めんどくせぇことばかり 2018年11月 『スプートニク』に登場する北方領土
FC2ブログ

2018年11月 『スプートニク』に登場する北方領土

2018年 《スプートニク》に登場する北方領土


11月10日
露日首脳会談 安倍首相、南クリル交渉で加速狙う=毎日新聞
https://jp.sputniknews.com/japan/201811105566442/
安倍晋三首相はプーチン大統領に、南クリル諸島(北方領土)交渉で加速を提案する方針だ。毎日新聞が複数の政府関係者の話として報じた。

11月13日
ロシアの平和条約締結の意欲に日本は反応を迫られる 専門家の見解
https://jp.sputniknews.com/opinion/201811135578321/
上智大学の上野俊彦教授はシンガポールでこれから実施される安倍首相とプーチン大統領の会談に関してスプートニクからの取材に答え、安倍首相は平和条約締結を急ぐプーチン大統領の意欲に反応を迫られるだろうとの見方を示した。

11月14日
シンガポールでのプーチン・安倍会談から期待されることは何か?
https://jp.sputniknews.com/opinion/201811145578600/
日本は、前提条件なしで年内に平和条約を締結するというロシア大統領の提案を拒否した。プーチン大統領は、今年9月にウラジオストクで開かれた東方経済フォーラムで、前提条件なしでの露日平和条約の締結を突然提案した。11月初旬、安倍首相はこれに呼応し、プーチン大統領に、南クリル諸島(北方四島)に関する交渉プロセスの加速化を提案した。両首脳は、互いの提案をもう一度熟慮し、近いうちに領土問題に関して妥協を見つける用意があるのだろうか?

11月17日
南クリルに米軍基地 ロシアの不安の種は?
https://jp.sputniknews.com/opinion/201811175594162/
シンガポールで14日に開かれた露日首脳会談の後も、南クリル諸島(北方領土)に対する双方の立場は変化がない。安倍晋三首相とロシア外務省のザハロワ報道官の最近の声明から明らかだ。

11月22日
河野外相、交渉への影響を懸念し、南クリル諸島を「日本固有の領土」とする発言を回避
https://jp.sputniknews.com/politics/201811225614925/
日本の河野外相は、来年1月に予定されている露日首脳会談を控え、慎重な姿勢を示している。

11月22日
露外務省、日本への2島引き渡しの可能性にコメント
https://jp.sputniknews.com/politics/201811225615617/
ロシア外務省のザハロワ報道官は同省の記者会見で、1956年の宣言による条件に従ってクリル諸島の2つの島を日本に引き渡す可能性について説明した。報道官は、同宣言について、現在の条件とは根本的に異なる具体的な歴史的条件の下で署名されたため、まず手始めに、日本政府が宣言の規定をどのように解釈しているのかについて理解することが重要だと指摘。同様に、平和条約に関するロシアと日本による交渉の結果は、両国の国益に反してはならないと指摘した。

11月24日
日本 来月、ロシアとの投資協力拡大を討議へ
https://jp.sputniknews.com/business/201811245623294/
日本の河野太郎外相は、日本は来月実施される政府間委員会の会合の場でロシアとの協力拡大計画を話し合う構えでいることを明らかにした。


11月24日
日本 来月、ロシアとの投資協力拡大を討議へ
https://jp.sputniknews.com/business/201811245623294/
日本の河野太郎外相は、日本は来月実施される政府間委員会の会合の場でロシアとの協力拡大計画を話し合う構えでいることを明らかにした。

1956年の日ソ共同宣言の《解釈》という、今までになかった新たな視点を提起してきましたね。なんか、いやらしい感じですよね。このいやらしい感じ、なんか、どこかで味わったことがありませんでしたっけ?

そう遠くない、それは時間的にも、位置的にも・・・。

そうです。韓国です。売春婦問題、・・・慰安婦問題か。それとか徴用工問題ですね。あれと一緒。ついにプーチンは、韓国に学び始めてしまったようです。ゴールを動かすという韓国のお家芸に、プーチンは学んだようです。

ですから対処の方法も同じです。《相手にしない》・・・それだけです。

でも最近、安倍首相のもの欲しそうな様子が、少し気にかかります。
*明日12月3日は秩父夜祭り。都合のつく方は、ぜひ、お立ち寄りください。



にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 領土・領海・・経済水域
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


私達日本人の心と命
その本当の煌きとは。
新たな生の息吹に向けて、今、心の旅路へ
これから出る本
























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい