めんどくせぇことばかり 『神奈備』 馳星周
FC2ブログ

『神奈備』 馳星周

先日読んだ、笹本稜平さんの『未踏峰』は、「再生の物語」だと、生意気なことをブログに書きました。基本的には、この『神奈備』もそうですね。

《【神奈備】神の棲まう山》

という解説を入れてこの物語は始まります。そのとおり、神奈備とは、神が宿る依り代を擁する場所ですね。御嶽山に神が宿るなら、御嶽山そのものが神奈備ですね。

神奈備としての御嶽山は、文字通り、古くからの信仰の山。信仰する者にとっては、死後の安住の山。死後の霊魂の憩う場所のようです。

その神の山、御嶽が噴火したのは2014年9月27日でした。折から秋の登山シーズンで、噴火警戒レベルも低い状態での噴火だったため、周辺には多くの登山者がいて、結局、58人の方が亡くなった。多くの方の死因が噴石にあたったことだったそうですね。大小さまざまな噴石が、雨のように降ったそうです。ただし、時速200~300kmで降ってくる、当たれば間違いなく命を落とす雨なんてありませんけどね。

やはり、著者の馳星周さんがこの物語の着想を得たのは、御嶽山に噴火だったんでしょう。

馳星周さんが初めて書いた山岳小説だそうです。間違えてました。ちょっと前に読んだ『蒼き山稜』の方が最初なんかと思ってました。まあ、どちらにしても、これだけの方が山岳小説に足を踏み入れてくれたことは、とにかくよかったですね。

この本の中でも、神に近づこうとする潤と、彼を探し出そうとする孝を対照的に、時間を追って順に描き出す書き方に、なんか鬼気迫るものを感じました。

これまでは、ミステリー? あるいは、サスペンスですか? いずれにせよ、もっともっと鬼気迫る物語を書いてらしたんでしょう。『蒼き山稜』も怖かったしね。


『神奈備』    馳星周

集英社  ¥ 1,728

「神様、どうしてぼくは生まれてきたんですか?」問いたい。山に棲まう神に
救われるのは、信じる者か、信じぬ者か。霊山・御嶽の麓の町で、悲惨極まりない人生を送ってきた少年、潤。山に棲まう神に会い、生きることの意味を問いたい…。積年の切ない望みを胸に、潤は誰もいない山へひとり姿をくらませてしまう。そんな潤を、強力の孝が思わぬ理由で捜索することになる。神を求め、信じる潤。長く山で暮らしながら、神を信じぬ孝。恐るべき大自然の猛威に翻弄されながら、二人が熱く命の炎を燃やす―。


一方の主人公、芹沢淳は、すでに10代にして自分の人生に絶望している少年で、実際、その人生は悲惨を極めています。彼は、自分の生まれた意味、生きる価値を神に問いに、御嶽に登るのです。

もう一方の主人公、松本孝は御嶽の強力を生業にしている、すでに40代の男です。その仕事に誇りを抱いていた時期もあるが、やがて彼にとって強力はただの生業になってしまいました。

さらに、御嶽の噴火がとどめになりました。ボランティアで参加した救助で確信した。「神なんかおるかい」
あの噴火で五十八人もの人が死んだ。九割は即死だ。一瞬にして命を奪われたのだ。
神さまがいる?ふざけるな。そんな無慈悲な神がどこにいる。お前たちはどのつらさげて神の存在を説くんだ。遺族に向かって御嶽は神さまだ、その神さまが訳あってあんたたちの家族を殺したんだと言えるのか。

その神に、今、芹沢潤は自分の生まれた意味、生きる価値を問いただそうと、風雨をついて御嶽に登っていきます。松本孝は、その芹沢潤を連れ戻しに、二つ玉低気圧の中を御嶽の頂上に向かうのです。

潤は、神に問うことなしに、もう一時も生きていけない状況にありました。だけど、孝も、ある意味では生きていなかったんだろうと思うんです。だから、潤の生い立ちを知った孝は、順を救い出すことによって、その向こうに自分の生き直す機会を見出したんだと思うんです。

だとすれば、それは間違いなく、御嶽が与えたものだったでしょう。

潤が神と出会えると信じている、夜明けが近づいていきます。
あれ? 『神奈備』と『蒼き山稜』の間に『神の涙』っていうのがありますね。これも、もしかしたら山岳ものかな?・・・さっそく・・・。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


私達日本人の心と命
その本当の煌きとは。
新たな生の息吹に向けて、今、心の旅路へ
これから出る本
























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい