めんどくせぇことばかり 『神様のファインダー』 ジョー・オダネル
FC2ブログ

『神様のファインダー』 ジョー・オダネル

この本に掲載されている写真を撮ったのは、ジョー・オダネルさんです。ジョー・オダネルさんは1941年に米軍の海兵隊に志願し、撮影や現像の訓練を受けて、45年に占領軍のカメラマンとして来日したんだそうです。そして、広島・長崎をはじめ、各地の空襲による被害状況を写真の記録として残した人だそうです。

戦後はホワイトハウス付きカメラマンをしばらく務め、のちに反戦・反核の活動に飛び込み、日本やアメリカ、世界各地で写真展や講演会を開いたんだそうです。

残念ながら、もう亡くなっています。亡くなったのは2007年、85歳だったそうです。

その最期をみとったのは、もちろん奥様なわけですが、その奥様が坂井貴美子さんという日本人なんですね。地元福島で行われたオダネルさんの写真展で出会い、活動に賛同して95年に渡米し、97年にオダネルさんと結婚したんだそうです。

この本の文は、すべて奥様の坂井貴美子さんによるものです。

書かれているのは、オダネルさんの生涯です。米軍カメラマンとして日本で活動した頃のオダネルさんのこと。反戦・反核運動に心を写していった様子。活動に圧力がかかった話も書かれています。スミソニアンでの写真展ですね。アメリカでは写真集の出版にも苦労されたそうです。

それでも、粘り強い活動が続けられて、やがては大きな賛同と共感を得られたようです。いまその活動は、奥様に引き継がれているそうです。


『神様のファインダー』    ジョー・オダネル

いのちのことば社  ¥ 1,620

終戦直後の広島・長崎で戦争の惨禍を目の当たりにした元米従軍カメラマン
第一章 一九四五年、広島・長崎へ
第二章 写真展への道のり
Photo Album 焼け跡の隣人
第三章 活動への圧力と新展開
第四章 夫婦として、同志として
第五章 別離、そして再会への希望

nagasaki1945boy_201809201036224b8.jpgやがて、十歳くらいの少年が歩いてくるのが目にとまりました。おんぶひもをたすきにかけて、幼児を背中に負っています。弟や妹をおんぶしたまま広場で遊んでいる子どもたちの姿は、当時の日本ではよく目にする光景でした。

しかしこの少年の様子ははっきりと違っています。重大な目的をもってこの焼き場にやってきたという強い意志が感じられました。しかも裸足です。少年は焼き場のふちまで来ると、硬い表情で目を凝らして立ち尽くしています。背中の赤ん坊はぐっすりと眠っているのか、首を後ろにのけぞらせていました。

本誌p41

多くを語るのは、やめておきます。





にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


私達日本人の心と命
その本当の煌きとは。
新たな生の息吹に向けて、今、心の旅路へ
これから出る本
























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい