めんどくせぇことばかり 『神の涙』 馳星周
FC2ブログ

『神の涙』 馳星周

私は、ちょくちょく人を裁きたくなるんです。

私の車の前に割り込んできた運転手。道に広がって歩いて交通の邪魔をする高校生。図書館ではしゃぐ中学生。傍若無人なな“中国”人。平気で路上にごみを捨てていく若者。一市民として抗議の電話をかけまくる老人。

その人たちに思い知らせてやりたい。懲らしめてやりたい。そして、「なぜ、こんなひどい罰を受けなければならないのか」と訴えられたら、言ってやりたい。

「私が大地を据えたとき、お前はどこにいたのか。」

カー❢ たまんないですね。
NHK NEWS WEB 2018/11/01
詳報 東電刑事裁判「原発事故の真相は?」
https://www3.nhk.or.jp/news/special/toudensaiban/
(抜粋)
福島第一原発の事故をめぐり東京電力の旧経営陣3人が強制的に起訴された裁判で、当時、経営の最高責任者だった勝俣恒久元会長への被告人質問が行われ、事故が起きる2年前に巨大な津波が押し寄せることを認識できたとする指摘について、勝俣元会長は「安全対策に疑義をはさむ状況ではなかった」と述べて、津波の到達は予測できなかったと改めて主張しました。
(詳しくは上記からNHK NEWS WEBへ)

アイヌの世界においては、やはり火も神の恵み。アぺフチカムイという火の神の恵みだそうです。神に感謝して、火の神の恵みを分けてもらわなきゃいけないんですね。

アイヌではなくても、やはり私も火を恐れます。神秘を感じます。火はすべてそうです。原子力というのも火ですね。物語とは違いますが、その神秘を畏れ敬って、その恵みを分けてもらうことは可能だと思います。

ただ、東京電力にはそれができなかった。そういう事なんだと思います。その能力を持たないものが、その火を持つことは危険だと思います。

だけど、東京電力のおこした原子力発電によって、私たちは快適な生活を手に入れていました。福島の原子力発電所の電気を使って快適な毎日を送っていました。そんな私たちは、なんの責任もないんでしょうか。

難しいですね。

そういう難しいものと向き合った小説です。


『神の涙』    馳星周

実業之日本社  ¥ 1,728

感動の自然サスペンス!!  怒り、殺人、逃亡の果て、男はアイヌの地でなにを見たのか
北海道東部に位置する屈斜路湖。アイヌの木彫り作家・平野敬蔵と中学3年の孫娘・悠の家に、尾崎雅比古と名乗る若い男が訪ねてきた。「弟子にしてください」と懇願。初めは煙たがられていたが、敬蔵から木彫りを教わり、山に入るようになる。しかし、雅比古には誰にも明かせない過去があった。ある日、事件が起こる―。自然を尊んで生きる敬蔵、アイヌから逃げ出したい悠、自らの原点を探す雅比古。故郷とは、家族とは、今を生きることとは…。さまざまな葛藤を抱える現代人に贈る、感動のヒューマンドラマ!

この小説は、東日本大震災とそれに伴って発生した原発事故、その後の復興への取り組み、日本人の意識のあり方を、真摯な目で見つめ直そうという著者の思いから、書かれた小説のように感じました。

ここのところ、笹本稜平さんの『未踏峰』、馳星周さんの『神奈備』と、おそらく同じ方向性をもっていると思われる山の本を読みました。それは、二つの作品が、「再生の物語」ということで共通しているということです。そして、山にはその力があると訴えている。私は、そう感じました。

この小説でも山は出てきますが、それは一般的な登山の対象としての山ではありません。アイヌにとってのカムイとしての、“大自然”という意味においての山です。そして、やはり、山を通して「再生の物語」が語られていきます。

自分の酒癖の悪さで家族を失ったアイヌの老人。そして、老人のもとを逃げ出した娘の忘れ形見の孫娘。二人とも、自分を見失ってもがいているんです。そんなところに、同じく老人のもとを逃げ出した妹の孫にあたる青年が現れるんです。青年も、またもがいていました。しかし、青年の登場は、老人にも、孫娘にも新しい風を吹かせることになるんです。その風が、固く凝り固まった二人の心を、少しずつ開かせていくんです。

しかし、青年は、さらに大きな問題を抱えていたんですね。

とても、考えさせられるお話でした。
電気のことに関してもう一つ。

近くの山の上に理系の大学があります。鉄腕アトムを看板に使ってる大学です。その大学が、地元から安く払い下げられた山をけずって、太陽光発電のパネルを並べています。

アトムの看板ですよ。それが山を切り崩して太陽光発電のパネル並べてるんですよ。

なんか、おかしかないかな?




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


私達日本人の心と命
その本当の煌きとは。
新たな生の息吹に向けて、今、心の旅路へ
これから出る本
























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい