めんどくせぇことばかり 『医者が考案した「長生きみそ汁」』 小林弘幸
FC2ブログ

『医者が考案した「長生きみそ汁」』 小林弘幸

《みそ汁だ》って、私も思うんです。私のお腹を整えてくれて、私にたくさんの野菜を食べさせてくれるのは、やっぱりみそ汁だって思います。

朝のみそ汁を作るのは、うちでは私の仕事です。連れ合いと二人だけの生活に戻って、その頃、私、足の痛みが最高潮のころで、本当に連れ合いにおんぶにだっこで、なんか悪くってね。

足が治ったあと、少しでも楽してもらおうと思って、だけど、御勝手は女のプライドですからね。出しゃばっちゃいけません。でも、いつも朝は忙しそうにしてるんで、私の朝ごはんと弁当作りから解放してあげれば、ずいぶん楽になるだろうと、そういうことにしたんです。

で、どうせだから、みそ汁は二人分作るからってことになりました。手が空いた連れ合いが、毎朝、めざしを焼いてくれてますので、《みそ汁とめざし》、朝ごはんは、それが基本です。

先にも書きましたけど、みそ汁で心掛けているのは、できるだけ野菜をたくさん、多種類入れること。煮干しの出汁を多めに使って、薄味で作ることです。

そんなみそ汁作りの参考になればと思って、この本を購入しました。もちろん、みそ汁で長生きできれば、何だかお得ですしね。



アスコム  ¥ 1,404

本書が提案する健康法は、一日1杯の「長生きみそ汁」生活です。
1章 簡単だから続けられる!「長生きみそ汁」の作り方
第2章 不調がみるみる消える「長生きみそ汁」最強の健康効果
第3章 健康効果が倍増する!「長生きみそ汁」アレンジレシピ
第4章 いつものおかずがパワーアップ「長生きみそおかず」レシピ
第5章 さらに病気を遠ざける「長生きみそ汁」習慣のススメ


だけどこの本、ちょっと思っていたのとは違いました。“いつものみそ汁”ではないんです。この本で紹介されている「長生きみそ汁」は、《いつも飲んでいるみそ汁を、長年の研究成果をもとにパワーアップさせた》みそ汁なんです。

みそ玉を作っておくんですね。それを製氷用の器があるじゃないですか。小分けにされているやつ。あれで凍らせておいて使うんです。そのみそ玉の作り方は、そう難しいもんじゃありません。用意する具材は四種類だけですし、玉ねぎはすりおろすものの、あとは混ぜるだけですから。

でも、私、この「長生きみそ汁」は使わないことにしました。“いつものみそ汁”でやっていくことにします。それに、このみそ玉作戦は、“いつものみそ汁”のなかでも、容易に活用できます。それくらい、この四つの具材を合わせることは容易なことなんです。

第1章は、文字通り、長生きみそ汁のみそ玉の作り方、保存方法。第2章は、その効用が、大きな文字で説明されています。第5章は、「長生きみそ汁」を取り入れた健康生活のすゝめです。第3章、第4章でみそ汁だけでなく、そのみそ玉、つまりみそ玉の具材を使えばいいわけですが、それを使ったレシピが紹介されています。
第3章、第4章は、本当に参考になります。

「今日のみそ汁はおいしかったね」って、連れ合いから言われることがたまにあります。そうに言われて喜んでお終いにしていたんですが、その時のレシピをちゃんと覚えておけばよかったって、あとから思いました。

とりあえず、おととい言われたんですが、おとといの具は、少し小さく切った絹ごし豆腐、大きめに切った油揚げ、大根の千切りでした。煮干しの出汁は粉末にしてあるやつ。これをドバドバ入れて、みそはそんじょそこらの安売りのみそ。たしかに、自分でいただいた時も、うまいなと思ったんです。

こんど、この本に出てた《かぶとベーコンのみそ汁》を作ってみます。タマネギをすりおろしてみようかな。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 料理の本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事