めんどくせぇことばかり 『古典歳時記』 吉海直人
FC2ブログ

『古典歳時記』 吉海直人

そうか。梅は“中国”からの伝来物だから、これに関する大和言葉はないんだ。・・・じゃ、「うめ」は?

それじゃ、「うめ」が大和言葉で、「ばい」が“中国”からの伝来の呼び名ということにはならないんですね。「ばい」は、いかにも“中国”伝来っぽいですが、それじゃ、「うめ」はいったい何者なんでしょうか。

じつは、これも“中国”伝来なんだそうです。先には行ってきた呉音としての梅が「め」、あとから入ってきた漢音としての梅が「ばい」だそうです。そして「め」が「うめ」に変化したんですね。

1月30日に、埼玉県にある国営武蔵丘陵森林公園に行ってきました。ときどき行くんです。広いところでね。サイクリングのロードがあったり、四季折々の花が楽しめるところだったり、ポンポコやまはじめ、子供を遊ばせることができたりするところです。私が行くのは、ポンポコやまで孫を遊ばせるくらいなんですけど、その時は、まあ、ちょっとした仕事で行ったんです。

2月中旬からは、梅林が見物で、いろいろな種類の梅が楽しめます。30日、大半はまだつぼみだったんですが、一木だけ、紅梅が咲いていて、梅の花のいい香りを放ってました。

春は、近いですね。



角川選書  ¥ 1,620

百人一首、源氏物語、枕草子、徒然草……日本文化の奥深さに感嘆
第1部 正月
第2部 春
第3部 夏
第4部 秋
第5部 冬
第6部 京都文化

古代、梅は貴重な舶来品で、高価、かつ薬用としても有用な植物だったんだそうです。ですから必然的に、人々の生活圏に植えられて管理されていたんだそうです。そのため、在来種の山桜が野生であるのに対して、梅は人の手によって栽培されていたんだそうです。

そういう意味では、梅は桜よりも、断然身近な花だったんですね。万葉集においては、梅は桜の3倍、119首も歌に詠まれているそうです。

春たてば花とや見らん白雪のかかれる枝にうぐいすの鳴く 

梅にある“付加価値の一つ”と著者は言います。春になると、他の植物よりも早く花を咲かせることですね。上の歌では、まだ咲いてませんもんね。咲いてないのに、枝にかかる白雪を花に見立てて、一刻も早い春の訪れを願うんですね。

色よりも香こそあはれと思ほゆれたが袖触れし宿の梅ぞも 

梅にある“付加価値の一つ”。二番目は馥郁とした香りですね。身体の中からすがすがしくなるような、あの香。

君ならで誰にか見せん梅の花色をも香をも知る人ぞ知る 

平安時代になって紅梅が入ってきて、香ばかりではなく、色も鑑賞の対象となったんですね。

ああ、もう間近ですね。あちらこちらで梅の香りを楽しめるすがすがしい季節。そういえば、「匂い」という語。古語では臭覚だけではなくて、聴覚にも用いられていたんだそうです。この本の中で例を上げられて、自分の以前から、そういう歌に数多く触れていたことに気がつきました。

いにしへの奈良の都の八重桜けふ九重に匂ひぬるかな

敷島の大和心を人問はば朝日に匂う山桜花

節分ですね。暦の上では、今日からは春。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事