めんどくせぇことばかり 『がんに打ち勝つ「命の野菜スープ」』 髙橋弘
FC2ブログ

『がんに打ち勝つ「命の野菜スープ」』 髙橋弘

たしかに、この手の本はたくさんありますよ。

かつて、股関節痛の痛みに苦しんでいる頃は、本屋さんでも、図書館でも、古本屋さんでも、少しでも関係している本があれば、すぐに買って、手に入れて帰りました。なかには、たしかにひどい本もありました。そう、「こっちの弱みに付け込んで・・・」って思うような本です。そういう本に腹が立っても、また関連している本があれば、手に入れました。

母が脳溢血で倒れたのは、私が三五歳のときでした。この頃は、足の痛みで山をやめるかどうかって頃でした。「今年の夏山はどうしよう」なんて考えてた六月のことでした。

急を聞いて駆けつけると、母はピーコン、ピーコン言ってる機会をつけられて寝てました。手術が難しい位置で、「出血した血が散ってくれるのを待つしかない」と言われました。

実は、今、振り返ってもあまり良く覚えていないんですけど、かいつまんで言うと、母は、医師が諦めかけた頃に目を覚ましたんです。左だか、右だかが動かなくなりましたが、気持ちも前向きになって、リハビリを始めたんです。ですが、母は結局、八月の終わりになくなりました。いったん、回復を喜んでいただけに、衝撃は大きかったです。死因は胃がんでした。がんは体中に転移していて、脳溢血もその影響ではなかったかと言うことでした。

気づいてやれなかったどころの話ではなく、三五歳にもなって、まだまだ心配ばかりかけている甘ったれでした。

パーキンソン病を患っていた母は、薬を飲んでいまいたが、父の話では、あまり医師の診察を受けたがっていなかったようなんです。カーテン一枚で、医師の声が筒抜けの当時の医院では、母の病が近隣の人の口にのぼることを防げず、医師にかかること自体を嫌がったそうです。気がついたときには末期がん、しかも、そこからはひと月も持ちませんでした。


アスコム  ¥ 1,404

日本きってのガンの名医が考案、治療の現場で患者さんが飲んでいる「命の野菜スープ」
第1章 免疫力アップ!血管も若返る!がんに打ち勝つ「命の野菜スープ」の作り方
第2章 「命の野菜スープ」でがんにならない体を手に入れる!
第3章 「命の野菜スープ」で体が変わった!
がんに負けない体、健康な体を手にした体験談
第4章 がん予防だけじゃない!
あらゆる生活習慣病を遠ざける「命の野菜スープ」の底知れぬパワー
第5章 これが決定版!がんを予防し健康に過ごすための生活習慣!


私は、股関節変形症による足の痛みで、山を始めいろいろなものを諦めていき、徐々に人と同じことができなくなっていく中で、ようやく、少し人の気持ちが理解できるようになったような気がします。それまでの自分ときたら、今考えると恥ずかしくなるようです。なんにも分かってなかったです。・・・母のことも。

現在の私はと言えば、五六歳で手術を受けて、諦めてきたものを、少しずつ取り戻そうという今日このごろです。酒が好きなこともあり、それ以外のところでは健康に気を使っています。ですが、こういう本を読んでいるからと言って、なにも、自分が長生きしたいわけじゃないんです。長生きしたいと考えるとか、考えないとかじゃなく、死ぬときまでやりたいことをやっていきたいと思っているだけです。

これまで厳しい時を支えてくれた連れ合いと一緒に、やりたいことをやっていきたいということですね。連れ合いの母は、三〇代で乳がんを患っていて、連れ合いも常々警戒しています。

母に関して言えば、心配のかけっぱなしで、逆に死期を早めてしまったかもしれない私です。今はただひたすら、連れ合いに元気でいてもらいたいです。できるだけのことはしたいです。

この間のみそ汁の本もそうですが、この本もそう。私も、健康の要は食であると思っています。しかも、野菜です。

「命の野菜スープ」は、すでに一週間続けています。朝はみそ汁にしてますので、夜の食事のときに、まず、「命の野菜スープ」をいただいてます。

めんどう?・・・めんどうではありますが、これからの私には、いくらでも時間がありますので・・・。



一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」

リンク

よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


なぜ、弱くても生き残れたのか?

じつに不思議なことに滅び去っていったのは強者である勝者たちだったのだ。

私たちは、その進化の先にある末裔である。

言わば敗者の中の敗者なのである。
カウンター
カテゴリ
ブロとも一覧
アジシオ次郎の時事原論
はりこのはやしや 
ハシビロコウ
素足のアイドル達
うさぎ屋の四方山話
わくわく株式投資
プロモデラー林哲平のジャンクロボット創作ブログ『ケルバーダイン』
大好き!グラビアアイドル!
伊織のブログ
Re:BAD TASTE♥
QWERT 5w1h
「伝わる技術」オトデザイナーズ・坂本真一
歌と知恵でハッピーライフ^^
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






























































検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事