めんどくせぇことばかり 『「始まりの国」淡路と「影の王国」大阪』 関裕二
FC2ブログ

『「始まりの国」淡路と「影の王国」大阪』 関裕二

日本の歴史の始まりって言えば、やっぱり京都や奈良を思い浮かべますね。そこで、大阪って言われてもね。大阪と言われて思い浮かべるのは、グリコのお兄さんだったり、でっかいフグの提灯だったり、やっぱりでっかい蟹だったり、ビリケンさんだったりです。

大阪で観光って言ったって、ユニバーサルスタジオや海遊館、新世界を回って、腹が減ったら食い倒れ。

もちろん、大仙古墳とか、誉田御廟山古墳とかを知らないわけじゃないけど、それは大和朝廷の流れの中に入れちゃってるから、奈良なんですよ。

あれれ、考えてみると大阪って不思議ですね。瀬戸内海の尽きるところ。そこはまさに、遠く世界中から運ばれた物品が瀬戸内海に入って、それがいよいよ荷揚げされる場所じゃないですか。

大阪は世界につながる最前線、世界への入り口だったんです。《大阪から瀬戸内海を西へ向かい、北部九州、朝鮮半島、中国へと通じていたからだ。中国の先にはシルクロードも控えている》と、著者の関裕二さんも言ってます。大阪を支配することは、ものすごいことだったんですね。

日本海側からも、琵琶湖を経由して一気に川を下って大阪に出られます。のちの時代には、東山道や東海道の陸路で東国ともつながる物流の要です

なのになぜ、金剛山地を越えて、飛鳥に政権の拠点を築いたんでしょうか。



新潮文庫  ¥ 562

国産みの地淡路と巨大古墳群が造られた大阪を巡り、古代史の常識に挑む

第1章 神戸・明石に眠る大きな謎
第2章 淡路島に早良親王を訪ねる
第3章 泉州と行基さま
第4章 巨大古墳の謎に迫る
第5章 大阪とはいったいなんぞね


5世紀、前方後円墳が作られる場所が大和から河内に移り、巨大な前方後円墳が河内に集中しています。おおよそ一世紀の間、そう言った状況が続いたようです。このころ、政権は大阪平野にあったんでしょうか。だけど、いずれにせよ、政権は金剛山の向こう、飛鳥の地で続きます。

その後も、大和朝廷は、大阪への遷都を試みてはいます。でも、失敗してます。大阪は商業都市としては、こんなにもうってつけのところはありません。にもかかわらず、どうも政治の拠点を置くには、ふさわしくなかったみたいなんですね。豊臣政権が短命に終わったのは、《地政学上の罠》という言葉を、著者は使っています。

だからこそ、金剛山を越えて大和に抑え、大和から大坂を支配したということのようです。たしかに、大和を抑えれば、大阪を人手に渡す心配はなくなりますね。でも、政権を置くにはふさわしくないというんです。

んんん、どうも、大阪というところには、不思議ななにかがありそうですね。京都が攻めやすく、守りに弱いというのは聞いたことがありますが、それでも平安政権は長く日本を支配しました。それはあくまでも、大阪ではなくて、京都だったんですよね。

その京都と、大阪の違いって何だと思いますか。

関裕二団の本は、かなりたくさん読んでます。歴史家さんの本よりも、変な言い方ですが、部外者の方の書いたものの方が、圧倒的に面白いですね。変なしがらみとか、無駄な常識ってもの邪魔されることがないからでしょうね。

そうそう、イザナギとイザナミは、国生みの最初に淡路島を生み出してるんですよね。大八島国の国を生み出す、その最初が淡路島で、最後が本州。淡路島が最初であるには、やっぱり訳がない訳がないと思いませんか。

なにかを確定づけているような内容の本じゃないんですが、とにかく好奇心を刺激されて、他の著者の本と合わせて、日本の古代史の奥深さを教えられるような本です。
 



にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


今回のテーマは「欲望」

激しい愛情、金銭への異常な執着、 果てない収集癖、飽くなき野心など、 あらゆる欲望を絵画に込めてきた。
カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本
































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事