めんどくせぇことばかり 『昭和40年代ファン手帳』 泉麻人
FC2ブログ

『昭和40年代ファン手帳』 泉麻人

また、やってしまいました。

眠らせている間に、“時価”の本になってしまいました。2014年の本ですから、4年間ほど眠ってもらったんですね。その間に、“時価”です。やむを得ないと言えばやむを得ないわけですが、もう少し何とか待ってもらうわけには行かなかったんでしょうか。もう遠く過ぎ去った過去の話、足の速い、イワシやサバとは違って、決して悪くなったりしないんですから。むしろ、時間が過ぎるほどにうまみ成分が凝縮してくるんじゃないでしょうか。

そんな言い訳しているくらいなら、4年も眠らせないで読めばいいのにって思いますよね。まったくです。だけど、とっても面白そうで、資料価値が高いと思うんですけど、やっぱりどっかB級なんです。内容にしたって、楽しい記憶を思い出させてもらえることが約束されていて楽しみではあるんですが、それ以上でないことも分かってるんです。

オリンピック並みに眠らせちゃったのは、そんなところに原因があるわけです。

この間、身近にいる生意気な高校三年生に話したんですが、「来年の4月30日で平成が終わるね。もうすぐ君たちも前の時代の人になるね。君たちが昭和生まれを前の時代の人として扱ったように、時期に君たちも前の時代の人として扱われるんだよ」って教えてあげたらショックを受けてました。昭和人を前の時代の人として扱った罪悪感を、今さらながらに感得できた様子でした。

そんな時期ですから、かえって今こそ、『昭和40年代ファン手帳』 を取り上げてみてもいいんじゃないでしょうか。いつかこの平成年間を、この本のようにして取り上げる日が、必ずやって来るんですから。

著者の泉麻人さんは、この本を書くにあたって新聞縮刷版や昭和史の本、ニュースビデオなどを見て、その年のを象徴する題材を探していったようです。記述は目次にあるように編年体にまとめてあります。新聞のテレビ欄なんか見たら面白いでしょうね。

ずいぶん前にこのブログでも紹介した『昭和のテレビ欄』という本があります。昭和のテレビ欄を順に並べてあるだけの本ですが、これがとっても面白かったんです。すでに、歴史資料の行きには行っています。・・・今、確認したところ、こちらも“時価”になってました。それも、もとね頼も上がってしまってました。

この『昭和40年代ファン手帳』も、そのうち元値を超えることになるかもしれませんね。


中央公論新社  ¥ 時価

高度経済成長まっただ中の昭和40年代、日本人の生活が大きく変わった
昭和40年
昭和41年
昭和42年
昭和43年
昭和44年
昭和45年
昭和46年
昭和47年
昭和48年
昭和49年
衝撃の紙上同窓会 石破茂×泉麻人


「短か日の きゃぷりきとれば すぎちょびれ すぎ書きすらの はっぱふみふみ」です。
「いんじゃな~い」です。
「ゲバゲバッピー」です。
「恥ずかしながら帰ってまいりました」なんです。

私は秩父の生まれで、生まれた年は昭和35年です。泉麻人さんは東京の生まれで、昭和31年のお生まれ。31年生まれの泉さんが脱脂粉乳を飲んでたのは小学校2年生までなのに、35年生まれの私が小学校で脱脂粉乳を飲んでいた記憶があるのです。おそらく小学校の真ん中辺まで。

これは地域差なのでしょう。東京で姿を消したボンネットバスに、私はずいぶんあとまで乗ってました。荒川村立荒川中学や大滝村立大滝中学に対外試合に行くときも、まだボンネットバスでした。

新しい映画が秩父で掛かるのは、すでに名画座扱いで、最初から二本立てだったりしました。・・・全部が全部じゃないかもしれませんけど。

そんな時差があって、なかには泉さんとの4年の生まれの差が埋まることもあるんですね。でも、やはり全体としては、この4年の差は大きいです。

特に昭和40年から昭和44年の5年間は、5歳から9歳です。正直、あまりよく覚えていません。同世代であるにもかかわらず、この微妙なずれは、手が届きそうでとどかない、高まってきて逝けそうで逝けないもどかしさが付きまといます。やっぱりピッタリくるのは、その少し前の生まれの方と、過ぎても33年生まれくらいまでの人じゃないでしょうか。

ただ、確実に5歳から9歳の私は、おそらく人生の中で最も濃厚な5年間を、その時期過ごしていたのです。この本を読んでいて、いったい脳内のどんな引き出しの中にしまい込まれていたのかというような記憶がよみがえるのです。

たとえば、“台湾ぼうず”です。私、知ってます。おはなはんを演じていた樫山文枝を姉に欲しいと思ってました。
それなりに、楽しく読みました。あとは、“時価”が上がるまで、またしばらく眠ってもらいましょう。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


私達日本人の心と命
その本当の煌きとは。
新たな生の息吹に向けて、今、心の旅路へ
これから出る本
























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい