めんどくせぇことばかり 2019年1月 『スプートニク』に登場する北方領土
FC2ブログ

2019年1月 『スプートニク』に登場する北方領土

2019年 《スプートニク》に登場する北方領土


1月1日
安倍首相:南クリルに住むロシア人に「出ていってください」という態度では交渉は成り立たない=テレビ朝日の独占インタビュー
https://jp.sputniknews.com/politics/201901015772865/
安倍首相は、ロシアとの平和条約交渉や、その際に鍵となる南クリル諸島(北方四島)について、1月に予定されている首脳会談で具体的な進展を見たいとの考えを示した。安倍首相は、「両国で領土問題の解決、平和条約については、両国の国民から理解されなければならない」とし、「両国が受け入れ可能な解決策を必ず見つけていきたい」と述べた。

1月6日
安倍首相 父の墓前でロシアとの平和条約の解決を誓う
https://jp.sputniknews.com/politics/201901065778551/
安倍首相は6日、地元の山口県長門市を訪れ、元外相であった父の安倍晋太郎氏の墓前でロシアとの領土問題、平和条約の問題を解決を誓った。NHKをはじめとする日本のマスコミが報じた。

1月11日
ロシアとの領土問題解決に日本が米国の助けを必要とした理由は? 露日首相は諸島交渉を「美味しく」仕上げられるのか?
https://jp.sputniknews.com/opinion/201901115792931/
安倍晋三首相は年始に、2019年がロシアとの平和条約締結交渉の転機になると述べた。安倍首相はまた、露日がこの条件で平和条約を結べるよう米国の支援を見込んでいる。訪米中の自民党の河井克行総裁外交特別補佐は、ハドソン研究所でこの旨を米国に伝えた。

1月12日
露外務省、第2次大戦の結果を認めるよう日本に呼びかけ 河野外相訪露を前に
https://jp.sputniknews.com/russia/201901125797434/
ロシア外務省では、日本の河野外相によるモスクワ訪問を前に、南クリル諸島(北方四島)に対するロシアの主権を含めて第2次世界大戦の結果を完全に認めるよう、日本政府に呼びかけている。

1月14日
南クリル引き渡しはロシアにとっての「パンドラの箱」
https://jp.sputniknews.com/opinion/201901145804691/
クリル諸島(千島列島と北方領土)の引渡しに関する法的文書の作成を禁ずる法案がロシア下院に提出された。今月10日に下院データベースで公開された法案は、クリル諸島の引渡しに関するあらゆる法的文書は法的効力を有さないとしている。

1月17日
クリル近くで日本漁船に罰金 日本は露に抗議
https://jp.sputniknews.com/politics/201901175813054/
南クリル諸島(北方四島)周辺水域で行われている日本漁船の安全操業を巡り、ロシア当局が今年、羅臼町の漁船2隻に対して書類不備を理由に罰金の支払いを求めていた。北海道新聞(電子版)が17日に伝えた。

1月17日
南クリルの主権にロシアが固執する理由とは
https://jp.sputniknews.com/opinion/201901175815267/
14日、モスクワで露日外相会談が開かれた。この会談は、平和条約締結までに根本的な障害が残っていることを再び示すものとなった。焦点は、南クリル諸島(北方領土)に対するロシアの主権を日本が認めるか否かだ。なぜこのことが必要なのか?

1月21日
モスクワでクリル諸島の引渡し反対集会が開かれる【動画】
https://jp.sputniknews.com/russia/201901215825198/
「ロシアの領土保全」を訴え、「日本へのクリル諸島(北方領土)引渡しに反対」する集会が20日、ロシア・モスクワで開かれた。スプートニク特派員が現場から伝える。

1月23日
露日首脳会談が終了 3時間超
https://jp.sputniknews.com/politics/201901235833429/
ロシア大統領府で行われたプーチン大統領と安倍首相による露日首脳会談は3時間超続いた。会談を終えた両首脳は発表を行うため記者団の元へ姿を表した。

1月23日
露との平和条約締結「生易しくない」 日本政府
https://jp.sputniknews.com/politics/201901235834936/
日本の菅官房長官は23日午前の記者会見で、安倍首相とロシアのプーチン大統領によって行われた22日の首脳会談を高く評価する一方、両国間の平和条約交渉については「生易しい問題ではない」と述べた。

1月28日
世論調査:ロシア人の77%が、日本へのクリル譲渡に反対
https://jp.sputniknews.com/life/201901285856449/
全ロシア世論調査センターは、日本への南クリル諸島の譲渡に関するロシア人の意見について調査を実施した。


前から書いているけど、ロシアは基本的に、領土を返す気持ちはありません。日本が、領土問題を解決して平和条約と言っていれば、いつまでも今の状態が続きます。・・・それで結構です。「島出身の方々が高齢化して・・・」というのは重々わかりますが、敗戦間際に火事場泥棒にかすめ取られたとはいえ、それが戦争に負けるということでしょう。

日本は、「領土問題を解決して平和条約」と言っていればいいんです。火事場泥棒がなんか言ってくるかもしれません。そう言えば最近、火事場泥棒の口数が多くなっているような気がするんですが・・・。



にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 領土・領海・・経済水域
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事