めんどくせぇことばかり 『対話 日本および日本人の課題』 渡部昇一 西尾幹二
FC2ブログ

『対話 日本および日本人の課題』 渡部昇一 西尾幹二

アメリカは、本当は、日本をもっともっと長く占領するつもりでいたでしょうね。

渡部昇一さんは“25年間ないし50年間”って言ってますけど、25年間ないし50年間という長さだと、占領をやめて引き上げるタイミングっていうのが難しくなります。そして、大正から昭和初期の人たちは、25年たったあたりから、社会の第一線から引きあげていく頃になります。

その頃まで占領が続いていたら、おそらく日本人は、もう本当のことを思い出すこともできない状態になっていたでしょう。足掛け7年の占領でも、今のようなありさまなんですから。

そして、朝鮮戦争までの占領は、文字通り長期占領のつもりで行われたことだから、財界へのプレッシャーも、公職追放も、日本国憲法も、当然、長期占領を前提としていたということです。

朝鮮戦争の勃発によって、ようやくアメリカは、アジアの共産化への防波堤であった日本を、アメリカの手でつぶしてしまっていたことに気がついて、慌てて講和条約に向かうわけですね。

もちろん、反省なんてかけらもありません。日本人に仕掛けれれたウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムはそのままに、《過去の侵略を心の底から反省した日本人》を指導しつつ、自由主義陣営の一角に加えようというわけです。そのようにして作り上げられた戦後社会なんですね。

西尾幹二さんがおっしゃってます。「いま、アメリカは日本を守るつもりもないし、庇護するつもりもないけれども、しかし手放すつもりもないし、自由にさせるつもりもない」

その通りですね。


『対話 日本および日本人の課題』    渡部昇一 西尾幹二

ビジネス社  ¥ 1,728

その言論で何度も日本を救った二人は何に共鳴し、何で対立したのか
第1章 敗北史観に陥った言論界
第2章 自由で教育は救えるか
第3章 ドイツの戦後と日本の戦後
第4章 国賊たちの「戦後補償」論
第5章 日本は世界に大東亜戦争の大義を説け
第6章 教科書をモミクチャにしたA級戦犯たち
第7章 「朝日」「外務省」が曝け出した奴隷の精神
第8章 人権擁護法が日本を滅ぼす


しっかりしないといけないのに、日本人の“意見”がおかしなことになっていると西尾さんはおっしゃいます。それを、《アメリカに縋りつきたいという自己救済衝動》と言っています。

たしかに、アメリカに対する依存心が異常な状態ですよね。

というのも憲法の改正に関わる日本人の“意見”が、今、訳が分からない状況です。かつては、「平和憲法を守れ」という人たちは日米安保条約に反対していましたよね。ところが今は違います。

時々、街で、「九条を守れ」って言うよな言葉を見かけます。「改憲反対」じゃないんですね。
①日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
②前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

これですね。なぜか最近、「改憲反対」じゃなくて、「九条死守」。これだけがクローズアップされているんですね。・・・で、九条死守の人たちは、いまや日米安保条約に反対じゃないんです。アメリカに守ってもらえばいいから、九条死守なんですね。

すでにソ連はなくなりました。トランプ大統領は、新たな敵として“中国”とガタガタやってますが、私、トランプ大統領は特別な大統領だと思います。本質的に、アメリカは反日親中ですよ。

状況は変わりました。やっぱり、自分の国は自分で守るってことを、本気で政治の場にあげていかないとね。それでこそ、渡部曻一さんも浮かばれるってもんです。

あっ、いけない。この本がどういう本か、紹介するのを忘れた。じゃあ、また今度。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

何となく分かります

お疲れ様です。「どの様な本か」て所、何となく分かります。触りだけ理解するの
も良い事じゃないでしょうが。苦笑

「庇護もせぬが、自由にさせぬ」つまり、真の独立をいつまでも認めない米国の
対日姿勢を、西尾幹二さんはご指摘になってる訳ですね。

ホント、質が悪いです。だって戦後復興の頃の米国の対日姿勢は ある意味
「カネは出すが口も出す」で、一定は仕方がなかったかも知れません。

しかしながら、これからは「カネは出さぬが口は出す」に変容しかねない懸念が
感じられます。それにしても、日米安保体制が曲がりなりにも存続する以上は、
我国は大口を利けない立場であり続ける訳ですね。

日本国憲法第 9条の平和条項と 日米安保体制は、不可分な「一枚のカードの
表とち裏だ」という話を伺った事がありまして。安部現政権は それが分っている
から日米同盟尊重の姿勢を、トランプ現米政権に対してもアピールしてるって事でしょう。

もう少し、手段を考えて頂けないかと思う事も、それはありますが。ただ、米国の
基本姿勢は親中反日って所は、我々も抑えておかないとって思いますね。
この所は、先年ご逝去の渡部昇一さんに加え、西部 邁さんも主張されていた
様に思います。改めて、お二方のご冥福をお祈りするものであります。

HAKASE(jnkt32)t32 さま

日本は、まともな意見が右翼扱いされるような、左寄りの時代が長く続きすぎました。そんな厳しい時代、渡部昇一さんも、西部邁さんも、ずっと真っ当な考えの通用する言論の領域を守り続けてきてくれました。自分のそれを受け継ぐ力が足りないことが悲しいばかりです。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


あなたにとって切ない歌とはなんですか?
いい歌はたいてい切ない。あるときふとそう気づきました。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本












































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事