めんどくせぇことばかり 『地層のきほん』 目代邦康 笹岡美穂
FC2ブログ

『地層のきほん』 目代邦康 笹岡美穂

NHKでやってる《ブラタモリ》って番組見てますか。

《笑っていいとも》の司会を降りてから、いろいろな活動をされているようですが、《ブラタモリ》は、もうライフワークでしょう。NHKが離してくれそうもないのもそうですが、どこの地域もタモリさんに来てもらいたがってるでしょう。おそらく引っ張りだこ。たこみたいな顔をしているからってそう言ってるわけじゃありません。それだけ人気者ってことです。

その番組の中で、毎回披露される、地質に関するタモリの造詣の深さ、ビックリさせられます。あんだけよく知ってると、ボーッと世界を見ているだけで、面白いでしょうね。

ああ、タモリさんが時々漏らすわけの分からない含み笑い。あれは、ただ景観を見て、そこになにかタモリさんなりの地質に関わる発見をして、そこから湧いてくる含み笑いなんでしょう。

「おお、河岸段丘」とか、「なんだ、柱状節理」とか、「まったく、結晶片岩」とかを見つけて、にやにやにや~ってね。「なんて美しい縞模様」とか、「蛇紋岩のようにすべすべのお肌」とか、「流れるような扇状地」とかに、「うっ!」とかって逝ってしまってるのかもしれません。

だとしたら、うらやましい。ただボーッと景観を見ているだけで、そんなにも面白い、そんなにも気持ちのいい思いができるんだったら、ものすごく、ものすごーっくうらやましい。うらやましいじゃアーりませんか。


『地層の基本』    目代邦康 笹岡美穂

誠文堂新光社  ¥ 1,728

自分の足元が、どうなっているのか、どうやってできたのか、知りたいと思いませんか?
Chaptet1 地層の見方・考え方
Chaptet2 地球の仕組み
Chaptet3 岩石の種類と地層の構造
Chaptet4 化石と地質の時代
Chaptet5 いろいろな地層
Chaptet6 地層の利用
Chaptet7 地層の調べ方


ふーん。水が循環しているように、岩石を作っている物質も循環しているのか。

川原にある大小の石ころは、洪水の時にはぶつかり合いながら下流に流され、だんだん小さくなって、やがては砂や泥になります。砂や泥は、河原や砂浜を経て海底に堆積し、海底の中でも特に深い海溝から地下に取り込まれていくんだそうです。おお、地底に引きずり込まれるわけですね。・・・そして地底では、・・・あいつが手ぐすね引いて待っているんでしょうか。

ちがう! 

地下に取り込まれた堆積物は、一部は溶けてマグマになり、冷えて固まると岩石になるわけです。また一部は押し固められて岩石になるわけです。

そうか。🎶 さざれ石の巌となりて 🎶 と歌われるけど、砂や泥が、巡り巡って岩石になるわけですね。ただし、この循環には数千年から数億年の年月がかかるというわけか。

数千年から数億年をかけて行われることは、“私”という一個の人間にとってみれば、行われないも同じことです。ただし、“私”という一個の人間も、なにがしかの大きな循環の中の瞬間的一形態に過ぎないなら、目に見える柱状節理の一形態に、数億年の大循環を感じてほくそ笑みましょうか。

まあ、それはそれとして、この本の話です。2010年4月発行の『見方のポイントがよくわかる 地層のきほん』という本の焼き直しだそうです。旧版が数年前から品切れになったため、リニューアルして発行されたもんだそうです。

品切れになるのもわかります。Chapter1~7に59の小項目があって、それがほぼ見開きで一項目になっています。いずれもイラスト付きで解説されていて、なかには解説よりもイラストだけで何となく理解できそうなものも・・・。私なんかは、最初っから難しい言葉は読んでませんからね。イラストがとてもありがたいです。

それにしても、地球っていうのは不思議な作りになってるんですね。アメリカの原子炉でメルトスルーが起こっても、決してチャイナシンドロームにはならないですね。イラストでよくわかりました。

タモリさんがあの含み笑いの背景でエクスタシーに達しているのなら、それに勝つ方法はあれ以外に考えられません。化石になりましょう。化石になって遠い将来、その時代を生きる知的生命体に発見されるのです。その時、私は含み笑いをしているのです。含み笑いをしていることが分かるような化石人骨になるためにはどうしたらいいか、この本には書いてありませんでした。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様です。NHK「ブラタモリ」は、拙者も折々拝見。

司会進行の名人 タモリさんは、以前から知られたジャズなどの音楽に加え、地理の面でも造詣がある様で、
そのお蔭で 番組も安心して見られるのはさすがです。

貴記事の通りで、拙者も 同氏のライフ・ワークに相応しいと思いますね。

貴記事の書ではありませんが、拙餓鬼時分 天文の他書などから、地球の真ん中では 太陽の表面と似た事が起きているらしい事は、ボンヤリと分かった様な記憶がありまして。
水と同様に、岩石を造る物質も循環しているとは、又一つ勉強をした様な。笑
お返事の事では、ご面倒をおかけし申し訳ないです。拙記事コメント欄、メッセージ欄のいずれでも可です。必要時は「管理人のみ閲覧可」ボタンをご利用下されば幸いです。

HAKASE(jnkt32) さま

コメントありがとうございます。
《笑っていいとも》は、完全に“やりきった”のでしょうね。“やりきった”向こう側が《ブラタモリ》だったのかな。
私にも36年の“やりきった”が来年の3月にやってきます。そのあと、《ブラタモリ》を作り上げるだけのなにかが、私にあるかどうか。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


私達日本人の心と命
その本当の煌きとは。
新たな生の息吹に向けて、今、心の旅路へ
これから出る本
























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい