めんどくせぇことばかり 『のっけレシピ ベスト190』 藤井恵 つむぎや
FC2ブログ

『のっけレシピ ベスト190』 藤井恵 つむぎや

やった~!のっけご飯の本が出た~。

って思ったら、のっけご飯の本じゃなくて、“のっけレシピ ベスト190”ということで、目次をご覧いただけば明らかです。のっけご飯は、“人気ベスト20”まで、そこからの170は“のっけ麺”、“のっけサラダ”でした。

とりあえず、今は、晩酌の最中。今日の肴は、“みょうがの梅干しあえ”です。この“みょうがの梅干しあえ”は、のっけご飯として紹介されている“しらす、梅干し、みょうがのっけご飯”の乗っかってる人たちから、しらすを除いたものです。みょうがの荒々しい香りに梅干しを和えると、なんだかとても上品な味わいになります。みょうがが高知産の大きなものだったので、梅干しは二つ使いました。この梅干しは、実家の兄の連れ合いの、新潟のお母さんがつけたものをもらったんですが、とてもうまいんです。

なにが言いたいかといいますと、ご飯に乗っけて美味しいもの、麺に乗っけて美味しいものって、当たり前だけど、そのまま食べても美味しいんです。

それから、のっけご飯、のっけ麺は、器一つで済ましてしまうわけですから、数種類のものをのっけて栄養のバランスを取ります。幾種類化の食材の中には、役割配分があって、自己主張の強いやつ、表には出ないけど存在感を示すやつ、全体をまとめて味に深みを加えるやつがいて、絶妙なのっけご飯、のっけ麺になるんですね。

組み合わせの妙と言っていいと思います。ご飯に乗っけようが、麺に乗っけようが、そのまま食べようが、うまいものはうまいんです。

今日の肴、“梅干し、みょうがの和え物”でいうと、みょうがが自己主張の強いやつ、梅干しは表には出ないけど存在感を示すやつですね。もとのレシピで言えば、しらすが全体をまとめて味に深みを加えるやつということです。



主婦と生活社  ¥ 1,296

早くて美味しい料理なら、ごはんはもちろん、麺やサラダだってのっけレシピ
1 肉のっけめん
2 魚のっけめん
3 卵のっけめん
4 缶詰・びん詰のっけめん
5 豆腐・油揚げ・納豆のっけめん
6 野菜のっけめん
7 汁のっけめん

1 朝のっけサラダ
2 晩のっけサラダ
3 つまみのっけサラダ
4 ちびのっけサラダ
5 常備菜のっけサラダ


料理の本は、どれくらい持ってるでしょう。私、いちいち本を見て、料理をするようなことはありません。押し入れに頭を突っ込んで、しまいこんだ本に埋もれて、一日を過ごすことがあります。そんなときに、過去に読んだ本に出てくる料理を振り返ることがありますが、基本的に私の料理は、本や実践から得られた現状の私にできるだけのものです。

そんなふうに料理をつくるときに、肝になる食材がありますね。

例えば、丼ものを作る時、まあ、いろいろな丼がありますが、多くの場合、卵でまとめればなんとかなりますね。卵は最強のまとめ役と言っていいでしょう。

そう、それが頭にあると、料理のまとめが楽ですね。

それぞれが役どころを変えることもありますが、卵は、先程も言ったように最強のまとめ役ですね。他のまとめ役というと、“ツナマヨ”も結構、統率力がありそうです。“しらす”は表には出ないけど存在感を示すやつではありますが、実は廻りをまとめる力も十分に持っています。“納豆”も統率力は高いです。叩いて、ひき割りにすれば、まとめる力が強まるでしょう。

私は時々、“納豆腐丼”を食べるんですが、この場合、まとめ役は豆腐の方だと思います。

以外なところでは、大根おろしです。大根おろしポン酢にすると、大抵のものはまとめられます。

忘れちゃいけないのは、タルタルソース。卵系になりますが、玉ねぎの代わりにたくわんとかの漬物系にしたり、ここに青じそやみょうがを混ぜると、それだけで完結してしまいます。

キャベツを始め、野菜たちを細めに切って、電子レンジにかけたものをマヨネーズであえたり、ツナを加えておくと、まとめ役として力を発揮します。

そんな観点から見ると、この本、かなり価値が高いような気がします。

次の肴は、焼いた油揚げに大根おろしポン酢をかけてみましょうか。・・・飲み過ぎそう。





一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 料理の本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事