めんどくせぇことばかり 武川岳~妻坂峠~大持山~ウノタワ~鳥首峠
FC2ブログ

武川岳~妻坂峠~大持山~ウノタワ~鳥首峠

東京・埼玉に広がる奥武蔵の山々。その中の武川岳から二子山に向かう尾根道を高校生と一緒に歩くことになってるんで、念のために下見しておこうと思ったんです。

11月3日、文化の日の土曜日、名栗の奥まで入る最初のバスに乗ろうと、東飯能駅近くのパーキングに車を置きました。それが、駅前のバス停に向かうと、なんか様子が変なんです。お一人の山行姿の方がバスを待ってらしたんですが、あたふたしてらっしゃるんです。

「おはようございます」って声をかけたら、思ってもみない返事が帰ってきたんです。「バス、来ないみたいですよ」

張り紙によれば、11月3日・4日は飯能市のお祭りで、東飯能駅前は交通規制がかかってバスが入れないようなんです。飯能から、東飯能駅には入らずに、そのまま名栗に向かってしまうようなんです。

その方は、「さっき、ここから飯能駅に向かう人がいました」って言って、飯能駅に向かうようです。飯能駅は近くですし、私もそうしようと思ってご一緒仕掛けたところで、ふと考えました。車を東飯能駅近くにおいておけば、二子山から芦ヶ久保駅に下りて、西武線で東飯能駅までこれて便利なんですが、その頃は交通規制で、パーキングから出られなくなるかも。

きっとそうに違いありません。どうしよう。飯能駅近くに車を移動しても、多分、同じこと。一本手前の駅に車を移動して電車を使うことも考えましたが、一時間近く出発が遅れます。

行程を大きく変えることにしました。名栗奥の名郷まで車で入って、有料駐車場に置き、周遊コースにします。武川岳まで行って、そこから西へ向かい、妻坂峠、大持山、ウノタワ、鳥首峠と回って名郷に戻るコースです。二子山から武川岳は、夏前に歩いていますから、名郷から武川岳、特に天狗岩の様子も確認できます。ウノタワ
地図で見るとこんなコースです。急なコースの変更ってのは、しかも、このパターンはあまり気持ちよくないですね。

ウノタワ (24) 
名郷の有料に車を置きました。10台位は置けそうです。後払いで、帰ってくるとワイパーに金額が書かれた封筒が挟んでありました。それに指定の金額を入れて、駐車場内にあるポストに入れます。どうやら、《大鳩園キャンプ場》が管理する駐車場のようです。

ウノタワ (23) 
山でこの快晴は、いつ以来だったでしょう。そうそう、9月12日に連れ合いと一緒に尾瀬に行って以来ですね。

気がかりなコース変更が引っかかって、途中、気にかかっていた天狗岩の様子を写真に取るのを忘れてました。ウノタワ (22)
ようやく上まで来てから思い出しました。天狗岩てっぺんです。50mほどの岩場でしょうか。常時、しっかりとした手がかりと足場を見つけられるので、高校生でも問題なさそうです。

ウノタワ (21) 
天狗岩から前武川に向けての道は、最初は短い上り下りの連続で楽なんですが、頂上直前の登りが厳しい。それと気づかずに、楽勝ペースでその上りにかかると、すぐにももに来そうです。

スマホ1
ウノタワ (20)
前武川から武川に向かう道に出て、紅葉が目立つようになります。 

ウノタワ (19) ウノタワ (18) ウノタワ (17)
武川岳頂上につきました。多くの方がお昼にしてました。人が多いコースなんですね。こういうコースは平日がいいですね。武川岳は、南の方面の展望が抜けています。中の写真、手前は長沢背稜でしょうか。一番向こうは大岳山ですね。下の写真は、先程超えてきた錦をまとった前武川岳です。

ここから、予定変更で、妻坂峠に降りていきます。スマホ2 
この間の紅葉も見事でした。どうも、いい時に登ってきたようです。紅葉の見頃の場所を通り過ぎると、ものすごい下り坂。しかも、ガレている場所があって、こぶし大の石がゴロゴロ。今、下から人が来たら、危ない。

妻坂峠に下りきって、今度は、大持山への急な上り。コース変更した時から気になっていたんですよね。「ゆっくりと、リズミカルに」って、自分に言い聞かせて登ります。「誰かに抜かれても追いかけない。年寄りなんだから」って、これも自分に言い聞かせます。
ウノタワ (16) ウノタワ (15) 
 30分ほど急坂に苦しめられて、少々平坦な場に出ると、ちょうど周囲に紅葉が広がります。気がつけば樹林の向こうに武甲山が見えました。

ウノタワ (13)  ウノタワ (14)
これは、武甲山から、小持、大持と続く尾根ですね。

ウノタワ (12) ウノタワ (11) ウノタワ (10)  
紅葉のトンネルです。最高。

ウノタワ (7)
大持山の肩の部分から東の方角の展望が抜けてました。杉の木の向こうに、先週歩いた伊豆ヶ岳、古御岳が見えます。

期待して下さい。ここからウノタワに向かう道の紅葉は、さらに極上でした。スマホ3 ウノタワ (5) ウノタワ (3)
本当に、いい時に登りました。

ウノタワ (4)
その先に、もう一度東の方角が抜けた場所がありました。真ん中に伊豆ヶ岳、古御岳、その向こうは毛呂山、越生の山の稜線ですね。

スマホ4
ウノタワです。ここは極楽です。私はここから鳥首峠を経て名郷に戻りました。連れ合いを連れてくるにはちょっと厳しい一でした。でも、子どもも、年配の御婦人もいらっしゃいました。おそらくもう少し、入りやすい道があるんでしょう。

ウノタワ (1) ウノタワ (2)
白岩まで下りてきました。鳥首峠から1時間位歩いたでしょうか。

急なコース変更でしたが、とてもいい山行ができました。でもこの道、登りも下りもかなり厳しいので、先週までのように雨続きで、下が濡れて、滑りやすい時は避けておいたほうが良さそう。
そうでした。言い忘れてました。この週末の天気、ずっといい天気という予報でした。それが直前の金曜日にくつがえされて、曇の予報に変わりました。

あー、残念! また天気予報ハズレです。・・・そう思っていたら、その“ハズレ”がハズレました。バッチリの快晴です。気象予報士さん、また、“ハズレ”の予報をよろしく。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

人類の理想なれど

平成最後の 11月も、宜しくお願い致します。

前回の貴記事、理想論だと分かっていても、宮沢賢治の主張は真実を語るものだと拙者も思います。
「雨ニモ負ケズ」は、或いは日本国憲法より説得力があるかもしれません。

月が替わり、標高の高い山間は 紅葉の見頃を迎えた様ですね。今秋の色合いはどの様になるか、注目ですね。

HAKASE(jnkt32) さま

コメントありがとうございます。

憲法というのは、国柄をあらわすものだとか。“法”という概念にとらわれるべきではないかもしれないですね。

今年もあと二ヶ月ですね。あと二週間もすれば、紅葉も山を下りてくるでしょう。


ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


私達日本人の心と命
その本当の煌きとは。
新たな生の息吹に向けて、今、心の旅路へ
これから出る本
























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい