めんどくせぇことばかり 『世界の路地裏を歩いて見つけた「憧れのニッポン」』 早坂隆
FC2ブログ

『世界の路地裏を歩いて見つけた「憧れのニッポン」』 早坂隆

“あとがき”に、《私はこれまで「ノンフィクション作家」「ルポライター」などと名乗ってきたが、最近では「ジョーク収集家」などと呼ばれることもある》と言っておられます。実は私、この本をもつけた時、「おっ、ジョーク収集家の早坂さんの本じゃないか」と思って手にとった次第です。なにしろ、この間、『世界はジョークで出来ている』を読んだばかり、大笑いさせてもらったばかりですからね。

その本ばかりじゃありません。早坂隆さんの出した“ジョーク系”の本は全部読んでます。それらからは、非常に多くのことを勉強させていただいたと感謝の気持ちでいっぱいです。私が、今日紹介する『世界の路地裏を歩いて見つけた「憧れのニッポン」』を見つけた時、「おっ、ジョーク収集家の早坂さんの本じゃないか」と思ったのは、感謝と尊敬の意を込めて思ったことなんです。
それに私は、早坂さんの書いたルポルタージュも読んでいます。『鎮魂の旅 - 大東亜戦争秘録』という本です。とてもいい本でした。内容もそうですが、表紙の絵や色使いも素晴らしく、装丁が内容にピッタリあっていて、本として優れていると思いました。

その紹介の中で、私はこの本について、以下のように書いています。
あの時代を生きた者なら、だれもが一つや二つは今の人が驚くような物語を抱えている。だれでもそうだ。だからあえて語らない。語らないけどみんなそうだと知っている。だからあえて聞きもしない。

そんな中でもここに収録されたお話は、著者が丁寧に集めたもの。いずれも、こころの慄えるものばかり。“今の人”に属する私だが、それでも、わりと“この時代の人”に近い。この本の話は、父や母の時代の話になる。その分だけ切なく伝わる。

早坂さんは、私よりも13もお若いんですよね。しかも、この本は2013年に出されたものです。そのお若さでこの本が書けたのは、世界の紛争地を訪ね歩いた経験があってのことだったんですね。イスラエルの取材で、早坂さんがこうおっしゃっている場面があります。

《その後、私は外国の紛争よりも自分の国の先人たちが経験した先の大戦のことを書くようになり、今に至っている。私を大東亜戦争への取材に向かわせたのは、パレスチナ人の青年の一言であった》

それが、次の一言です。

『日本人の君に、僕たちの悲しみは理解できないよ』



PHP研究所  ¥ 950

各国の庶民の目に映る「憧れのニッポン」像は、日本人が知らない「世界と日本」を教えてくれた
第1章 満洲──日本人が掲げた理念の風
第2章 モンゴル──世界史の中の不思議な繫がり
第3章 ルーマニア──「僕は日本に生まれたかった」
第4章 チェコ・ポーランド──救われた生命、奪われた生命
第5章 バルト三国──一枚の色褪せた「日の丸」
第6章 旧ユーゴスラビア──コソボの「ワールドカップ」
第7章 トルコ・シリア──時を越えた恩返しとトウモロコシ
第8章 イラク──一国平和主義は卑怯で、みっともない
第9章 イスラエル──ゴールデンブックに刻み込まれた感謝
第10章 サイパン・パラオ──日本流委任統治の光芒
第11章 フィリピン──天使たちの町に残る特攻兵の面影
第12章 台湾──なぜ、この地は「美しい島」なのか


何度も書いて申し訳ないんですけど、私にとって早坂隆さんは《ジョーク収集家の早坂さん》という印象が強いです。これも繰り返しになりますが、以前から早坂さんの本を読ませていただいて、大笑いさせていただくとともに、大いに勉強させていただいていることに、感謝と尊敬の念を込めて《ジョーク収集家の早坂さん》と読んでいるのです。

そのジョークも、この本につながるような“旅”の中で集められてものだったんですね。

生きていくことは厳しいですね。今の日本人の想像を超える過酷な状況で生きている、しかも、年端もいかない子どもたち、少年少女、若い人たちが、世界には、ごく当たり前のように存在しているんですね。

もちろん、日本だって人間の想像を超える過酷な歴史を刻んできました。

だけど、大東亜戦争の記憶は、若い人たちの中では完全に歴史の中の一コマでしかなくなってしまっています。それはおそらく、オットー大帝の時代にスラブ人が被った悲劇と何ら変わらない出来事としてしか認識されていないんだろうと思います。

早川隆さんは、今は活動の足場を、大東亜戦争の記憶の掘り起こしに置いているということですが、本当に頑張って欲しいと思います。

ボーダーレスがどうのこうのと騒がれる時代ですが、国として、民族としての記憶を失って、どうして世界に立ち位置を求められますか。
何があろうと、生きていてくれただけで、心の底からありがたい。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

基礎研究さえ怪しいげで

今月初の、拙記事ご見解を有難うございます。こちらこそ宜しくお願いします。

本当に我国は 基礎研究が強みのはずでしたが、近年の予算のあり様は この分野が
決して楽観できない事をも心得た様な気もする、本庶京都大特別教授のノーベル賞受賞だと感じられました。

前回の貴記事、やはりプーチン大統領の日露平和条約話を真に受けてはならないな、と改めて思います。
本当に偏見を抜きにして 中露も南北朝鮮も一筋縄では行かない相手。それらと強い姿勢で向き合い、我国益に近づけるのが外交のはずですから。

早坂 隆さんの著作は、良さそうなので 拙者もこれからボツボツと拝読を考え中。

先の大戦史を丁寧に追われている様子が、少し分かった所。「国として、民族としての記憶を失って、どうして世界に立ち位置を求められるのか」の下りは、拙者も同感です。まずはお礼まで

HAKASE(jnkt32) さま

コメントありがとうございます。

私は、どう仕様もない無精者で、山を歩くことを除けば、家の中で本を読む程度。その分、早坂隆さんのように、世界の様子、その中の日本のこと、を教えてくれる方には感謝するばかりです。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


私達日本人の心と命
その本当の煌きとは。
新たな生の息吹に向けて、今、心の旅路へ
これから出る本
























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい