めんどくせぇことばかり 『ここから世界が始まる:トルーマン・カポーティ初期作品集』
FC2ブログ

『ここから世界が始まる:トルーマン・カポーティ初期作品集』

高校のときに、映画の《ティファニーで朝食を》を見ました。

《ローマの休日》を見て、オードリー・ヘップバーンの可愛らしさに魅せられてしまい、その後、名画座にかかった《ティファニーで朝食を》を見に、いそいそと映画館に足を運びました。だけど、人生に酸いや甘いがあることさえ知らないような若造に、一四歳で結婚だ、男をとっかえひっかえだ、ゲイだ、ホモだとなると、まるで他の星の話でした。印象に残るのは、ただただ、ポスターにあったオードリー・ヘップバーンの正面からの、どこか小悪魔的でさえある魅力的な顔ばかりでした。

その後、ずいぶん経ってから、トルーマン・カポーティという人の書いた『遠い声 遠い部屋』という本を読みました。《ティファニーで朝食を》を見てから、“ずいぶん経って”とは言うものの、まだまだどっぷり大人の常識に胡座をかくところまではいけない中途半端さを残した頃でした。そのせいか、カポーティの描く少年の心のひだが、まるで自分の中にあるものであるかのように感じさせられたのです。

映画《ティファニーで朝食を》の元になる本を書いたのが、『遠い声 遠い部屋』と同じ、トルーマン・カポーティであるということは、その時ようやく知りました。

それをきっかけに、トルーマン・カポーティの書いた本を何冊か読みました。中には、私にとってはめくりたくない心のひだもあって、・・・と言うのは身につまされてしまってね。それでも、外国の作家さんで、追いかけて読んだのは、トルーマン・カポーティくらいかなぁ。


新潮社  ¥ 2,052

恐るべき才能の原点。「早熟の天才」は、デビュー前の若書きも凄かった!
分かれる道
水車場の店
ヒルダ
ミス・ベル・ランキン
もし忘れたら
火中の蛾
沼地の恐怖
知っていて知らない人
ルイーズ
これはジェイミーに
ルーシー
西行車線
似た者同士
ここから世界が始まる
編集後記 デヴィッド・エバーショフ
作品解題 ヒルトン・アルス
カポーティ略伝
訳者あとがき 小川高義
天才作家の天才的習作 村上春樹


短編集はとてもいいですよね。

カポーティがそうだったみたいで、不遇の幼少年期をおくったみたいですね。そのせいか、いつもカポーティの描く人間像は、社会の隅の方を生きてきた、あるいは生きてます。《ティファニーで朝食を》の主人公もそうだったけど、カポーティはそういう人間の心に寄り添うことができるんですね。

書き手はその人自身であったり、あるいはまた、その周辺で、その人を気にかけながら行くている存在だったりします。“その人自身”である場合、やがてくる結末を、心の何処かで必然として受け止めていて、なんでもないことにもビクつき、精神的に自分で追い詰めていってしまったりします。どこか、『罪と罰』のラスコーリニコフの屈折に似ているようなきもします。

この、『ここから世界が始まる:トルーマン・カポーティ初期作品集』 は、本当に初期も初期。なにしろ、このうちの七作はカポーティが高校生の時の文芸誌に掲載されたもので、すべたが二十代はじめまでのものだそうです。

なんか、読みながら感じた手応えからすると、まあ、短編集ですから短いんですが、本当に短いんです。一個一個の話に書かれているのは、多くが、一つの場面なんです。その場面で、どう書けば、読む者の心を動かせるのか、それを模索しているような、手探りしているような気がしました。

そうやって書くたびに、もっといろいろなことを試してみたいって、そんな時期だったんじゃないでしょうか。




一喜一憂。ぜひポンとひと押しお願いします。
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事