めんどくせぇことばかり 力の真空『AI時代の新・地政学』 宮家邦彦
FC2ブログ

力の真空『AI時代の新・地政学』 宮家邦彦

この本なんですが、筆者の宮家邦彦さんが二年間に渡って週刊新潮に書いていた国際問題を扱ったコラムからの選りすぐりだそうです。二〇一六年からの二年間 の国際問題ということになると、なんだかかんだか、いろいろありました。

もともとは、日々の動きを追うよりも、中長期的な問題を扱って、国際関係を見る目をやしないようなコラムにしようとしていたらしいんです。だけど、こう色々なこと、イギリスがEU離脱を選択したり、トランプ旋風が吹き荒れたり、金正恩がロケットマンに変身したりってことがあると、それを書かないわけにはいかないじゃないですか。

結局、編集者の、ひいては読者の要望に答える形で、旬のネタに関する短期的現状分析を書く形になってしまったということです。

この本に紹介されているのは、その時々の国際問題ってことになりますね。旬の話題っていうのは、それだけに難しい側面があると思います。その時はよくても、その後、違う側面が明らかになることもありますから、結果を知ったあとからそれを読み返すと、まったく的外れということもあるでしょう。

この本に掲載されているのは、選りすぐりですから、そういう事はありませんが、仮にそうであったとしても、その時の限られた情報の中で、必死に分析した結果ですから、それはそれで面白いんじゃないかと思います。

プロは、限られた情報であっても、その時々の自分の考えを、世間に晒さなきゃいけないんだから、大変ですね。

さて、選りすぐられたコラムの中には、旬の話題で、今は決して旬とは言えない季節になっているにもかかわらず、今後の世界を考えていく上で、とっても示唆に富んでいるものが、チラチラ見受けられます。

その中に、《力の真空》について、筆者の宮家さんが知見を披露しているものがあります。その力の真空は、今、北朝鮮に生まれつつあるという内容から始まる話なので、関心を持たずに入られませんよね。


新潮新書  ¥ 842

国際関係は複雑でも、「筋道」が分かれば読みやすくなります
第一章 AI革命で激変する地政学
第二章 歴史の大局観を磨く
第三章 ダークサイドの覚醒と諸帝国の逆襲
第四章 「核の脅威」の本質
第五章 蘇るナショナリズム
第六章 米国は衰退し、中国の夢が実現する?
第七章 要人へのお節介メッセージ
第八章 ちょっと変わっているが、素晴らしい国


力の真空が生じた場所でなにが起こるのか。筆者は三つにまとめています。
  • 「力の真空」状態では、基本的に、最強の部外者が最大の分前を得る。
  • 最大強者が動かない場合は、弱い部外者でも分前に与れることがある。
  • 部外者が介入しない場合には、破綻国家となるか、新たな独裁者が生まれる。
この問題の関われる部外者は、アメリカ、“中国”、ロシアの三国がまず上がる。中でも“中国”は一番濃密に北朝鮮に関わってきました。間に北朝鮮を置くことで、韓国に存在する米軍と境を共にせずに済んできましたから、北朝鮮は緩衝地帯という大事な役割を果たしていました。

ところが、ロケットマンが核武装を進めたことで、両者の中がこじれ、一時は互いに罵り合いを演じていました。北朝鮮がお荷物になって、“中国は”むしろ、トランプの要求する制裁に与してましたね。金一族だけを除去する手ってのも、おそらく本気で考えてたんじゃないでしょうか。

さて、この《力の真空》。これが原因となった混乱っていうのは、とても激しい。北朝鮮が真空状態になって時、日本はその混乱に巻き込まれてはいけません。

歴史上の《力の真空》の代表例として、筆者はアレキサンダー大王逝去にともなう大帝国の分裂を上げています。外に、関われる部外者なんかいませんでしたから、内側で闘いが始まります。ディアドコイ戦争ですね。その中からセレウコス朝シリア、プトレマイオス朝エジプト、アンティゴノス朝マケドニアが生まれますが、大混乱です。

近年の《力の空白》の例を、筆者が上げてます。
  • ソ連におけるレーニン逝去後のスターリン独裁
  • 第二次世界大戦で日独敗戦による米中露の大国化
  • 一九六八年以降の英軍スエズ以東撤退とイラン台東
  • イラン革命後のソ連アフガン侵攻とイラン・イラク戦争
  • ソ連アフガン撤退後のアルカイダ台頭
  • 一九九一年以降の米軍フィリピン撤退後の南シナ海情勢
  • 二〇一一年の米軍イラク撤退後のイスラム国台頭
これらを考えれば、米中露は北の真空化の準備を始めてるでしょう。いくつかのケースは想定できるものの、国際関係っていうのは、様々な失敗の上に築かれるもの。上の近年の例から見ても、明らかないくつかの失敗が見られます。どんなケースであっても、日本は無関係ではいられません。当事者として、動いてほしいですね。

他にも、面白いコラムが、結構ありましたよ。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


私達日本人の心と命
その本当の煌きとは。
新たな生の息吹に向けて、今、心の旅路へ
これから出る本
























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい