリン旧ソ連書記長の影があったのは、今回初めて知った所です。まあ もしやって想いもあるにはあったんですが。

対広島・長崎の原爆投下の背景も、米に戦略上の強い信念があったとは言えず、ル元大統領の 言わば私怨を、ス元書記長が巧妙に利用した結果と言えなくもなく、長崎投下の二発目を見届けた様に始まった 旧ソ連です対日参戦も、これで説明がつく様にも感じました。

戦後を経て、現在の国際連合のあり様も芳しくないですね。戦中の歴史戦問題で 完全に特亜に傾いた対日姿勢はご存じの通りです。一度位、分担金拠出停止位しても良いのではないでしょうか。

その前の、登山対策の記事も 考えさせられるものがありました。遭難を想定した教育って、やはり拙者も必要と心得ます。と申して、余り意見できる立場ではありませんで。

今だからのお話。三十数年前の夏、悪友と町歩きの服装のまま 3000m超の 乗鞍の頂に勢いで登ってしまいまして。
天候に恵まれ、若気の至りで調子こいてしまったんですね。山頂の休憩場所は、登山向け重装備の各位ばかり。
大恥かいたは勿論、復路の下りはコケまくり。本当に、思い返すと してはならない事でした。

HAKASE(jnkt32) さま

コメントありがとうございます。

マルクスの説く当時の資本主義の限界を前に、共産主義というのは魅力的だったのでしょう。頭のいい人たちが、進んでその実現のためにスターリンに利用された。日本にもそうじゃないかって人が結構いるけど、中でも最たる人物の一人が山本五十六で、なんだあの状況で中途半端に真珠湾に手を出したものか?

ただし、F・D・Rはまた別格。

「盗んでいい、奪っていい、ぶっ殺していい、騙していい、裏切っていい、・・・どうせ地獄に落ちる連中だから」・・・そんなレーニンの思いを忠実に実現していくスターリンですが、共産主義の本質なんて、何一つ気づいてさえなかったでしょうから。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事