めんどくせぇことばかり 『封印されたグリム童話』
FC2ブログ

『封印されたグリム童話』

なにか、とても純粋なものを感じてしまいました。

グリム兄弟の童話集は、ドイツの民衆の間に語り継がれてきた民話やおとぎ話を収集し、“お話”として完成させたものですね。ドイツの森は、黒くて、深いです。そこに語り継がれてきた民話やおとぎ話も、また、黒くて、深いんですね。

そんな黒くて、深いドイツの民話やおとぎ話ですから、ものすごいんです。グリム兄弟が手を入れてくれたから、人前に出すことができるようになりましたが、中には、手の入れようがないような話もあったわけですね。・・・いや、手を入れてこの状態なのかな。

なにしろ、この黒くて、深い森の奥では、さまざまなことが繰り返されましたからね。

グリム兄弟が、この民話やおとぎ話を収集する200年ほど前には、30年戦争なんて言うものがあって、ドイツは荒廃します。ペストの流行もあって、人口が半減してしまったとか。食料も乏しく、傭兵たちの略奪も日常茶飯事だったでしょう。

だから、ただ、森が黒くて、深いだけじゃないんですね。女や子供をさらうなんて当たり前で、それはただ凌辱を目的にしたものではなくて、食うためだったんでしょう。そんな中から集められた話なわけです。


副題には『“削除”された最も残酷でグロテスクな33話』とあります。“残酷すぎる”、“猥褻すぎる”、“グロテスクすぎる”と理由はいろいろなんですが、とにかく、“すぎる”本なんです。

《本書に収められているのは「有名作品の“本当は怖い”真の姿」ではありません。第7版までに兄弟の判断で闇に葬られた、「子どもに読ませられない物語」です。155年前、話集から外された禁断の物語》

これが、本書の宣伝の言葉です。



宝島社  ¥ 1,512

猥褻すぎる、グロテスクすぎる 理由は様々ですが、いずれも子どもには読ませたくない
サヨナキドリとメクラトカゲ
小刀を持った手
子どもたちと屠殺ごっこ
死神とがちょう番
テーブルとロバと棍棒
ふうがわりな食事会
青髭
長い鼻
マヌケのハンス
白い鳩
忠実な名付け親の雀
人食い鬼
なでしこ
・・・ほか


《本当は恐ろしいグリム童話》っていうシリーズがありました。とても面白くて、魅力的なシリーズでした。

あちらは、白雪姫だとか、雪の女王だとか、有名作品の怖い側面や、Hな側面を紹介するものでした。でも、この本は違います。《グリム兄弟がいろいろな理由で削除した問題作》ということなんです。

こちらは、子どもには、到底、読ませられないお話ということです。たしかに、《子どもたちの屠殺ごっこ》なんて、子どもには読ませられませんね。だって、肉屋の真似して、兄弟の首を描き切ってしまうんですよ。

私だって、子どもの頃には、ひどい遊びをしてました。でも、虫を虐待していた程度、・・・身近な両生類や、ちょっとした爬虫類、・・・中には哺乳類らしきものも、記憶の中には眠っているような気がしないでもありませんが、・・・まあ、そんな程度です。

冬の林の中に入って、朽ちた木に潜り込んで寝ている奴を、無理やり引っ張り出して、足を一本ずつもいでいくとか。気の皮をはいで、そこに休んでいたやつの腹を、針で刺してみるとか。

あ・あれ~。文字にしてみると、なんだか、とっても残酷。

と、まあ、そんなわけなんですが、ここに収録されている話にも、今の時代なら、人目に触れるところに出しても問題ないどころか、十分楽しめるような話も、いくつかありました。かえって、白雪姫なんかよりも純粋性が高くていいんじゃないかというような、・・・ね。

そうはいかない話も、もちろんありますよ。とっても、理不尽なの。理不尽な時代を通り抜けていますから、当然そんな話も生まれたんでしょうね。

この本、楽しめるし、興味深いですよ。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


私達日本人の心と命
その本当の煌きとは。
新たな生の息吹に向けて、今、心の旅路へ
これから出る本
























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい