めんどくせぇことばかり 『友情』 山中伸弥 平尾誠二 惠子
FC2ブログ

『友情』 山中伸弥 平尾誠二 惠子

平尾誠二さんが亡くなったのが2016年の10月20日。

私はその5日後に入院し、27日に足の手術を受けたんです。自分のことで一杯一杯で、亡くなられたのを知ったのは、半月ちょっとの入院生活の後に退院し、自分の足で歩いていける嬉しさの中でのことでした。

「えっ、うそ?」

しばらくしてから、平尾誠二さんの残した数々の名言をまとめ、解説を施した一冊が、“緊急出版”という形で出版されました。それを読んで、ブログで紹介したときに、次のように書いています。

《私は、自分よりも年長の松尾雄治に憧れた。衰えを見せ始めた松尾雄治に、引導を渡すかのように現れた年下の怪物に、最初に抱いた感情は嫉妬だった。嫉妬する程度の意地はあったものの、彼の前に進もうとするひたむきさに、いつしか励まされている自分を感じるようになっていた。》

山中伸弥さんは、平尾誠二さんと同学年だそうです。私は学年から言うと3年上です。とても近いんですけど、これが微妙な3年なんですね。

知り合ったのは、すでに50歳を手前にした年齢になってからだそうです。その年齢になってから、・・・言い方は悪いですけど、恥ずかしげもなく“親友”と呼べるような人に巡り合えるとは、あまりないことでしょう。自分に照らし合わせても、自分の狭さが情けなくなるだけですね。それだけ二人が、その年齢になっても、まだまだ前に進もうと、新しいことに、人に、興味や関心を失っていないということでしょう。

心の底からうらやましい、少しでもマネしたいです。


『友情』    山中伸弥 平尾誠二 惠子

講談社  ¥ 1,404

最期まで決して諦めなかった平尾氏の闘病生活に、山中教授が全力で併走した
第1章 平尾誠二という男(山中伸弥)
第2章 闘病―山中先生がいてくれたから(平尾惠子(平尾誠二夫人))
第3章 平尾誠二×山中伸弥「僕らはこんなことを語り合ってきた」


この本は、第2章で、平尾誠二さんの奥様の惠子さんから見た、平尾さんと山中さんの交流の様子が書かれているんです。奥様とはいえ、第三者なわけです。しかも、この二人の交流を知っている人はほとんどいないという状況の中の話ですから、奥様の目から見た二人の交流の様子っていうのは、とっても貴重な話になります。

さらに、奥様の語る平尾誠二という人物に関しても興味深いですね。勝負の世界に生きる平尾誠二にとって、子どものように純粋で、人に対して壁を作らない山中伸弥は、駆け引きのない付き合いのできる無二の存在だったようです。

さらに驚くべきことがあります。

平尾さんは、自分が癌であることを、親しい友人にさえ知らせていなかったようなのですが、山中伸弥さんにだけは、がんが見つかった当初から話していたんです。そして、癌の治療に関して、中山さんはずっと平尾さんにアドバイスしていたそうです。中山さんは、「自分が癌になっても、家族がなっても、僕はそうします」というアドバイスを、平尾さんにしていたそうです。

わらにもすがりたい奥様が、山中さんのアドバイスを受け入れたのは、「絶対にこの病気に勝ってやる、自分の全力をかけて直してあげようと。その僕が言うことを聞いて下さい」という山中さんの強い言葉だったそうです。・・・こんな言葉、私には言えません。

平尾さんの方もすごい。平尾さんの癌を気づいた人から、いろんなアドバイスがあったんだそうです。奥様がその中の一つに気を止めると、平尾さんは、「僕はもう、山中先生を信じるって決めたんや。そういうことをするのは山中先生にすごく失礼なことだよ。僕は山中先生を信じる。だから他のことはしたくない」・・・まいりますね。

今でも山中さんは、心の中で言い続けているそうです。 

「助けてあげられなくてごめん」

おそらくですが、二人の物語は、この先も続いていくと思います。





にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事