めんどくせぇことばかり 『蒼い空へ』 木本美紀
FC2ブログ

『蒼い空へ』 木本美紀

あの人の指に絡んでいた ゴールドの指輪を引き抜き この僕とともに歩いてと 無茶を言ったあの日
恐れなどまるで感じないで はげしさが愛と信じた 立ちどまることも許さずに 傷をつけたあの日
振り向けばあの時の 目に染みる空の青さを思う 悲しみの旅立ちに まぶし過ぎた空思い出した

いたずらで人を泣かせるなと 大人から頬を打たれた あの人も遠く連れ去られ 愛が消えたあの日
少しだけ時が過ぎ もう過去と言える恋の日々を 青空が連れてきた もう二度と会えぬあの人だろう

悲しみの旅立ちに まぶし過ぎた空思い出した

青空よ心を伝えてよ 悲しみはあまりにも大きい 青空よ遠い人に伝えて さよならと 

この《ブルースカイブルー》が、やっぱり一番かな。・・・もちろん、個人的にね。

男性歌手にしろ、女性歌手にしろ、私は歌謡曲が全盛期を迎える時期に、一緒に成長していった世代ですから、思春期の思い出の中に、これらの人たちは食い込んじゃってるんですよね。

《情熱の嵐》が流行ったのは、・・・1973年か。中学の2年ですね。サッカー部の部室で、エキスパンダーを引っ張るような振り付けを真似て踊ってたのを覚えてます。こっちのインパクトも大きいけど、年上のあの人を追いかけまわした私としては、《ブルースカイブルー》が頭の中を駆け巡ってましたからね。

ああ、今日も空が青い。

『蒼い空へ』    木本美紀

小学館  ¥ 1,512

63才という早すぎる人生の幕をおろした西城秀樹。妻が語る17年の壮絶なる闘病
第1章 最期の日まで綱渡りの3週間
第2章 芸能人との結婚
第3章 明かせなかった病状
第4章 家族全員で闘った
第5章 そして、今


奥さまは、2001年に、28歳で、17歳年上で、当時45歳の西城秀樹さんと結婚したんですね。

男女のことは、縁あってこそのものですしね。お二人には縁があったということですし、同時に、それだけ西城秀樹、じゃないんですね。木本龍雄さんが魅力のある男性だったと言いうことでしょう。

2003年に最初の脳梗塞を発症し、周囲の予想を裏切るほどに早めの再起を果たしたものの、2011年に2度目の脳梗塞を発症。以降は、厳しいリハビリを重ねつつ、できる限りの芸能活動をつづけたが、2018年5月に亡くなる。

これが、私の知るすべてでした。

西城秀樹も脳梗塞で倒れたのに、よく頑張ってるな。奥さんは、結婚してまもなく西城秀樹が脳梗塞で倒れてしまって、たいへんだっただろうな。その時期、お子さんも三人も生まれてたんだよね。

・・・なんてね。

そう思ってたんですよ。だから、やはり奥さまは、この本を出してよかったと思います。いや、とりあえず私は、出していただいてありがたいです。最初の脳梗塞以降、壮絶な闘病の日々だったんですね。

そのような体質をかかえていたからこそ、お二人は、とっても濃密な18年間の結婚生活を送ってきたんだろうと思います。その18年間が、必ずや奥さまの、そしてご家族の、一生の支えになっていくものと信じます。

秀樹に、感激!




にほんブログ村 政治ブログへ 一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


人生に必要なもの、一人の女性、一人の親友、一つの思い出、一冊の本。
その一冊。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本


















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事