めんどくせぇことばかり 11月23日 大岳山 鋸山
FC2ブログ

11月23日 大岳山 鋸山

9月16日に、まったく同じコースを歩いています。その時は、雨はふらなかったものの、湿度が高く、朝のうちは霧も出ていて、まるで水の中を歩いているようでした。当然、景色も全くなし。鋸山を過ぎてから、なんとか隣の御前山が確認できる程度でした。

同じ職場の方、Sさんが、どこか連れて行ってほしいと言うので、その時の残念な気持ちもあり、同じコースを歩きました。
地図

車で、東松山の自宅を4時50分に出ました。もちろん、真っ暗。Sさんを途中で拾って、鳩ノ巣駅の無料駐車場に向かいます。到着は6時15分位だったでしょうか。11月大岳山 (1) 11月大岳山 (11)

電車で電車、バス、ケーブルカーで、御岳山駅まで登りました。7時36分到着です。ものすごくいい天気で、スカイツリーも、筑波山も、くっきりはっきり見えました。・・・私にも写せます。

ということで、あとは楽しく歩くだけです。一人で歩いた前回とは違うので、ちゃんと、見るべきものは見て、話すべきことは話しながら歩くことを心がけました。

ただ、どうも今日は、前回よりも遥かに人が多いみたいです。前回、奥の院コースに足を踏み入れた途端、前にも後ろにも人の気配がなくなりました。今回は違います。なんだか、前からも後ろからも、なんとなくずっと、チリーンチリーンと聞こえます。托鉢の人に包囲されてしまっているかのようです。11月大岳山 (10) 11月大岳山 (9)


この前と違って、樹林越しでも、周囲の山がはっきり見えています。関東平野の向こう側に、なんだかぴっかぴかに光るなにかが見えていたんですが、海だと思います。そんなとこいておきながら、写真は撮ってないんですけど。

鍋割山を下り始めた頃から、Sさんが遅れ気味。奥の院の登りで疲れちゃったのかな。久しぶりの山歩きではあるらしいんですけど。

鎖場を回り込んで、最後の上りに差し掛かったあたりから、Sさんが目に見えてバテてます。なんとか声をかけながら、登りきりました。目に飛び込んできたのが、・・・富士山の絶景でした。11月大岳山 (7) 11月大岳山 (8)

Sさんはバテてましたが、実は私も、ここ1ヶ月ほど、膝痛に悩まさてました。今日の山歩きは先週から計画していたので、今週は月曜日からランニングも控えていたんですが、大岳山の登りで、やっぱり痛みが出てきました。

私の膝痛は、なにかが押しつぶされるような感覚があると、その後、曲げた状態では力を入れられなくなるので、山でそれが発症すると、大変困ったことになります。

もう、痛みが出始めましたので、あとは騙し騙し、できる限り右足に負担をかけないように歩くしかありません。そんなこともあり、Sさんのこともあり、昼ごはんを兼ねて長めの休憩を取りました。11月大岳山 (6) 11月大岳山 (5)

その後は、樹林越しであったり、隙間からであったり、右手に富士山を意識しながら鋸山に向かいました。膝は、平坦なところならいいんですが、段差の大きなところは、騙そうにも嘘が下手なもんで、・・・。11月大岳山 (4) 11月大岳山 (3) 11月大岳山 (2)

鋸山を通過することには、富士山も見えなくなって、御前山が大きくなります。そのうち多摩川を挟んで、向こうの鷹ノ巣山がぐんぐん存在感を増していくと、だいぶ、ゴールの奥多摩駅が近づいたような気がします。だけど、そう思ってからが長いんですよね。

Sさんも、長めのお昼で回復したかと思ったんですが、段差の大きな下りで足をつらせていました。大岳までの登りで、ずいぶん、消耗してしまったらしいです。ヤセ尾根のあたりからは、ペースを落として、時間をかけて下りました。

私の右膝はと言えば、下ってるうちに、最善の方法が身についたようで、悪化は最小限に抑えられたかと思いきや、結局、最後はかなり痛みました。

奥多摩駅には14時ちょっと過ぎくらいに着きました。予定通りではありますが、この間は12時に着きましたから、2時間余分に時間をかけました。でも、その分、いい景色を楽しめました。

*右膝は、お風呂で入念にマッサージをしたのが良かったのか、翌日は、痛みもおさまり、当たり前に歩けました。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


私達日本人の心と命
その本当の煌きとは。
新たな生の息吹に向けて、今、心の旅路へ
これから出る本
























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい