めんどくせぇことばかり 『大人の山登り入門』
FC2ブログ

『大人の山登り入門』

まったく、恥ずかしいったらありゃしない。

33歳までだったかな。ガツガツ山に登ってたのが、身体のことがあってまるっきりやめてしまって、56歳になって再開したときには、すっかり別人のような体になってました。悪かった足を手術して治ったのはいいんです。でも、歩き始めてみれば、筋力は最低だし、体のバランスは悪いは、心肺機能は落ちてるは、いいところを探すとすれば、タバコをやめたことくらい。

その割に、再開して2年になろうってのに、いまだにかつての自分から離れることができません。「もう、ぜんぜん違うんだから、体に合わせてゆっくりゆっくり」って思って入るんだけど、歩いているといつの間にか、身体が以前の私を追って歩いているような感じです。特に、周辺に人がいると特に駄目です。人がいなくても結局ダメです。

だいたい、いつも、最初のうちにスピードを上げすぎて、あとで反省するんだけど、もう“時遅し”って感じです。先を焦って行動食や水分摂取を怠って、後でヘロヘロって感じのこともあります。情けないったらありゃしない。

子どもの頃、日曜日にも仕事に行く父について、父の働く工場に行って遊んでたことがあります。そこでは石綿を作ってたんで、ふわふわを追いかけて遊んでました。すぐ息が上がるんですが、あんだけ石綿の中で遊んでいれば・・・。それともただ心肺機能が落ちただけなのか。石綿の影響はもっと先のことか。

いずれにしても、それが今の私なんですから、いつまでも昔の自分を追っかけるのは、あまりにもみっともない。

だいたい自分がこれまでやったきたことなんて、みっともないことばかりに感じられるんです。その時その時、いつも私は精神年齢低いようで、思い出すたびに髪の毛をかき乱していたら、なくなってしまいました。

ここまで来たら、過去の自分と決別して、・・・えっ?出家は勘弁してください。



エイ出版社  ¥ 1,296

自由に時間やお金を使えるようになった世代の方々に向けて、生涯の趣味として、山登りを
・まずは山の環境を知ることから
・体を整えるストレッチ&トレーニング方法
・体力への負担を減らすための装備選びのポイント
・年齢が高くなると起こりうるリスク
・初めてにおすすめ3時間以内ルート5選
・ステップアップのための5時間以内ルート5選
・山小屋泊、徹底解説
・最低限知っておきたいファーストエイド
・山がもっと楽しくなる書籍案内
・お悩みQ&A


もう、・・・この本を開いて1ページめに書かれています。

「慌てない。慌てない。ひと休み、ふた休み」

今の私の身体は、高度を怖がります。昔は、高度感に胸が高鳴ったんですが、違うんです。きっと、今の私の身体が、「そういう場所は、まだやめた方がいいよ」って言っているかのようです。そういう身体の声を無視していると、それこそ山登りを嫌いになるかもしれませんね。

「自分の体と向き合う」ってことは、この本の中でもとても重視されてます。私が気になるのは、体のバランスです。手術で股関節を治したんですが、手術前は足の長さが2.5cmほど違ってたんです。長い間、その体に慣れてきましたので、山を再開してから、よく転びました。大転倒です。膝をパックリやって、今も悩まされてるのもそのせいです。しかも、バランスは加齢とともに一番に衰える機能なんだそうです。

自分でも感じてるんです。急な下りで、特に。

それでも、この2年で、ずいぶん良くなったんですよ。やっぱり、山の能力を高めるのは、山に登るのが一番なんですね。もう、大転倒はなくなりました。ちょっとしたつまづきも、まずありません。高度にも、闇雲に進まずに、ルートをしっかり見定めるようになりつつあります。

ただ、ここまで私は、少し無理をしてきたのかもしれません。いや、たぶん、してきました。

・・・もう一度、2年前に戻るのが一番かな。ちょうど、4月から、大きく環境が変わるので、もう一度、今の自分に合った山歩きを見つけたいです。せっかく、山登りを再開できたんですから。

私、この本が5月に出たとき、知ってたんです。でも、この本には手を伸ばしませんでした。入門書なんて、私の読む本じゃないと思ったからです。でも、この本から、もう一度始めたほうがいいと思って、読むことにしました。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

登山の資格なき拙者

今晩は。登山を志す各位のお気持ちは、何となく分かる様な拙者です。

最近は TV地上波ですっかり放映しなくなったので ちと縁遠くなっていますが、
自動車 F-1世界選手権に一時嵌っておりまして。特に中嶋 悟や鈴木亜久里、
片山右京や佐藤琢磨の各位が乗り込んでおられた頃は、よく観ていましたね。
恐れながら、鈴鹿サーキットにも 一度ならず通ったのは 良き思い出です。

あの高揚感ってのが、何か高山の頂を目指す時の気持ちに似てる様な感じ
でして、そこから困難を覚悟で高みを目指す方々の心情が、拙者なりに分かる
様になって来た次第でありまして。貴方も、そのうちのお一人ですね。笑

ただ、拙者は高山を目指す勇気以前に、その資格がない様に想います。
以前もお話したかもですが、二十代の頃 松本から飛騨高山へ抜ける定観バス
の道中で乗鞍へ寄った折、何とも考えのない事で 悪友と共に街歩きの服装のまま 3000m超の山頂までホイホイと登ってしまった訳でして。

辿り着いた山頂の休憩所は、それこそフル装の登山者各位ばかり。大いなる
バツの悪さもさる事ながら、帰路の下りの辛かった事!晴天の夏山だったのが
、悪運の限り。もしも天候が変われば、そのまま取り残される恐れもありました。
「してはならない事をした!」と気づいたのは、その下りの道中でした。

以来「己は高みに登ってはならない」と言い聞かせる始末。腕に覚えある各位の
事は 何も言えませんが、心身の経年劣化だけははっきり自覚できまして。
どなたにも、この事だけは避けられない運命と心得ます。どうか、高みへの往来
は、くれぐれもご無理なき様・・。

HAKASE(jnkt32) さま

“資格なき”なんて、そんなことはございません。

最近、思うのですが、山に登ってくる方、みなさんが、しっかりした山道具を持ちすぎです。山登りを続けるのであれば、登山靴、雨具、ザックは専門のものを買うべきですが、シャツやズボンなんて、なんだって構いません。靴・雨具・ザックにしたって、一回こっきりの山登りであれば、普段のものでもそれなりに登れます。

いきなり、難しい山の挑むのは問題ですが、普段の服装で、近くの山に登りながら、少しずつ装備を揃えていくのが懸命です。そんなに山に詳しそうでもない御婦人のグループが、好きのない装備で山を歩く様子に、私は逆に違和感を覚えます。

夏、晴天の乗鞍であれば、槍穂高の岩の塊が見えたはず。その向こうには北の連山。さらに南東方面には木曽山脈、八ヶ岳、赤石山脈が広がったはず。もう一度、雨具を持って、足元を少しだけ固めてあの頂へ・・・。

へへへ

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事