めんどくせぇことばかり 『死生論』 曽野綾子
FC2ブログ

『死生論』 曽野綾子

ずい分前だけど、西部邁さんの『死生論』という本を読みました。

題名に、そのまま“死生”という言葉がついていると、なんだかやっぱり異様です。死んだ人が“死生”を見つめると、主に“生”を見つめることになるんでしょうが、生きている人間が“死生”を見つめると、それはやはり“死”を、余分に見つめることになると思うんです。

西部さんの本も、しっかり意識に残ってるわけじゃないんですが、“死”をどう捉えるかという本だったように思います。一九九四年の本ですね。私は個人的に悩み多い頃だったんですが、本音を言うと、“死”を考えるというのは、個人的には怖くて嫌なんですが、当時、話題になっていた、がんの告知、尊厳死、脳死、臓器移植について、西部さんの考えを知りたくて読みました。

だけど、それらのことよりも、記憶に残っているのは、この本の中で、西部さんが自殺を意思的な死として、肯定していたということです。そして、その考えの通り、西部さんは二〇一七年に、意思的な死を実行に移して亡くなりました。

曽野綾子さんは、西部さんのように、自分の意識で死を選び、それを実行に移すということはないでしょう。キリスト者ですからね、曽野綾子さんは。でも、ずいぶんと“死”に近寄りすぎているように思います。

ちょっと、心配です。

長い高校での教員生活の中で、何度か生死に関わる問題に遭遇しました。それらの中で、二人ほど、“死”に、自分から近づきすぎた生徒がいました。近づきすぎた理由は、いじめであったり、容貌に関する劣等感であったり、複合的なものだと思います。だけど、いったん近づきすぎた“死”に、その子たちはとらわれて、逃れられなくなっちゃったんです。

一人の子は卒業しましたが、“死”にとらわれた生活からようやく抜け出すことができたのは、高校を卒業して一〇年も過ぎてからのことであったようです。もう一人は、高校を卒業する前に、自分でけりをつけてしまいました。

『死生論』 曽野綾子

産経新聞出版  ¥ 1,080

人間には自分が果たすべきだった任務を果たして死ぬという大きな使命がある
①  途方もない解放
②  人間の弱さといとおしさ
③  「不便さ」の効用
④  善良で最悪な社会
⑤  どこまでが「ひとごと」か
⑥  スローモーションの生き方
⑦  危機に学ぶ
⑧  職業に適した年齢


《少人数の特殊部隊が目的を果たして基地に帰投した場面で、最後の場面は立った二つの言葉で締めくくられていた。「ミッション・コンプリート」(任務完了)という意味だ。私はこの簡潔な表現に思いがけず感動した。私が死んだとき、誰かが私の胸の上に、手書きで書いたこの言葉を載せてくれないかと思う。人間の任務は、キリスト教の私から言うと、神から与えられた任務だ。どんなに小さなものでも、汚れたものでもいい。神からの命令はどれも重く、深い意味がある》(p56)

《人間として生まれたかった魂は他にも数限りなくあって、「私」はその中の途方もなく幸運な一人だった、という説を読んだことがあるが、そうした現世に生きているうちには分からなかったカラクリが、生死の境目に、一瞬にせよ明確に見えたら、それはまた途方もないドラマに立ち会えることになるだろう。私は現世の一部を味わって生きた。しかし真実の意味は、少しも分かっていなかったとも思えるのである》(p62)

《物が多いのは、要るものと要らないものとの仕分けができていないからだ。私は昔より少しそれがうまくなった、と思ってはいる。死に際になったら、もっと瞬時にそれができるようになる筈だ。ならなくても、すべては要らないものになる、ということが分かる。人間に生きる時間が与えられているということは、そんな単純なことさえまだわかっていないからだ。だから自殺はいけない》(p80)

っていうような具合なんです。曽野綾子さんはキリスト者ですからね。自殺なんてしないと思います。だけど、ご自身の命の終わる瞬間を、「楽しみにしている」というか、「心待ちにしている」ってのは、何だか間違いないように思えるんです。

今生きていることよりも、やがて死ぬ時を心待ちに生きるって、今の私には、とてもその心境にはなれそうもありません。私は死ぬその直前まで、明日はそんな面白いことをやろうか考えている方がいいです。




一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

曽野綾子さん 夫君の言葉が・・

暫くでした。亡き曽野綾子さんの夫君 三浦朱門さんの「老ゆれば 自由に死ね
ばよいのだ」のお言葉が、今も拙脳裏に突き刺さっています。

死生観の問題に関する曽野さんのご見解は、恐れながら雑誌でしか拝見してい
ませんので多言は控えますが、先に逝かれた夫君、そしてご自身も「死」と現実
的な向き合いをされているのは、拙的には学びたい所もゼロではありませんで。

安易に「死」に近づくべきでないのは分かりますが、一方で いつまでも心身の
自由が保障される訳でないのも事実です。ご紹介頂いた 西部さんと曽野さん
の著書は、もう少し時間ができたら 是非拝読して己の死生観を振り返るきっか
けにしたい想いもありまして。

最後に、西部さんの最期は 正直衝撃でした。やはり故人の、三島由紀夫さん
や川端康成さんと同一視する訳には参らないでしょうが「潔い方だ」との印象は
、常に拙脳裏にありますね。異論覚悟で 拙的には「あれは考え抜かれた最期
だった」との想いを新たにする所です。改めて、三浦さんと西部さんのご冥福を
お祈りするものであります。

HAKASE(jnkt32) さま

コメント、本当にありがとうございます。
おっしゃるところ、よく分かります。しかし、私、曽野綾子さんには、これまでのように世間を叱り飛ばす方であってほしいのです。事実、本の中で、それをなんとなく仄めかしているところもいくつかあるのですが、それ以外のところでは、やはり世間に怒りをぶつけてらっしゃるのです。その二つの思いの間で、曽野さんは揺れ動いているように思われました。
読んでいて、少し、悲しく感じました。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事