めんどくせぇことばかり 伊豆ヶ岳~子の権現
FC2ブログ

伊豆ヶ岳~子の権現

今年の秋は天候が安定しませんね。9月は台風がいくつか接近しましたね。10月になっても、週末は駄目でした。「それじゃあ」と思って金曜日に休みをとったら土砂降りでした。先週はようやく天候が安定しましたね。「やったあ」と思ったら、安定しても、土曜日だけは雨の予報。

日曜日ならいい天気なんだけど、残念ながら、土曜日は高校生を連れて行く日なんです。なんでも、高校生を連れて行くには、だいぶ前に届けを出さなきゃいけないんですね。「それじゃ、日曜日」ってわけにもいかないんです。

寒冷前線が通過する時に、だいぶ荒れる予報だったんで、夜中に目が覚めて眠れなくなっちゃいました。

結果としては、朝7時ころには、ほとんど気にならないくらいでしたね。低気圧がスピードを上げたのと、だいぶ北側を通過したんでしょうか。私はそうなってほしいと思ってました。可能性としてはあると思いました。天気予報士の中にそう言ってる人はいませんでした。天気予報士って、あれで予報しているつもりなんでしょうか。

昨日(土曜日)はいい方に変わったんでよかったんですが、10月8日の体育の日は三連休の三日目で、この日が一番のお出かけ日よりって言っといて雨でした。私は川苔岳で雨に打たれてました。まあ、山に登るんですから、もちろん自己責任ですが。あのときの読み違いも、南側から湿気が入ってくるという、完全にありえるケースでした。

カツだ。

ボヤキから始まってしまいました。まあ、天気が良かったわけではありません。ずっと霧の中でした。10月27日地図
そのうち高校生を連れて来ようと思って、夏に同じコースを歩きました。あん時はカンカン照りで大変だったんですけど、この日は長袖のアンダーウェアでちょうどいいくらい。まあ、たまたま霧に包まれてはいましたが、いい季節なわけです。

伊豆・子の (14) 
山道に入ると、最初は沢筋の道を登ります。これがまた、いい沢で、見ているだけで気持ちがいい。

伊豆・子の (13) 
沢を離れて尾根を目指します。あえぎあえぎ尾根にあがって、10分も歩くと大蔵山です。

伊豆・子の (12) 伊豆・子の (11)
伊豆ヶ岳も、すっかり霧の中。最後の岩が露出した急坂は、岩が濡れてて登りにくかった。

伊豆・子の (6) 
伊豆・子の (4)
古御岳、高畑山、中ノ沢の頭といった山を超えて天目指峠でラーメンを食べました。2年生さん6人と1年生さん4人だったんですが、1年生産たちと一緒に作りました。2年生さんも後片付けを手伝って、わりといい雰囲気でしたよ。

伊豆・子の (7) 伊豆・子の (5)
写真は相変わらず下手ですが、色づきは始まってます。

伊豆・子の (10) 
このコースは、全行程合わせて、登りが1000mを超えるんです。おしゃべりな高校生も、後半の上りでは黙々と・・・。

伊豆・子の (3) 伊豆・子の (2) 伊豆・子の (1)
子の権現です。「代表してお賽銭を余分に上げとくから、足が強くなるように手を合わせろ」と言ったんですが、手を合わせた高校生は一人だけ。

私は生まれながらに足が悪かったもんですから、ちょっと神がかってた祖母が、ここに来て私のために祈ってくれてました。《なにごとのおわしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる》って思い、けっこう大事だと思うんですけどね。残念です。

さて、次の週末は晴れの予報ですね。頑張れ天気予報士!





にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


私達日本人の心と命
その本当の煌きとは。
新たな生の息吹に向けて、今、心の旅路へ
これから出る本
























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい