めんどくせぇことばかり 『草すべり』 南木佳士
FC2ブログ

『草すべり』 南木佳士

なんとなく、それでもそれなりに、本を読む方です。

それは子どもの頃からで、なんだか年がら年中、本を読んでました。面白い本が好きです。筋立てのいいお話も面白いと思うし、世の中の仕組みを教えてくれる本も面白いです。・・・そのほかの分野でも、なんでもいいんです。興味深いことならば・・・。

それでも、すべての本をおもしろいと思うわけじゃないから、面白いと思った本を書いた人は覚えておいて、また読みます。

だから、人じゃなくて、本が面白いことが先です。

相変わらず、分かりにくいことを書きますが、要は、私、この本の作者の南木佳士さんて方を知りませんでした。どのくらい知らなかったかというと、南木佳士を“なぎけいし”と読むことも知らないくらいに知りませんでした。

本の題名の『草すべり』から、浅間山の“草すべり”かなって、山のことを書いたお話かなって検討をつけて、読んでみただけのことです。んで、面白かったです。

つまり、私が言いたのは、たまたま題名に惹かれて読んだこの本が面白くて、本当に幸運だったということなんです。

著者の南木佳士さんは、もともとは本当にお医者さんなんですね。“本当に”というのは、この本の主人公も、お医者さんだからです。末期のがん患者を担当する病棟の責任者で、数多くの患者の最後に立ち合い、患者を看取り続けるストレスを背負いきれなくなって、うつ病を発病した医師。その人が主人公なんです。

そんな方が山に登るようになって、だんだんと自分を取り戻していく。・・・やっぱり人間再生の物語ですね。

四つの短編は、すべて、上記のような設定で書かれています。最後の《穂高山》だけは、その名のとおり、穂高が舞台ですが、他の三つの短編には、いずれも浅間山が関わってきます。佐久市に住んでおられるということなので、実際、その生活のなかには浅間山が入り込んでいるんでしょう。


『草すべり』 南木佳士

文春文庫  ¥ 617

過ぎゆく時のいとおしさが稜線を渡る風とともに身の内を吹きぬける山歩き短篇集

草すべり
旧盆
バカ尾根
穂高山


南木佳士さんの他の本は読んでいません。この本も、もともとは2008年に出版されているものの文庫版です。文庫版も2011年には出ていました。なんとも時節を外した読者で申し訳ないんですけど、とてもすんなり入ってこられちゃってるんです。

もしかしたら、山に関わる部分では、著者の方の本当の体験が書かれているんじゃないかって思えるんです。主人公が山を始めるのは“五十歳になろうとしていた夏の終わり”です。紅葉見物に車で出かけた峠から、ついつい軽い気持ちで山道に踏み入って行くところから始まるんです。

ちょっとした冒険に気を良くして、アウトドア専門店の扉をくぐることになります。

そして、主人公にこんなことを語らせるのです。

「ただ、負け惜しみではなく、山歩きは人生の復路に入ってから始めた方が、より多くの五感の刺激をからだに受け入れられる気がする。若いからだは余剰の熱を外に向けて発散するばかりだが、老い始めると、代謝の低下したからだは外部からのエネルギーを積極的に取り込むようになる。鳥の声、針葉樹林の香り、濃すぎる青空、鮮やかな緑の苔、沢の水音、木漏れ陽。遥かな尾瀬、遠い空」

私は早くから登山を始めました。高校ん時です。ずっと、ガツガツ山に登りました。30代の真ん中に入る頃に、足の不調で山をやめて、56歳で手術をして、そのあと再開しました。再開してからは、昔のようなガツガツした山登りは、もうできなくなってました。山登り自体、ようやく身体が適応してきているかなってところです。

でも、やっぱり、“鳥の声、針葉樹林の香り、濃すぎる青空、鮮やかな緑の苔、沢の水音、木漏れ陽。遥かな尾瀬、遠い空”なんです。今は、山を歩けることが楽しくて仕方がないんです。この感覚は、実際に“人生の復路”で山歩きを始めた方でないと、分からないんじゃないかと思います。

そして、かつて自分の周りにいたたくさんの人があちらの世界に旅立ったなかで、その後の自分の人生を、山を歩くゆっくりした歩調で歩いていこうとしている様子も、なんだかひしひし伝わってくるんです。

この人、他にも山に関わる話を書いているかな。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

歴史を歪める思潮

今晩は。前回の貴記事「昭和十二年学会」は、拙者も支持したく思います。

「真実を見出すこと、史実をきちんと積み重ねることが学者の本分」の、宮脇淳子さんのお言葉は、拙者にとっても重く響きますね。

それが通じないのが、今の韓国でしょう。文 在寅政権の間は 或いは無理かもですね。「ファンタジー」との表現も、あながち外れではないでしょう。

困るのは、貴方もご存知の様に、日本人の側にも同調者が複数ある事。歴史学の世界にも多い様です。自虐史観と護憲原理主義が蔓延し、言論の自由がないとのご指摘も頷けますね。

本当に、悪しき現状と 拙者も思いますが、それでも改革の機会が訪れたのでしょうか。一朝一夕、一筋縄とき行かないでしょうが、改革へ向けた道筋は、国民的努力でしっかりと作らなければいけませんね。歴史への見方も、それでようやく正常化できるのかも知れません。

今回貴記事にも、少しだけ触れます。正直、拙者の読書量は 確実に貴方を下回るでしょう。折々読まないと、とは思うんですが。苦笑
ただ、PCやタブの画面で読む電子版、これ 目が疲れるんですよね。

紙本も読みだすと入り込めるんですが、そこまでのエンジンのかかりが 最近は悪化している様です。
貴方を見習い、少しは改善をと思いながら 中々に果たせないでいます。又苦笑

HAKASE(jnkt32) さま

日本国内の問題のほうが、遥かに重大ですね。学会におけるものだけではなく、世間の一般常識は、今でもそちら側にあるんですから。私は今や、ブログでちょっとだけ意地を張る程度で、疲れ果てました。

本に関しては、まもなく、膨大な時間が私の目の前に広がるはずなので、いよいよ晴遊雨読の生活に入れるかとワクワクです。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事