めんどくせぇことばかり アダム・スミス『絶対世界が日本化する15の理由』 日下公人
FC2ブログ

アダム・スミス『絶対世界が日本化する15の理由』 日下公人

私は英語が不得手です。話せないし、読めません。英語だけっていうんじゃなくて、日本語の会話しかできないし、日本語で書いたものしか読めません。もちろん、今さら何とかするつもりもありません。

外国の方にもえらい方が一杯いらっしゃるのは分かりますが、残念ながら、その人の話を生で聞いてもなにがなんだか分かりません。その人の書いた本を手にしても、チンプンカンプンなだけです。

だから、その人について、日本人の人から聞くしかありません。日本語に翻訳された本を読むしかありません。だから、外国の方の業績や書いたものについて、とんだ誤解をしていることが、たまにあります。

そういう事に気がついたときは、本当に恥ずかしいです。

今回、日下公人さんの書いたこの本を読んで、そんな思いをいたしました。


PHP研修所  ¥ 1,836

日本の商品、文化が世界の人々を魅了する。そして、いよいよ世界の「日本化」が始まる
第一章 「シンゾー」を最も頼りにするトランプ大統領
第二章 アメリカという国の根本的なトラウマ
第三章 白人キリスト教徒は世界に何をしてきたか
第四章 “日本人の視点”から世界史を書こう
第五章 世界史的な目で二十世紀の百年を振り返る
第六章 日韓「歴史問題」を終わらせる
第七章 「日本文化圏」「日本精神圏」が誕生する


白人列強が世界分割をめぐってやりあっていた時代に関する話の中で発覚しました。ちょうど、産業革命が進行している時代に重なります。産業革命による経済社会の激変を、ヨーロッパの人たちがどのように捉えていたかという事に関する部分です。

それは、『諸国民の富』で自由主義経済思想の先駆けとなったとされるアダム・スミスに関する見方についてです。

「見えざる手が働いて、市場では君主の規制がなくても均衡が実現する。均衡実現への推進力は市場参加者の営利精神でそれしかないが、それでも社会に貢献する働きをするのが市場の不思議なところだ」

私は、それに尾ひれをつけられたアダム・スミスの方を頭に入れてしまってました。つまり、「アダム・スミスは強欲を推奨している」という認識です。しかも、日下さんが言ってらっしゃいますが、《見えざる手》に“神の”をつけて、強欲が蔓延する市場であっても《神の見えざる手》によって予定調和が達成されるというふうにです。

学生の時、原書講読の授業で『諸国民の富』を読みました。私の英語能力では読み切れやしないのに、その後、翻訳されたものを読まずに、非常に輪郭のあやふやなアダム・スミスを頭に住まわせてしまいました。

だから、あとから入ってきた“尾ひれ”を拒否することができなかったんですね。逆にそれらの“尾ひれ”をつけることで、私のアダム・スミス観は完成していったようです。・・・ああ、恥ずかしい。

アダム・スミスは、社会や経済全般にわたる君主からの規制を承認している人物だったんですね。それによって社会的な信用を確立している人物だったそうです。そんな彼が、市場における不特定多数の営利追及が社会にいい影響を及ぼすと認めたからこそ、『諸国民の富』は新鮮味をもって受け入れられたわけです。
当時は社会の基盤にまだ倫理や道徳があり、人間は道徳的であらねばならないという大前提で暮らしていた。そうした規範があった上での「営利精神はあってよい」というのがスミスの本意で、野放図な強欲を肯定したわけではない。
本書p147

アダム・スミスさん、本当にごめんなさい。でも、実際に、《見えざる手》は《神の見えざる手》として流布されてしまってるし、資本主義的自由競争提唱の先駆けであるアダム・スミスは、その延長線上にある帝国主義定昇の先駆けでもあるという認識は、かなり深く、そして広く根を張ってしまっているように思います。

場合によっては、現在の新自由主義という名の強欲資本主義も、その先駆けはアダム・スミスなんてことになりかねないかと心配してしまいます。

それにしても、ああ、恥ずかしい。穴があったら、・・・。言葉を選んじゃうな。それもまた恥ずかしい。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

拙反省点でもある

今晩は。世界的名著、A・スミスの「諸国民の富」には、拙者も貴方と似た様な誤解をしてまして、反省点でもありますね。

正直 原書を読んだ訳ではなく、高校世界史の授業で さらっと聞き流してしまったのがいけなかったのかも。
ホント、教科書や先生の浅い解説を真に受けてはいかん・・てのが、今更ながらに分かる所です。

「当時は社会の基盤にまだ倫理や道徳があり、人間は道徳的であらねばならないという大前提で暮らしていた。そうした規範があった上での『営利精神はあってよい』というのがスミスの本意で、野放図な強欲を肯定したわけではない」
この言葉を、肝に銘じる必要がありそうです。と同時に、こうした事で学び直す機会に恵まれた事への感謝も必要かな~・・などと愚考しておりまして。

HAKASE(jnkt32) さま

コメントありがとうございます。
車寅次郎は、日常を引きちぎるようにして出た旅の空から、「思い起こせば恥ずかしきことの数々」と葉書を出しますね。私もそろそろ、旅に出る必要があるのかもしれません。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


私達日本人の心と命
その本当の煌きとは。
新たな生の息吹に向けて、今、心の旅路へ
これから出る本
























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい