めんどくせぇことばかり 『がれきの中で本当にあったこと』
FC2ブログ

『がれきの中で本当にあったこと』

今年の3月で、もう8年目になるんですね。

当時、私は埼玉県東松山市の、昼から勤務の職場にいました。その職場の仕事は、肌にあってました。できれば、定年までその職場で努めたいと思っていました。残念ながら、その職場が閉鎖されることになって、震災の年の翌年、違う職場に変わりました。新しい職場は朝から勤務の職場で、残念ながら、その前ほど肌には合っていませんでした。

・・・失礼。話をもとに戻します。その昼から勤務の職場で、2時からの打ち合わせを終えて、その後に始まる本格的な仕事の前に一服しておこうと、喫煙所に向かおうとしたときでした。

部屋から出ようとしたところで、突然の大揺れでした。私たちは人相手の仕事をしています。最近は責任を問われるとか、慎重を期すとかで、何かと書類が増えています。一週間もすれば、膨大な量になります。人相手の仕事に適正のある人っていうのは、逆に整理整頓にむとんちゃくな人が多くて、けっこう机の上がひどかったりするんです。それが突然の揺れで、机の上から床にまで雪崩を起こして、足の踏み場がない状態になりました。

テレビや各種機材は壁に固定してありましたし、倉庫の棚は大荒れでしたが、運良くそこに人はいませんでした。あとから窓や壁の破損が見つかりましたが、揺れによる異常はそんなもんでした。

1995年の阪神淡路大震災後、全国の多くの施設で行われた耐震工事のおかげです。本当に助かりました。1995年の悲しみの記憶により、多くの命が生かされたことと思えば、ありがたい限りです。

その揺れの最中、喫煙所に向かおうとしていた私は、部屋の出口あたりにいて、出口の柱で体を支えていました。揺れの中で思ったのは、「関東大震災か」ということでした。あとから聞くと、多くの人がそう思っていたようです。

地震の震源地や揺れ、また交通に関する情報を確認しました。交通機関はかなり広範囲にストップした状態が続きそうです。夕方からの仕事も、まず開店休業は間違いのないところです。自分の家の心配もあります。部屋に散乱した、書類や倉庫の荷物の片付けをはじめました。その時、誰かの声でテレビを見ました。

飛び込んできたのは、けっこう大きな橋が津波に飲み込まれていく映像でした。解説もアナウンスもなにもなく、ただ、映像だけが流れていました。


産経新聞社  ¥ 1,296

「死」とは何か、「勇気」とは何か、「生きる意味」とは何か。未曾有の災害が突き付けたも
被災地に生きる
人が死ぬということ
プロの誇り
「あの日」の光景


その後の原発事故と合わせて、日本は蜂の巣をつついたような、とんでもない状態になりましたね。人相手の仕事と言いましたが、中でも若い人たちを相手にしているんですが、その人たちに話した記憶があります。

みんな、何か自分にできることがないかと思っていたんですね。中には、実際にボランティアに出かけた人たちも少なくありません。

そういうことも大事だけど、これはがれきが片付けばなんとかなるとか、仮設住宅ができればって期間の話じゃない。もちろん、今この時のボランティアも必要だけど、それだけで終わる話じゃない。きっと、君たちが仕事をするようになって、税金を払うようになって、長い期間をかけて、東北を支えていくことになるんだ。自分がいきいきと働ける仕事を見つけて、一生懸命働くことが、とても大切なことになると思うよ。だから今、自分のことをしっかりやることも、とても大切だと思うよ。

今考えれば、口幅ったいことを言ったようなんですが、若い人たちは、ごく当たり前に自分のことをしっかりやることが、被災地の人を支える一番大きな力になるっていうことが、なかなか結び使いじゃないですか。

この本は、あのがれきの中で起こった、47の本当の話が集められています。いずれも、生き残った人が、前を向いて生きていくための話です。出版されたのは2011年の5月です。今から考えれば、“あの直後”と言ってもいいでしょう。年末に、本屋をゆっくり見て回って購入しました。読んでみると、とっても新鮮でした。

この本に出てくる子供も大人も、みんな+8歳なんですね。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

謹賀新年

賀正。遅れましたが、今年も宜しくお願い致します。

悪運が強いとでもいうのでしょうか。あの東日本大震災に際しても、拙地元・東海ぱ
大きなダメージを免れています。但し、次に来るとされる 東海地震の折は、こうは参らないでしょうが。

ネットを含めた知人からの伝聞では、震度7の激震は、言葉では尽くせないものの様です。
その状況下、できれば守り抜きたいのが「何が、一番大事か」という思考姿勢だと思います。
特に子供や若者達に対しては、我々大人が持ち続けなければならないのではと心得ます。

全世紀末、阪神大震災の教訓は、相当な所で生かされていたのですね。拙者も知る所では、
工事途上の東京スカイツリーが、強い揺れに見舞われるも見事持ち応えた事が一番鮮烈な記憶です。
残念ながら、その逆が東電・福島第一原発だった訳ですが。

とまれ、巨大地震の可能性は 東海地方の我々にも 他人事ではありません。
今回ご紹介の著作は、良い教科書になりそうです。

HAKASE(jnkt32) さま

あけましておめでとうございます。こちらこそ、よろしくお願いいたします。


「天災は忘れた頃にやってくる」というのも、一つの真理。だけど、そのたびに、それをなんとか乗り越えようと自然に立ち向かってきたのも事実。《忘れないようにする》ってことは、一つの真理を乗り越えることでもあるんですね。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事