めんどくせぇことばかり 尊攘派『日本史上最高の英雄 大久保利通』 倉山満
FC2ブログ

尊攘派『日本史上最高の英雄 大久保利通』 倉山満

《第二章 尊攘派に翻弄された「激動」の幕末》に、アメリカ公使館通訳のヘンリー・ヒュースケンが薩摩藩の伊牟田尚平らに暗殺された件が取り上げられています。

1860年12月の事件ですね。翌1861年にはイギリス公使のオールコックが襲撃されているし、更に1863年には高杉晋作らが建設中のイギリス公使館を焼き討ちしています。

このあたり、幕府は尊攘派に鼻面を引きずり回され、次第に体力を失っていきます。

伊牟田尚平に殺されたヘンリー・ヒュースケンは、いい人だったみたいですね。日本はオランダを通して世界を見てましたから、西洋の学問は蘭学として学んだんですね。ところが、残念ながら、西洋は英語で日本に迫ってきたわけです。

福沢諭吉は、死にものぐるいで勉強したオランダ語が、役に立たなかったわけですから、残念だったでしょうね。福沢諭吉はそこから英語に切り替えて、おそらくまた、死にものぐるいで学んだだんでしょう、しかし、なかには絶望して、蘭学で止まってしまった人も少なくないそうです。

そこで、ヒュースケンの登場です。ヒュースケンらオランダ系移民は、けっこう厳しい経済状況にあったようです。そんな時、《英語とオランダ語が出来て、日本で働く仕事》という募集があったんだそうです。それに応募して、ヒュースケンはハリスの助手という形で、日本で働くことになりました。

ヒュースケンは、日本人を好意的に受け止めていたようです。だけど、ヒュースケンは、残念ながら、日本人に殺されて死にます。殺したのは、薩摩藩士の伊牟田尚平たちでした。



徳間書店  ¥ 1,350

西郷を殺してまで、守らねばならなかったものとは? 大久保の「未来への意思」
第一章 世界情勢の中の幕末日本
第二章 尊攘派に翻弄された「激動」の幕末
第三章 怪物・一橋慶喜との死闘
第四章 大久保利通の「未来への意思」
第五章 なぜ西郷を殺したのか
第六章 英雄たちの死と近代国家の誕生

同じようなことが、ずいぶん起こってたんですね。確実に、このときの日本は分裂していて、イギリスにしろ、フランスやロシアにしろ、つけ込みどころ満載でした。もちろんアメリカも、・・・ですが、アメリカは、イギリスあたりの国からすれば、悪人にしては人が良すぎるくらいだったんでしょう。

そんな列強に対して、やはり日本は力がなかったわけです。なんにしても、根本にそれがあります。力がなければ、無様にこびを使うか、高飛車に出て鼻で笑われるしかないわけです。「****は立派な人物」なんて上から目線の褒め言葉には、なんの意味もないわけです。

だから、国を変えなきゃいけないわけです。本書にもある通り、大事なことは《富国強兵と政令一途》です。本当に正しく国を憂える者たちが国を動かせればいいわけですが、そこには当然権力の問題が絡みます。

江戸幕府の支配の論理である朱子学の立場から、江戸幕府を追い詰める方法が、尊王攘夷ですね。それにしても、今にしてみれば、みっともないことです。彼らのやってることは、日本を危機的な状況に追い込むことですから。

なおも、伊牟田尚平や益満休之助は、西郷隆盛の手駒として働きました。何しろ、彼らが江戸市中を混乱させるために集めた無頼の輩は500名を超えるっていうんですから。

500名を超える無頼の輩が、強盗や放火を繰り返したんですよ。革命家西郷隆盛の真骨頂ですね。革命家は、人の命なんてなんとも思わないんです。

レーニンがどんな世の中を作りました。そこでスターリンはなにをしましたか。第一次世界大戦で一千万人を超える人がなくなる中で、彼れはこれを、好機到来と捉えていたわけですね。

伊牟田尚平や益満休之助に集められた相楽総三は、年貢半減を言いふらした偽官軍として殺されますね。益満休之助は上野戦争で流れ弾にあたったと言われますが、いったい誰が打った玉だったでしょう。伊牟田尚平は、強盗殺人の罪を問われて、どうやら薩摩藩邸で自刃。

うまい具合に口封じ。

尊皇攘夷という大義名分は、とても、使い出が良かったんですね。





にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

本当は質の悪い「革命家」

お早うございます。今回貴記事から、幕末尊攘運動の「光と影」が、少しだけ見えた気がします。

尊攘運動の矢面に立ったのは、結局は薩摩藩士・伊牟田の様な粗暴な人物。
だから、もし殺ったら何をし返されるかも分からぬ欧米の要人にも、平然と手を出せたのかも。
あ、これは 先の大戦中の我国にも 一定は言えるかもですね。

で、西郷どんは そんな無頼の連中を上手く使って明治維新に繋げたって所でしょうか。
その辺りは、確かにロシア革命を起こしたレーニンや、その後継と言われるスターリンとも通じるものがある様に、拙者も感じます。

不愉快な事実ですが、特に特定野党には今でも「政治家よりも活動家」の連中は複数います。
誰々が、とは もう価値もありませんので一々は申しませんが、西郷どんやレーニン、スターリン辺りと比べても
粉塵レベルの輩ばかり。声高なだけで中身のない実態は、何とも情けない事です。

HAKASE(jnkt32) さま

西郷隆盛は、ある一時期、“人”たることを捨てたのでしょう。レーニンあたりの人非人との違いは、“敬天愛人”という言葉を好んだ西郷が、あえて、地獄に落ちる覚悟で鬼になったってことでしょう。そこまでして築いた明治で、豪邸に住み、女を囲って、懐を肥やす輩がいれば、そりゃぶっ殺したくなったことでしょう。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


私達日本人の心と命
その本当の煌きとは。
新たな生の息吹に向けて、今、心の旅路へ
これから出る本
























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい