めんどくせぇことばかり 『世界の歴史はウソばかり』 倉山満
FC2ブログ

『世界の歴史はウソばかり』 倉山満

奴隷解放宣言っていうのは、いわば窮余の策っていうやつですね。本書でも、その事に触れられています。

フランスがいち早くアメリカ連合国を承認してしまったので、リンカーンはイギリスに接近したわけです。その時かかげた大義が「奴隷解放」で、もちろんタテマエです。リンカーンの考えは一貫していて、奴隷制そのものではなく、南北の対立そのものを問題視していました。

1862年3月には、奴隷制を廃止した州には財政的支援によって補償するとまで勧告していますが、その8月にニューヨーク・トリビューンに寄せられた公開質問には、以下のように答えています。

「この戦争における私の至上の目的は、連邦を救うことにあります。奴隷制度を救うことにも、亡ぼすことにもありません。もし奴隷は一人も自由にせずに連邦を救うことができるのならば、私はそうするでしょう。そしてもしすべての奴隷を自由にすることによって連邦を救えるならば、私はそうするでしょう。また、もし一部の奴隷を自由にし、他はそのままにしておくことによって連邦が救えるものならば、そうもするでしょう。私が奴隷制度や黒人種についてすることは、これが連邦を救うに役立つと信じているためなのです」

連邦の統一こそが第一で、奴隷制度は二の次ということですね。フランスがアメリカ連合国を承認したことで、奴隷は一人も自由にせずに統一を維持するという最上の策は、諦めざるを得なくなったということです。

だいたい、この奴隷解放という策を取るに当たり、リンカーンは、それに変わる苦力という中国人労働力を確保しているんですから、準備のいいことです。


ビジネス社  ¥ 1,512

世界が知られたくない暗黒史を暴露 史上最も格調高いヘイト本
序章  日本人がまったく知らない国民国家論
第一章  典型的な「国民国家」フランス
第二章  国民国家の理論でナチズムをやっている中国
      主権国家にすらなれていない韓国
第三章  常に異ネーションをかかえた帝国ロシア
第四章  国体と政体の区別がない「人工国家」アメリカ
第五章  「民族主義」のヒトラーに破壊された国民国家ドイツ
第六章  エンパイアから始まった国民国家イギリス
第七章  七世紀には国民国家だった日本
おわりに 「史上最も格調高いヘイト本」


第二次世界大戦におけるアメリカの盟友と言えば、本当はロシアですけど、表面上はフランクリン・D・ルーズベルトと、ウィンストン・チャーチルがタッグを組んでいたみたいな言われ方をしてますよね。

そのイギリスについてなんですが、チャーチルは、18世紀初頭スペイン継承戦争で戦功を立てたマールバラ公の子孫で、本人も軍人出身。キューバやインドの反乱軍鎮圧に従軍し、ボーア戦争の従軍体験記で有名になります。第一次大戦前後から重要閣僚を歴任し、陸海空相や植民地相も務めました。第二次世界大戦では首相になり、ヒトラーと戦うことになるわけです。

ネヴィル・チェンバレンは、対ドイツ宥和政策でヒトラーを増長させたと非難されることが多いですね。しかし、チャーチルがソ連と組んでドイツと戦うことを選んだのに対して、チェンバレンはドイツ以上にソ連を警戒し、独伊との戦争回避に動いたという状況です。

アメリカのせいで切れてしまった日英の再同盟を模索していたのもチェンバレンでした。大英帝国の経済的命綱だったインドに関しても、植民地統治から自治拡大を目指していました。チャーチルはこれに強硬に反対していたわけです。

政権がチャーチルの手に渡り、チャーチルはヒトラーという化物を潰すために、フランクリン・D・ルーズベルトという化物とヨシフ・スターリンという二人の化物に世界を委ねることになるわけです。

そして、大変残念なことながら、日本はフランクリン・D・ルーズベルトという化物とヨシフ・スターリンという二人の化物に、最初に捧げられた生贄みたいなもんだったわけですね。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


私達日本人の心と命
その本当の煌きとは。
新たな生の息吹に向けて、今、心の旅路へ
これから出る本
























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい