めんどくせぇことばかり 『山釣り』 山本素石
FC2ブログ

『山釣り』 山本素石

山本素石という人は、渓流釣りの体験をもとに、数々の随筆や小説を書いた人なんだそうです。知りませんでした。

大正八年のお生まれということですから、戦争ど真ん中世代ですね。《Ⅰ 山中漂泊》の最初に出てくる“飢餓のすなどり”という随筆も、そのまま、「国破れて山河在り」で始まります。釣りだって、食糧確保の手段の一つとして始まるわけですから、時代を象徴していますね。

解説の熊谷栄三郎さんは、「釣り師と言うべきか、作家と言うべきか」と迷っていたということです。と言うのも、“釣り”に関する話を書いて売れた作家もいるけど、その人たちは間違いなく作家だったんだそうです。でも、山本素石は違うというんですね。

まず、“釣り”だったんだそうです。だけど、“釣り”でめしを食っていたわけでもないわけです。それが解説者を悩ませているらしいのですが、やはり、・・・どうでもいいことでしょうね。ただ、解説者は、ようやく一つの結論にたどり着いています。

山本素石は、釣り師であって、その釣り師が文筆家の立場をも得たものだというのです。そして、釣りは文学化しうるということを、釣り師の側から決定的に証明した人物であると、そんな結論にたどり着いています。

その釣りも、川、渓流釣りです。ですから、山釣りなんですね。

末期がんで最期を迎えることになったそうです。昭和六十三年の八月だったそうです。病院のベッドの上で、朦朧とした顔で、もつれる舌で、「ここから川が見えるか。川を見たいんや」とうわごとを言ったそうです。解説者は、それを《見事で壮烈な辞世》だと言います。

『山釣り』 山本素石


ヤマケイ文庫  ¥ 961

野人の風貌をもって、渓流釣り文学に挑んだ、山本素石。その最高傑作集を復刻
Ⅰ 山中漂泊
Ⅱ 異界草紙
Ⅲ 辺境異聞
Ⅳ 山人挽歌


山本素石さんが亡くなったのは、昭和六十三年だそうですから、私は二十八歳です。私の父は山本素石さんよりも七歳下ですが、ほぼ、親たちの世代ですね。

二十八年間の“昭和”を共有しているわけですが、親たちの世代の“昭和”と、子たちの“昭和”は、実は全く別物なんですよね。それは決して、戦争を経験したというだけのことではなくて、明治に入ってから始まった世の中の変化が、昭和の後半に入るあたり、つまりは高度経済成長のあたりで、とりあえずの完成をしているということなんだと思います。

それ以前の、日本の山や、日本の川は、姿を変えたんでしょう。そんな中を、山本素石さんは山に、川に踏み入って行ったわけです。山本素石さんは、変わる前の山や川を知っていて、変わっていく様子も見ているんですね。

圧倒的に面白い。民俗学的なものととしても読めるけど、そんなこと以前に、変わってしまう前の日本の奥山の豊かさに圧倒されます。

山の神さまは、Hな話がお好みなんですってよ。それも、わざわざ大きな声でHな話をすると、山の神さまがお喜びになって、山仕事が事故なく、順調にはかどるんだそうです。夜の口笛はダメ、天狗を呼んでしまうそうです。謡曲もダメ、蛇や魔性に取り付かれてしまうそうです。

Hな話はOK、神さまは喜ぶんです。年長者はさかんに夜這いの武勇伝や後家落とし、女郎買いなどの経験談を、微に入り細を穿って語るんだそうです。

いいですねぇ。私もYちゃんのところに夜這いに行きたかったなぁー。

山奥の孤立した山村は、どこにでもあったんですね。そういうところは、今、ほとんどが廃村になっているでしょう。そんな村々が、この本にはたくさん登場します。いずれも、読んでいて切ないです。

私も山を歩きますが、山本素石さんのような歩きかたじゃありません。でも、こんな風に、自分の歩いた後を文の残すこともできるんですね。だったら、もう少し真剣に、山や川に向き合って歩いてみないといけませんね。こういう分野があるということを教えられ、そんな歩き方をしてみたくなるような、そんな本でした。読んで良かったです。

そう言えば、先日行った、埼玉県の名栗の奥に白岩と言う集落跡があって、1950年頃には23軒が暮らしていたものの、1985年には誰もいない廃村になったそうです。鳥首峠から下山するときにそこを通りました。やっぱり寂しい風情でしたね。

そこを通り過ぎで、舗装道路に出てしばらく下っていくと、自転車を止めて地図を開いている二人の若い人がいたんですね。これより先には自転車で向かうようなところはありませんから、「どこに行くの?」って聞いたんです。そしたら、「この先の廃村になった集落跡に行くんです」って言うんです。趣味の悪い若者だなって思いました。

「今そこを通ってきたんだけど、その中の一つの廃家屋の中で、なんかごそごそ動き回っているような音が聞こえたよ。熊ぐらいならいいけど、なんか変なものかもしれないよ」って、言っておきました。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


私達日本人の心と命
その本当の煌きとは。
新たな生の息吹に向けて、今、心の旅路へ
これから出る本
























































人気図書 
















































カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事
応援して下さい