めんどくせぇことばかり 『つくりおき食堂の超簡単レシピ』 まりえ
FC2ブログ

『つくりおき食堂の超簡単レシピ』 まりえ

《つくりおき食堂》というのは、この本を作った“まりえ”さんが運営しているブログの名前だそうです。

まりえさんが、4年前、一人目のお子さんを妊娠している時に、体調の良い時に“つくりおき”をするようになったんだそうです。その後の子育ての中で、レンジだけで作れる時短おかずが中心になっていったんだそうです。そんなふうに、子育てに忙しくてじっくり料理に時間をかけられない人でも、すきま時間にサッと作れて、パッと味が決まる簡単レシピを紹介して、お母さん方を助けているんだそうです。

・・・いま、ブログにお邪魔してきました。

すごい。惜しげもなく、色々なレシピが紹介されています。お子さま用だけじゃないんですよ。筑前煮とか、・・・そうそう、この本の中でだって、切り干し大根や高野豆腐、ひじきに春雨と、乾物を多用してますよね。忙しい、その場しのぎの料理じゃないんです。栄養や、継承されてきた食文化を伝えることにもなります。

もう一つ、缶詰で目立つのがツナ缶ですね。野菜との組み合わせが良いみたいです。この本で、《やみつき無限キャベツ》という料理が紹介されてますが、ツナ缶とマヨネーズとごま油とめんつゆを合わせたもので、塩を振ってレンジして、ガラスープをかけたキャベツと合わせる料理です。

これやりました。たまたまキャベツなくて、この時期は白菜じゃないですか。白菜でやったんですが、本当に“無限”です。かつ、“やみつき”です。どんな野菜とやっても、間違いなくうまいです。



扶桑社  ¥ 1,296

レンジを使うとラクさが違います。赤ちゃんが泣いても抱っこしてあげられます。
PART 1 すきま時間で!20分でできるつくりおき献立
PART 2 TwitterでバズったつくりおきBEST30
PART 3 レンジを使って!5分!10分!でスピードつくりおき
PART 4 つくりおき『万能ダレ』で簡単!おかず
PART 5 1品で大満足!肉・魚介のつくりおきおかず
PART 6 栄養バランス満点!野菜のつくりおきおかず


《PART 4 つくりおき『万能ダレ』で簡単!おかず》は注目です。

紹介されている万能ダレは、《黄金比照り焼きのタレ》、《うまみそダレ》、《おろし玉ねぎダレ》、《塩レモンダレ》なんですが、これはどれでも間違いなくうまいです。

実は、《うまみそダレ》、《おろし玉ねぎダレ》は、ほぼ同様なものを使って料理をしています。《おろし玉ねぎダレ》はほぼ同様ですが、《うまみそダレ》は私のほうが遥かに簡単です。本では、〈みそ、塩麹、みりん、酒〉をあわせてますが、家では〈みそ、甘酒〉だけです。甘酒は孫が好きなこともあって、ほぼいつでもあります。

これは楽。豚肉でも、鶏でも、魚でも・・・。

私はいい歳になって、野菜を沢山食べることで食生活を変えようと思ってます。そんな私にとってもこの本は良いですね。なにしろ、まりえさんは、世のお母さん方を助けるために、子どもたちが野菜を食べたくなるようなレシピを沢山紹介してくれているからです。そう、《PART 6 栄養バランス満点!野菜のつくりおきおかず》です。

まったく、電子レンジはこんなに便利に使えるんですね。かなり驚きました。

そうそう、そのためにも、準備するものがありますね。容器です。油汚れが落ちにくいという弱点があるんだそうですが、やはり耐熱プラスチック容器があると良さそうですね。早速ホームセンターに行ってみよう。




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 料理の本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事