めんどくせぇことばかり 『漢字んな話』 前田安正 桑田真
FC2ブログ

『漢字んな話』 前田安正 桑田真

ちょっと前に出た漢字の本です。

見開き一項目で百項目ですから、一つ一つは決して深いもんじゃありません。たしかに薀蓄の域を出るものではないんですが、それでも、もともと漢字そのものに魅力があるわけですから、そこになにを感じるかは読む人次第ということですね。

《正》という漢字に連想したのは、アメリカや“中国”って国のあり方ですね。《正》という漢字は、“一”と“止”という字から成り立っているんだそうです。さらに、“一”は“囗”が変化したもので、“囗”は口じゃなくて、国構えの方です。さらに、“止”は、止めるではなくて、進むという意味があるんだそうです。つまり、《正》は「国や城郭に向かって進む」という意味、進撃するとか、征服するっていう意味の漢字なんだそうです。

征服したものの理屈が《正義》って考えると、・・・ほら、アメリカや“中国”が連想されませんか。

そういや“征”は“正”に“彳”をつけたものですね。“彳”は、十字路の形から生まれた漢字で、進むことをあらわすそうなので、“征”はまさに、“正”が強調されたものですね。

“止”をどう解釈するかによって、だいぶ変わってしまいますね。例えば、“戈”を“止”で《武》という漢字になります。楚の荘王の話に、「それ武は功を定め兵を収む。故に戈を止むるを武となす」というのがあります。

だけど、もともと“止”は人の足跡、上りの足跡が漢字になったものだそうです。《歩》は足跡がいくつも続いている様子を表す漢字です。つまり、移動しているのです。となると、《武》は「戈を止める」ではなく、「戈を持って進む」となります。

“中国”で生まれた文字ですからね。こっちのほうが正しそうです。


『漢字んな話』    前田安正 桑田真

三省堂  ¥ 1,620

漢字のウンチク落語で100話。読んで笑って漢字がわかる
第1章 春はあけぼの
第2章 夏はよる
第3章 秋は夕暮れ
第4章 冬はつとめて


《咲》は、「花が咲く」の《咲》です。花に関する漢字なのに、どうして草冠じゃないんでしょう。どうして口偏なんでしょう。

これ、この本の一番最初に出てくる項目なんです。これ、簡単なことなんだそうです。漢和辞典を引けば、誰でもすぐに分かることだそうです。漢和辞典で《咲》を調べると、そこには「わらう」、「えむ」と出てるんだそうです。・・・たしかに、出てました。この《咲》という字、「わらう」という意味があります。

なんとこの字、本来はそういう意味だったんだそうです。笑うときは大きな口を開けます。だったら、口偏であることが理解できます。

「八百万神、共に咲ひき」と、古事記にも書かれているそうです。

春の季語に「山笑う」というのがあります。木々に葉が生い茂り、花が咲く春の様子を上手に表した言葉ですね。大好きです。同じような感覚で、花が咲く様子を、「花わらう」と表現したんでしょうね。そのために、日本では、《咲》の字を、「花が咲く」という意味として使うようになったみたいです。

そう考えると、なんかホッとするような漢字ですね。

ちょっとした薀蓄本ではありますが、これらの漢字の強みがありますからね。漢字本の強さってところでしょうか。ご満足いかなかったら、委員会の《委》なんていかがでしょうか。《色》なんていかがでしょうか。《色》はこの本にはなかったかな。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


あなたにとって切ない歌とはなんですか?
いい歌はたいてい切ない。あるときふとそう気づきました。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事