めんどくせぇことばかり 『誰が第二次世界大戦を起こしたのか』 渡辺惣樹
FC2ブログ

『誰が第二次世界大戦を起こしたのか』 渡辺惣樹

《日米戦争の原因は、ポーランドの頑なで、稚拙な対ドイツ外交にあった》

ちょっと前なら、私はこの言葉の意味を理解できなかったな。日本とアメリカの戦争は、対外戦争不干渉をうたっていたフランクリン・ディラノ・ルーズベルトが、日本から手を出させるためにさまざまな圧力をかけて追いつけたことから始まったことは理解していたけどね。でも、それよりも2年も早く始まっていたヨーロッパの戦争が日米戦争の原因となっているということは、残念ながら意識の外にあった。

そう、その《ポーランドの頑なで稚拙な外交》の裏で糸を引いていたのがルーズベルトであるということは、少し前まで想像もしてなかった。
右の本は、チャールズ・A・ビアードの書いた『ルーズベルトの責任』という上下巻の本。2011年に出た本だな。だけど、もとは1948年に出されたのに禁書同然の扱いを受け、もちろん、占領下の日本では翻訳もされなかった。
「世界恐慌に無策のフーバー大統領に代わってアメリカの経済を復活させた大統領」という世界史の教科書のような認識しかない人が圧倒的に多いと思うんだけど、これを読んでもらえば認識が変わると思う。
こちらはハミルトン・フィッシュの『ルーズベルトの開戦責任』。これもすごい。今年に入って文庫版が出たんだな。私は2014年に単行本で読んだ。だけどアメリカでは1976年に出てる。

ハミルトン・フィッシュはアメリカを参戦に導いたF・D・Rの手口をこう言っている。「天使も涙するほどの手口」

どうだろう。ハミルトン・フィッシュの言う「天使も涙するほどの手口」を、知ってみたいと思いませんか。


草思社  ¥ 1,836

ヒトラー、チャーチル、ルーズベルト… 悲劇の元凶はいったい誰だったのか?
第一章 ハーバート・フーバーの生い立ち
第二章 『裏切られた自由』を読み解くー共産主義の拡散とヨーロッパ大陸の情勢
第三章 『裏切られた自由』を読み解くーチェンバレンの「世紀の過ち」とルーズベルトの干渉
第四章 『裏切られた自由』を読み解くールーズベルトの戦争準備
第五章 連合国首脳はなにを協議したのか

時代が生み出したものだろうが、この時代には多くの化け物が生まれている。レーニン、ヒトラー、スターリン、金日成、毛沢東・・・、だけど一番の化け物はルーズベルトじゃないかな。たしかにあの戦争で一番得をしたのは、あるいは多くの人を政治死に追い込んだのは共産主義者たちだけど、化け物は人類を第二次世界大戦に追い込んだ。

ヒトラーのオーストリア併合、それに続くチェコスロバキアへのズデーテン地方要求は、ある意味で、ベルサイユ条約のゆがみを正す既定路線だったといっていい。もとからパリ講和会議におけるチェコスロバキアの要求自体がひどかった。ここぞとばかり敗戦国をいたぶる会議にあっても、異様と言えるほどの領土を要求したらしい。

ロイド・ジョージ英国首相が疑問を呈すと、チェコスロバキアは抱え込むことになる少数民族への配慮を約束したという。民族独自の教育、信教の自由、人口に比例した議員数など、約束したことを、チェコスロバキアは何一つ守らなかったそうだ。
チェコ系   650万人
ドイツ系   325万人
ソロバク系  300万人
ハンガリー系   70万人
ウクライナ系   50万人
ポーランド系     6万人
左はチェコスロバキアの民族分布。
すごく無理のある構成だね。チェコは無理を通して、自分の首を絞めることになる。
ヒトラーのもとで目覚ましい経済成長を遂げるドイツ。同じドイツ系のオーストリア併合を見たチェコスロバキアのドイツ系はほとんどがズデーテン地方に住んでいた。少数民族の悲哀をかみしめさせられている彼らに、ドイツ帰属を求める動きが現れるのは当たり前だった。

ミュンヘン会談で英首相のチェンバレンがヒトラーの要求をのんだのは、既定の路線だった。その後のチェコ解体は、チェコの自壊であり、兵を一人たりとも動かしたわけではない。そしてドイツはソ連に向かう。その途中にポーランド回廊とダンチヒがある。

ところがそこで、チェンバレンが豹変する。ポーランドが最悪の外交に終始する。その背景に、ルーズベルトという世紀の化け物がいたわけだ。
残念だな~。ここのところ、過去記事に頼ることなくやってきたんですけどね。いま、歴史修正主義こそがナウの最前線ですからね。日本の修正主義を引っ張る渡辺惣樹さんの本ですからね。勘弁してください。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


私達日本人の心と命
その本当の煌きとは。
新たな生の息吹に向けて、今、心の旅路へ
これから出る本
























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい