めんどくせぇことばかり 『知りたくないではすまされない』 江崎道朗
FC2ブログ

『知りたくないではすまされない』 江崎道朗

戦争に負ける前の日本は、日本を取り囲む複雑怪奇な国際関係に翻弄されながらも、その複雑怪奇な化物に、自分の力で立ち向かっていた。

帝政ロシアを打ち負かしたんだよ、かつての日本は。友人の小室さんのおじいさんは二〇三高地の生き残りだったそうだ。赤化したソ連の東方への拡大を一手に引き受けて食い止めていたのは日本。

“中国”や韓国については、もう言われ尽くした感さえある。それでも分かってもらえないのは悲しいけれど。朱子学の毒にやられきった“中国”に近代化の示唆を与え続けたのは日本だよ。韓国も含めて、日本人が侵略しただの、差別されただの言うけど、あの状況で、あの程度で済んだのは、過ぎるほどの日本人の人の良さを証明するものでしかない。

その朝鮮半島は相手にもされなかったけど、“中国”はまさにアジアの火薬庫。イギリス、フランス、ロシア、アメリカが入り乱れる中で、日本も自力で立ち回ってた。

それが今じゃあ、どうよ。

北朝鮮のミサイルが日本に向けて発射されたら、アメリカ軍にやっつけてもらうの?

“中国”が尖閣諸島を狙ってきたら、アメリカ軍に追っ払ってもらうの?

そんなわけ、あらへんやろ!(大木こだま調)



KADOKAWA  ¥ 1,512

知りたくないけれども、これを学ばなければ日本と世界の未来は見抜けない!
第1章 国家は同盟国を見捨てることがある
第2章 海外メディアの報道を信じてはいけない
第3章 日本人が知らない、もう一つのアメリカ史
第4章 国際情勢を先取りする米インド太平洋軍
第5章 インテリジェンスが国際政治を揺るがす
第6章 政治を左右する経済・景気の動向
第7章 アメリカは敵と味方を取り違える天才だ
第8章 未来を読み解く「DIME」という考え方
終章 日本だけが手にしている「三つのカード」


著者の江崎道朗さんは、二〇年以上前に、七〇歳過ぎの米軍の元情報将校と知り合いになったんだそうです。その元将校から、こう聞かれたそうです。

「原爆のことをどう思っているか」

私はこれまでに、五回ほど広島の原爆資料館に、一回長崎の原爆資料館に生きました。館内で白人の入館者を見た時、怒りがこみ上げて、下を向いてしまった記憶がある。・・・上記のように聞かれた江崎さんは、次のように答えたそうだ。

「あんなひどい戦争犯罪は許せない。同胞をむごたらしく殺されたのだから、いつか復習したいと思っているが、今は同盟国なので我慢している」

元将校によれば、「過去のことだから忘れよう」とか、「そもそも日本が悪かったのだし、戦争中のことなんだから仕方がない」というような答えばかりなんだそうだ。元将校にすれば、自分はいざとなれば、日本のために命をかけることを義務付けられている立場なのに、日本人は自分たちを仲間だと思っていないから、本音を語らないのだと、そうおもったそうだ。

もうすぐ還暦を迎える私よりも上の世代がそう答えたのなら、可能性として、アメリカ人には本音を語らないということもあったと思う。でも、私よりも下の世代がそい答えたとすれば、それはおそらく本心だろう。

広島、長崎が原爆で焼かれ、東京が大空襲で焼き尽くされた。いずれも民間人を対象にした残虐な殺戮行為だ。かつてインディアンに対してやったことを、日本人にもやったのだ。「過去のことだから忘れよう」としているのは、自分をやった側に立てているんじゃないか。やられた側でそんなきれい事が出てくるもんか。結局は、本音を語っていないとしても信用できないし、本音を語っているとしても信用できないということだ。

たとえ同盟関係があったとしても、日本人を守るためにアメリカ人が死ぬのは、おかしな話だ。死にものぐるいで戦う日本を助けることが、アメリカにとって将来とても大事なことである場合のみ、それはありうる。

死んだ人の悪口は言いたくないが、この人は例外にすべきだという人が何人かいる。フランクリン・ディラノ・ルーズベルトもその一人だけど、彼にしたって、ヨーロッパの戦争に首を突っ込んだのには理由がある。

結局、ニューディールでもアメリカの景気を支えることができなかった彼は、戦争にかけた。事実、戦争が始まると、アメリカは未曾有の好景気を迎える。戦後の世界秩序の構築に当たり、国際連盟によるヨーロッパ中心の世界体制を葬り去り、United Nationsに多くの国を吸収して、自分が世界を牛耳っていく。彼はそのためなら、スターリンにさえ媚を売った。あれは、ヒトラーの戦争じゃない。フランクリン・ディラノ・ルーズベルトの戦争だ。・・・なんて私は思うんだけど。

興奮して、話がシッチャカメッチャカになってしまった。つまるところ、自分の国は自分で守るんだ。それ以外はない。よく、カルタゴが例に挙げられる。国防を傭兵に頼ったカルタゴは、新興国家のローマに滅ぼされた。それでも、ハンニバルはローマをギリギリまで追い詰めたいたんだ。自分の国を守るために、自分の意志で戦うものは強いということだ。




関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事