めんどくせぇことばかり 『朝に効くスープ 夜に効くスープ』 浜内千波
FC2ブログ

『朝に効くスープ 夜に効くスープ』 浜内千波

スープという呼び名になじみがありません。この際、汁物と呼んでもよろしいでしょうか。

もし、汁物と呼んでよろしければ、私が最上とするものは、なすとみょうがのみそ汁、あるいは、みょうがと卵のお澄ましです。どちらもみょうがの入ったものですね。たまたま・・・です。

初夏を迎えるころ、早くもスーパーにナスやみょうがが並び始めます。なにを意識したわけでもなくナスとみょうがのみそ汁を作って、それをよそった塗りの椀を口元に運んだ時、早くも歓喜の予感が漂います。さらに口をつけて汁をすすった瞬間、・・・もはや身体が震える感動です。

幼い頃、自分が生まれた家で、父母、祖父母、兄弟たちと卓を囲んだ日々、あるいは、連れ合いと向かい合わせてご飯を食べた新婚のころが走馬灯のように脳裏を走り抜けます。

いつもいつも、毎年毎年、自分が幸せに生きてこられたことを、再確認できる瞬間です。

さてこの本は、スープの本。スープの本って言ったって、ただのスープの本じゃありません。なにしろ、浜内千波先生の本ですからね。最近はまるで、慈悲に溢れた弥勒菩薩、それもモナリザの微笑みを思わせる中宮寺の半跏思惟像のよう。

御利益? 御利益なんか思っちゃいけません。「自分に何ができるか」です。世のため、人のためを思いつつ、慈愛に満ちたスープをいただきましょう。



日本文芸社  ¥ 1,296

冷え性、便秘、デトックス、アンチエイジング、ダイエットサポートにスープがおすすめ
1 クイックスープ 朝だからこそ、お湯を注ぐだけ
2 目覚めのスープ 朝からカラダを思いやる
3 夜スープ 健康スープ
4 ベースの野菜スープ+αスープ 夜のスープは手間をかけない
5 続けるスープ カラダを変える


浜内先生の前でわがままは許されまでんから、私もスープという言い方を受け入れ、精進したいと思います。

さて、スープの良さは、具材を選ばず、栄養を逃さないところにありますが、やっぱり日頃の食生活を考えれば、野菜をたくさん撮りたいですよね。そう考えたとき、スープは野菜をたくさん取るのに適しています。野菜をスープで一杯食べて、その分ごはんややパンを抑えられれば一石二鳥ですね。私はごはんも一杯食べますけど・・・。

ミネラル、脂溶性ビタミン、食物繊維は熱に強いので、加熱しても体に吸収できます。ビタミンB1、ビタミンCは水に溶けだすけど、スープごと飲めば吸収できます。緑黄色野菜のβカロチンは最初に炒めておくと吸収率がアップします。

大根やカブ、長芋、なす、きゅうりなんかは、生の方がいいみたいですね。

それから、野菜は冷凍しても、栄養成分は影響を受けないそうです。解凍したときに水分と一緒に成分も流れてしまうそうなので、やっぱりスープに合いそうです。きのこ類は、解凍時に細胞組織が壊れて、うまみが出やすくなるという効果もあるそうです。

大根やナスのみそ汁が好きなんで、加熱すると効果が薄れるっていうのはショックですが、あのうまさは私の癒しです。

ああ、スープの中にマカロニを放り込んでおけば、そのままご飯になりますね。山で朝ごはんの時にいいですね。

《4 ベースの野菜スープ+αスープ 夜のスープは手間をかけない》はいいですよ。これを知っておいただけで、いろいろな使いまわしが考えられます。ベースになる野菜スープを作ってストックしておいて、それにいろいろな都合で+αしていくだけ。つまり、みそ汁にしてもいいわけですね。

肉を入れたり、鮭を入れたり、アサリを入れたり、キノコを入れたり、パスタ入れたり、ご飯を入れたり、パンを入れたり、・・・。何でもできますね。

ちょうど、みそ汁で野菜をたくさん食べる計画を進めていたところでもあり、この本を読んで、みそ汁でもいいけどスープでもいいことがよく分かりました。スープにするという選択肢を持っていれば、もっと、野菜の摂取が楽になりますね。

そういえば、今朝のみそ汁はなにを入れてたんだったでしょうか。・・・思い出せない。・・・みょうがの喰いすぎでしょうか。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 料理の本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


私達日本人の心と命
その本当の煌きとは。
新たな生の息吹に向けて、今、心の旅路へ
これから出る本
























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい