めんどくせぇことばかり 見殺し『信長はなぜ葬られたのか』 安部龍太郎
FC2ブログ

見殺し『信長はなぜ葬られたのか』 安部龍太郎

私の“織田信長”は、『国盗り物語』によって構築されたものなんです。つまり、司馬遼太郎さんによって。

面白かったな~。

小学校のころに学校の図書室にあった伝記モノを読み漁ったのが歴史好きの始まりだったでしょうか。そうですね。中学校までの間は、読書対象は学校の図書館にある本と、家においてある本でした。国盗り物語は、家においてあった本でした。中学生のころだと思うんですが、大河ドラマでやってましたよね。おそらくその時に、父か祖父あたりが読んだものだと思うんですが、私も大河ドラマを見ていて、その途中で読んじゃいました。

その中では、よく覚えているわけではありませんが、信長の非情な部分に次第に絶望してことに及ぶということだったでしょうか。

安国寺恵瓊が言ったという《高ころびに、あおのけに転ばれ候ずると見え申候》という言葉のように、なんとなくそんな結末が将来に待ち受けているかのような予感は、実際に広く共通したものとしてあったわけです。

そしてそれは、ただ単なる予感ではなく、背景にうごめく力を察知していたからこその予感だったんでしょうね。その“察知”があったか、あるいはなかったかで、大きな違いになりますね。

この本の著者の安部龍太郎さんは、早くからそれを察知して、先駆けて信長を描いていたんだそうです。なにしろ、“うごめく力”の張本人、近衛前久を主人公にして書いていたっていうんですから。それが今から20年ほど前のことだっていうんですから、ずいぶん前ですね。

さらに、その方向性のまま、『信長燃ゆ』を書いたんだそうです。新解釈を打ち出したにもかかわらず、評価もそれほど高くなかったそうです。

・・・読んでません。読んだとしても、おそらく頭の中に出来上がっている信長像が邪魔をして、楽しく読めたかどうか。



幻冬舎  ¥ 886

江戸の鎖国史観から見ていてはわからない、世界史における本能寺の変の真実
第1章 消えた信長の骨
第2章 信長の真の敵は誰か
第3章 大航海時代から本能寺の変を考える
第4章 戦国大名とキリシタン
おわりに 「リスボンへの旅」

私のような、歴史が好きとは言ってもただの素人に過ぎない者にしてみれば、今と異なる時代を理解するということは、一苦労なり二苦労なりが必要なところです。そうは言っても古文書が読めるわけでもなし、どこにどんな資料が保存されているかアプローチすることもままならないわけですから、その時代について、いろいろな人が書いた本を読ませてもらうしかないわけです。

たとえばこの本は、安倍竜太郎さんという作家さんが書いたものですが、それなりの立派な**十年来の研究成果ですよね。もちろんこういう本ばかりじゃなくて、物語も読ませてもらいます。物語は強いですよね。面白おかしく頭に入ってきますからね。

ただ、それが空想歴史活劇であるならば、面白おかしく読んで終わりです。そのあたり、司馬遼太郎さんの本は格別です。小説とは言っても歴史を正面から取り上げて、地理、歴史、社会といった司馬遼太郎さんの総合的な知識と見識をもとに、その時代を読者の前に再現してくれます。

それはまるで、鳥瞰図を見ているかのように、立体的にその場所を描きあげ、さらにそれを拡大して、その場所に人物を躍動させてくれます。読後には、たしかにそうであるに違いないと読者に思わせてしまう魔力のようなものが感じられるのです。

そのようにして、私の頭の中には『国盗り物語』の世界が刷り込まれてしまっているわけです。信長の死の知らせを受けた秀吉は、一瞬自分の生涯の恩人の死を受け入れられず思考を停止させ、次の瞬間頭を抱えて泣きわめくのです。その傍らに、「今こそ」とばかりに黒田官兵衛が・・・。

その秀吉が知っていたなんて、知っていた信長を見殺しにしたなんて・・・。

古くからの司馬小説ファンは自分の生涯の恩人の死に思考を停止させ、次の瞬間・・・





にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


私達日本人の心と命
その本当の煌きとは。
新たな生の息吹に向けて、今、心の旅路へ
これから出る本
























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい