めんどくせぇことばかり 『からだことば』 立川昭二
FC2ブログ

『からだことば』 立川昭二

三月二日、三日に大阪に行ったんですが、電車の中で読もうと思って、それにふさわしそうな本を何冊か買いました。この本もその中の一つで、結局、その時は持っていかなかったんですが、リサイクルのお店で買った本です。

それがペラペラって読んでみたら、なかなか深くて面白いんです。すぐ調べてみたら、すでに時価になってる本でした。

本当に、まだ最初の方をペラペラって段階なんですけど、とても興味深い内容があったんで、覚書代わりに書いておきます。

第二話の《「腹が立つ」「頭にくる」「むかつく」》という項目に関してです。私、三月二三日で五九歳になるんですが、今の怒ることを「むかつく」という言葉で表現する風潮が始まった頃のことを、体験として覚えています。私自身、その表現を、大変、奇異に感じたからです。

私にとって、小さい頃から慣れ親しんだ「むかつく」という表現は、兄たちに食べ負けないように欲をかいて、吐きそうになったときに使い言葉でした。吐き気がするってことですね。この本にも、六、七歳の子どもが「むかつく」と言ったのを、たまたま聞いたおばあちゃんが心配して、お腹の薬を取り出したってことが書かれてました。そのおばあちゃんの感覚は、私の持ってるものと同じです。

高校の教員になって、まだあまり立たない頃ですよね。とても滑稽な髪型の高校生くんが、少々異常な目つきで私を見て、「ムカつく」というのです。「吐きそう」と訴えかけられたと思った私は、その少々異常な目つきを、もはや一刻の猶予もないものと思い、「そうか、早くトイレに行け」と支持を出しました。滑稽は髪型も、気持ちの悪さに、たまらずかきむしったものかと・・・。

それが私に対する彼の衝動的な怒りの表明であるとは思いもよらず、「助けて」っていう求めと受け止めていた私でした。



早川書房  ¥ 時価

身体観をはらんだ「からだ」に関わる言葉から日本人像を浮かびあがらせる快作
第1話 からだことばが消えていく
第2話 「腹がたつ」「頭にくる」「むかつく」
第3話 「腹」と「胸」、神経とストレス
第4話 「気」と「息」、からだといのち
第5話 「肌感覚」と「皮感覚」
第6話 「肩」の心性史
第7話 「足」の文化、「腰」の文化
第8話 見る、視る、観る、診る、看る
第9話 聞く、聴く、訊く、効く、利く
第10話 ふれる、なでる、抱く、包む
第11話 ピアノをひく、風邪をひく、汗がひく
第12話 「からだ」「肉体」、そして「身体」
第13話 身のこなし、身にしみる、身をまかす
第14話 「気持ちいい」生き方
第15話 「疲れ」社会、「痛み」人生
第16話 ことばの治癒力
補講 作家とからだことば




一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事