めんどくせぇことばかり 装備『トレッキング実践学』 髙橋庄太郎
FC2ブログ

装備『トレッキング実践学』 髙橋庄太郎

ここにきて、やっぱり装備なんですよね。

山の道具は値が張ります。高すぎますよ。山登りしようと思うと、そのうち近場の山だけじゃ物足りなくなるから、どうしたって交通費が馬鹿にならないです。若い頃は、それが一番問題でした。装備は靴とか、どうしてもって物のほかは適当にしてました。先輩たちの古いのをもらったり、代用品で済ませたり。衣服なんかは、それこそ体力でカバーするとかですね。

そんなでしたから、装備のこと、特に衣類のことはよく知らないんです。だから、この本は大変勉強になりました。

私は、山に関して20年を超えるブランクがあります。2年前に再開してビックリしました。以前に比べ、装備が本当に進化しているんですね。山の衣類なんてすごいです。みんな、化学繊維素材で、さらっとした気持ちいい着心地で、すぐ乾いちゃうんですね。

ゴアテックス素材っていうのには、一番驚かされました。昔はカッパですよね。とりあえず雨は弾くけど、汗かいて、湿気が内に溜まって、結局はけっこう濡れちゃうんですよね。雨の日は、歩かない。これが一番いいんですけど、そうとばかりは行きません。それが今では、雨を弾いて、しかも、うちの湿気を外に出すっていうのですからすごいです。

実際、使ってみても、昔のレインウェアに比べ、はるかに快適です。限度はありますけど、うちに湿気がこもって不快感が生じるまでの時間は、断然長くなりました。

登山用、トレッキング用として、山の道具屋さんで売られてるメーカー品は、どれもいい値段がしています。だけど、その技術が一般スポーツ用品というところまで下りてくると少し安くなってきます。ワークマンまで下りてくると、更に安くなります。

さらに、私がいま期待しているのが、ワークマンです。私が山で使うために買った衣類の大半は、山の道具屋さんじゃなくて、スポーツ屋さんでもなくて、ワークマンです。山の道具屋も専門店なら、ワークマンも専門店です。そりゃ、けちな商品を置いとくわけにいかないのは、山の道具屋さんと一緒です。にもかかわらず、ぜんぜん安い。

『トレッキング実践学』    髙橋庄太郎

枻出版社  ¥ 1,620

テント泊主眼の旧『実践学』に対し、[改訂版]は日帰り登山や山小屋泊にもフォーカス
1 計画を立てる
2 バックパックと内部の「荷」
3 「衣」のそろえ方
4 山の「食」
5 「住」のそろえ方
6 小物のそろえ方
7 歩行術
8 生活術
9 危機管理術
10 ローインパクトとルール&マナー
11 トレッキング上級者への道


テントにも驚かされました。

一人、二人、三人用テントなんていう、少人数用のテントが人気なんですね。私なんかの感覚じゃ、大勢が寝られる大きなテントが少しでも軽ければ、まったく文句なしっていうか、それが一番でした。

高校山岳部の時のテントは、帆布性の三角テントでした。奥秩父の縦走の時、ずっと雨で、フライを張ったってテントが雨吸って重くなって、それをたたんでザックで運んで、またテント場についたら、濡れたテント引っ張り出して張ってね。あれは嫌だったな。

最低でも四人用。場合によっては、そこに無理やり人数詰め込んだりしてました。・・・今、思い出しても、ゾッとします。

今のテントの快適なこと。テントに関しては、もう元には戻れませんよ。三人用に一人なんて、最高ですね。誰かのいびきに悩まされずに済むし。・・・この間、尾瀬に行ったとき、連れ合いは私のいびきに悩まされたらしいんですが。

もう一つ、ビックリしたのがマット。ウレタンのマット。あったかいんです。これもビックリ。地面からくる冷たさが完全にシャットアウトですよ。あの地面の冷たさって、テントで寝る以上、切っても切り離せないもののように考えていたんですけど、事態は完全に変わりました。

ビックリしたのはほかにもあるんだけど、もう一つここで上げるとすれば、ヘッドライトです。LEDのヘッドライト。明るいし、電池の持ちは良いし、なにより玉が切れない。

私、20年以上前に山をやめたとき、くやしくて多くの道具を捨ててしまったんですけど、ヘッドライトはとってありまして、出してつけたみたら、案の定玉切れでした。当時のヘッドライトは、ライトの部分のねじを開けると、切れた球の隣に、予備の玉が一つついてました。取り替えたらつきましたよ。

チェーンアイゼンっていうのも便利で・・・

さっき、もう一つ上げればって、ヘッドライト上げたんでした。きりがないのでこのあたりで・・・。

とりあえず、この本で装備のことを勉強しておかないと。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


私達日本人の心と命
その本当の煌きとは。
新たな生の息吹に向けて、今、心の旅路へ
これから出る本
























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい