めんどくせぇことばかり 『コミンテルンの陰謀と日本の敗戦』 江崎道朗
FC2ブログ

『コミンテルンの陰謀と日本の敗戦』 江崎道朗

不思議な話ですが、反戦であるとか、人権であるとかの旗印を掲げる活動家の人たちは、何かと目立った行動を好むようです。と金はヘルメットを被り、時には顔を隠し、物を投げ、車を揺すってひっくり返し。まあ、珍しい話じゃありません。

現在でも「反戦平和」を訴える活動家たちが、自分の主張を通すために暴力に訴えることも厭わないのは、コミンテルンの遺伝子を引き継いでいるんですね。

コミンテルンは、平和のためには、戦争を引き起こす資本主義国家を滅ぼすしかないというのが、まあ前提です。そのためには共産党の手で国家権力を資本家から奪取しなければならないと訴えました。コミンテルンにすれば、資本家がいる限り戦争が起こるのだから、戦争を抑止するためにも、武器を手にして共産党独裁を実現する革命を行わなければならないということになるんです。

レーニンは、1920・7・28に《民族・植民地問題についてのテーゼ》を発表しました。その中で彼は、植民地開放を徹底して応援することによって、イギリスやフランス、オランダと言った資本主義国に対する反乱を煽っていけば、「資本主義に対する勝利を保証」できると主張しました。見事な作戦です。

アジア・アフリカの植民地開放闘争を利用して、世界の共産化を進めようとしたんです。そして実際、欧米列強の植民地支配に苦しんでいたアジア・アフリカの独立運動の指導者たちは、コミンテルンの呼びかけに積極的に呼応したわけです。

利用されたわけですから、幾分、差し引くべきかもしれませんが、まあ、彼らもリトル・レーニン、リトル・スターリンになって偉そうにするわけですから、その必要はないでしょうか。



PHP研究所  ¥ 1,058

コミンテルン。それは恐るべき思想と悪魔的手法に裏打ちされた組織であった
はじめに  コミンテルンの謀略をタブー視するな
第1章  ロシア革命とコミンテルンの謀略――戦前の日本もスパイ天国だった
第2章  「二つに断裂した日本」と無用な敵を作り出した言論弾圧
第3章  日本の軍部に対するコミンテルンの浸透工作
第4章  昭和の「国家革新」運動を背後から操ったコミンテルン
第5章  「保守自由主義」VS「右翼全体主義」「左翼全体主義」
第6章  尾崎・ゾルゲの対日工作と、政府への浸透
おわりに  近衛文麿という謎 


さらに、「封建的諸関係、あるいは家父長制的=農民的諸関係が優勢を占めている遅れた国家や民族については、共産党は民族解放運動を行為によって援助するとともに、地主に反対し、大土地所有に反対し、農民運動に出来るだけ革命的な性格を与えることに務めよ」と命じています。

世の中にはこういう人もいるんですね。

自分たちが、敵である資本家と、その社会を倒すことを最優先して、そのためには常に手段を選ばず行動してきた経験を持っていますからね。違う社会構造を持った国家に対してであっても、どこをどう突かせれば、自分たちが成し遂げたと同じ効果を、その社会に及ぼすことができるか、分かるんですね。

天才というよりも、レーニンは悪魔的です。コミンテルンに対しては、無条件の忠誠を求めるわけですが、それは常に、手段を選ばない行動を求めることでもあったわけです。つまり、その人にも悪魔になることを強いるわけです。


なにしろこれは、家族を基礎とした社会的・道徳的基盤を支える地主と資本家を殺し、その財産を奪うことで植民地的支配から開放し、宗主国たるイギリスやフランスを追い詰めようとするものであるわけですから。

そのようにして植民地支配から開放された地域も実際にあります。だけど、だいたいボロボロになりましたね。

また、ソ連が植民地開放闘争を支援して、その国が独立したとします。当然ですが、その国を独立に導いた独立運動家が権力を握ることになるでしょう。レーニンは、それを容認する気がないわけじゃないんです。ただし、その旧独立の英雄にして、新たな国家指導者は共産党員であるべきだと言うんです。いや、共産党員でなければならない。それを受け入れないならば、容赦なく粛清の対象とすべきだとしているんです。

やっぱり、悪魔的ですね。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

コミンテルンの残像

お疲れ様です。ご存知かもですが、先日 某民放TVで連合赤軍の回顧番組を放映しまして 
ざっと見たんですが、あの時の活動家連中は 国際共産組織コミンテルンの残像を
引きずっていたんだなぁって 改めて思いました。

「目標の為には手段を選ばぬ」革命名目の武力行使を肯定する危険姿勢は、
間違いなくレーニンやスターリンの思考と軌を一にするものだったと心得ます。

困るのは、我国や特亜圏に そうした思考の持ち主が少なからず残存している事でしょう。
拙者などは、勿論かぶれてはならぬもの・・との自覚がありますが、若い世代とかには
それが怪しい向きもいますから、注意して見守る必要があるのでしょう。
「悪魔的」との貴文言も、何となくも分かる気がします。

HAKASE(jnkt32)t32 さま

その番組は知りませんでした。まあ、連合赤軍があそこまでやっちゃったとか、三里塚闘争のなかで中核派が機動隊と衝突したとか、なんの背景もなくできることじゃないと思うんです。あのような行為は全く賛成できないけれど、彼らのやむにやまれぬ思いは、何となく理解できる・・・とか。

吉田松陰しかり、松下村塾の連中は、言わばテロリスト。だけど、その思いだけは理解できるとか。五・一五事件の時の助命嘆願もしかり。

そんな、言葉にできない思いに動かされやすい日本人は、レーニン、スターリンにすれば、まるで赤子の腕をひねるよう・・・。

大坂なんば行き特急「アーバン・ライナープラス」かっこいいですね。そう言えば、3月2日に大阪に行くんでした。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


今回のテーマは「欲望」

激しい愛情、金銭への異常な執着、 果てない収集癖、飽くなき野心など、 あらゆる欲望を絵画に込めてきた。
カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本
































































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事