めんどくせぇことばかり 奥武蔵 北向地蔵周辺
FC2ブログ

奥武蔵 北向地蔵周辺

9月29日地図 
また、でかい台風でしたね。もしも、何らかの被害を受けた方がいらしたら、お見舞い申し上げます。

台風前の土曜日は、午前中だけはなんとか持ちそうという予報なので、鎌北湖の向こう側の、まだ歩いてない道があるので、そこを歩いてみようと出かけてみました。お昼ごろ降り出しそうなので、11時には終わる予定で出かけました。 9月29日鎌北湖 (1)
車で出かけると、まもなく朝日が上がりました。典型的な朝焼けで、西の空はもう重ったるい感じでした。

9月29日鎌北湖 (2) 
ところが、鎌北湖に車をおいて歩き始めたときには、もう雨が降り始めました。

9月29日鎌北湖 (3)
北向地蔵も雨の中です。

9月29日鎌北湖 (4) 
舗装道路を避けて尾根筋の道に登りました。今日は、結果として二つの愛宕山に登ることになります。まずは、これが1つ目です。
9月29日鎌北湖 (5) 
いったん、舗装道路に下りて、ここからまた尾根筋の道に上がります。スカリ山に向かう道は、今日の楽しみの一つです。

9月29日鎌北湖 (7) 
スカリ山の手前、観音岳で雨具を身に着けました。ゴアテックス素材ですが、もう劣化して、じわじわ雨が染み入ります。

9月29日鎌北湖 (8) 
これは観音岳の山頂から見た武甲山です。

9月29日鎌北湖 (9)
今度はスカリ山からの武甲山。スカリ山北斜面は木の根が滑ること滑ること。怖かった~。

9月29日鎌北湖 (10) 9月29日鎌北湖 (11)
ユガテに下りてきました。

9月29日鎌北湖 (12) 
ユガテから東吾野に下りる途中、橋本山の展望です。

9月29日鎌北湖 (17)  
ユガテを過ぎて、吾野神社で229号線に出る。299号線沿いのコスモスです。1kmほど歩いて、お寺の脇から山道に入って鎌北湖に帰る行程です。お寺の・・・、お寺の。・・・道がない。ひと目を気にしながら、無理やり栗林を突っ切ると、道標にぶつかる。無理やり突っ切るのが正規のルートの模様です。他に道標に至るルートはありませんでした。

9月29日鎌北湖 (13) 9月29日鎌北湖 (14) 9月29日鎌北湖 (15)
愛宕山、水晶山、深沢山と、このコースは初めて歩きます。道の薄いこと薄いこと。途中、一度、ニホンカモシカの走り去る姿に出くわしました。 ・・・この愛宕山は、今日二度目の愛宕山ですね。

だけど、深沢山から先は、更に道が薄くなります。少々不安を抱くくらいに。

不安な時間帯は、本当に不安な時間帯は、20分位かな。突然、狭いながらも舗装道路に出てビックリでした。

北向地蔵から鎌北湖への道で、またもニホンカモシカに会いました。バチバチ写真を撮ったんですが、・・・まともに撮れたものは一枚もありませんでした。自分のカメラの下手さが恨めしい。

9月29日鎌北湖 (16)
ほら、こっち見てるでしょ。まったく、もう!

はじめての道は、充実感がありますね。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

土曜日にいらつしやつたのですね。僕は、金曜日、会社をズル休みして日和田山から物見山、ユガテ、東吾野を歩きました。
一日違ひでしたね。

ユガテ、コスモスと萩が咲いてゐて綺麗でした。

・・・さま

金曜日といえば、あの最高に天気の良かった日ですね。
私も、あの好天にいても立ってもいられなくなり、仕事を休もうと思ったんです。そう思ってから、どうしても外せない仕事を入れてあることを思い出し、思いとどまりました。いったん、気持ちを山に飛ばしてからだったもんですから、すでにない後ろ髪を引かれる思いで仕事に行きました。

意外に深くて・・

平成最後の 10月も、宜しくお願い致します。

台風第 24号の影響が少なかった様で、何よりです。
拙方もお蔭様で大過なかったんですが、雨の方が凄かったですね。
それと、当地東郊の三河と静岡・浜松の大停電は意外、そして遺憾です。

東京都西郊の奥多摩辺りですか、拙者も学生の頃 一度だけ尋ねましたが、
結構山が深くて、意外な気がします。

HAKASE(jnkt32)jnkt32 さま

そうなんです。それでいて、標高がさほどでもなく、人の生活域が近いから、登山道以外にもたくさん踏み跡があるんです。けっこう、道迷い遭難が多いそうです。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


私達日本人の心と命
その本当の煌きとは。
新たな生の息吹に向けて、今、心の旅路へ
これから出る本
























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい