めんどくせぇことばかり イスラム教
FC2ブログ

イスラム教

宗教っていうのは、どんなにその理論が精密に構築されても、その核心部分に、絶対説明できないものがあるじゃないですか。

まあ、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教みたいな一神教は、その成立の時点において、多くの敵をかかえたはずですから、徹底的に精密な理論を構築したわけでしょう。でも、どこまで行っても、その核心部分だけは説明できないわけです。

だけど、一神教が敵に回したその他の民族宗教は、そこまでの理論武装をしていませんでした。なにしろ私たちの神と彼らの神は違って当たり前ですから、なにもそれを理由に喧嘩をする必要はなかったわけです。喧嘩を望んだのは、一神教の方です。そして、蹴散らしていったわけですね。

キリスト教は、のちに権力と結託して行きました。それによって世俗化していきましたね。それはキリスト教社会にとって良かったですね。

そうならなかったのがイスラム教。どうも、こちらの方が、現代社会においては、数多くの困難を抱えているように見えます。

アラブで生まれた宗教ですからね。一神教とはいえ、多分にアラブ的なんです。女に、むやみやたらと厳しいじゃないですか。日本だって、女に優しいってわけじゃないですけど、アラブの女は立つ瀬がありません。日本の女にはそれがあります。

ムハンマドの妻の一人、アーイシャは、ムハンマドの戦いに従軍した際、軍の引き揚げに遅れ、ひとり砂漠に取り残されました。幸い、居合わせたイスラム兵に救われムハンマドのもとに送り返されたが、予期せぬ事とはいいながら、砂漠で夫以外の男と一夜を過ごすことになっちゃいました。姦通を疑われただけで罪は成立です。杓子通りなら、石をぶつけて殺すことになります。

父がアブー・バクルでもあり、ムハンマドは姦通を否定し、ことを丸く収めました。誰もがムハンマドとアブー・バクルを憚ったが、一人、アリーだけが、アーイシャとの離婚を主張しました。アリーとアーイシャの関係は険悪になって、アリ-が第4代カリフになると、アーイシャは反乱を起こしました。失敗に終わったが、罰せられることなく、のちは隠遁生活を送ったそうです。

ジハードで斃れた男たちが行く天国ってのは、とってもいいところだそうです。此の世では飲んではいけない酒も、あの世では飲んでいいんですね。

酒はいくら飲んでも頭が痛んだり、酔って性根をなくしたりしないんだそうです。果実は好みにまかせ、鳥の肉なぞ望み次第。眼涼しい処女妻は、そっと隠れた真珠さながら。豚肉はどうなんでしょうね。天国でも食っちゃいけないのかな。美味いのにね。

処女妻は、アッラーが特に新しく創っておいたもの。この女たちは、両親から生まれたのではなく、この目的のために特別に新しく作られた処女ばかりで、愛情細やかに、年齢も頃合い。アッラーって神さまは、面白い配慮をするんですね。

イスラム女性のベール。『お前(ムハンマド)男の信仰者たちに言っておやり、慎み深く目を下げて(女をじろじろ見ない)、陰部は大事に守っておくよう(不倫な関係に使わぬよう)、と。その方が自分でもずっと道にかなう。(『コーラン』「24 光り」の章第30節)

チャドルやそれに類するものは、本来、女性蔑視ではなく、女性保護のためのもの。文化人類学的には、日射量の多い砂漠地帯で肌を守るものであったようです。イスラム法は、あと付けで、その伝統にアッラーの意思を見出しちゃいました。・・・男にとって都合のいいように。

・・・そうとしか考えられないんですけど。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

イスラムは世界を席巻するか

お疲れ様です。今回の貴記事「意外に知られていない イスラム教裏話の趣
があって、興味深いです。やはり 男性優位臭さは拙者も感じる所。

識者によっては「イスラム勢力は、世界で最後に勝利する」との贔屓な見方
もある様ですが、どうなるか?まあ、他勢力とは「平和の為の住み分け」位
はあるかも知れませんが。

HAKASE(jnkt32) さま

ムハンマドやその周辺の「まあまあ」っていう都合があって、それが金科玉条になっちゃったって感じ。原理主義をきっぱり切り捨てられないなら、世俗化した世界と妥協できないんなら、いつ何時原理主義が顔を出すかわからず、迷惑でしかないです。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事