めんどくせぇことばかり 『知りたくないではすまされない』 江崎道朗
FC2ブログ

『知りたくないではすまされない』 江崎道朗

戦後の日本は、恐ろしく腰が引けてきたんだな。あらためて振り返ると、本当にゾッとする。

ケネディ大統領時代のアメリカは、共産主義に対して、遅ればせながらではあるんだけど、大きな危機感を持っていた。この本によれば、ジョンソン副大統領がケネディ大統領に次のように断言したそうだ。

《東南アジアで力と決意を持って共産主義に対し戦いを開始しなければならない。さもなければアメリカは必ず太平洋を明け渡し、自分たちの国土で守りにつかなければならなくなる》《フィリピン、日本、台湾の安全は失われ、巨大な太平洋は赤い海となる》

その上でケネディ大統領は、来日した際に、池田勇人首相に、「日米両国は・・・共産主義のアジア支配を阻止するためにどんな役割を果たすことができるか」と意見を求めたんだそうだ。

池田首相は、「日本人の大部分は自分たちを侵略者だと思って・・・」と、そんな答えしかできなかったんだそうだ。ああ、米による
War Guilt Information Programと、ほぼ亡国に近い敗戦の相乗効果とはいえ、同盟国がこんな腰抜けではアメリカも大変だったろう。

一九六四年には“中国”が核保有国となり、一九六七年には水爆の実験にも成功している。これらはみんな、新疆ウイグル自治区でやってるんでしょ。あの“さまよえる湖”ことロプノールこのあたりでやってるんでしょ。

この頃アメリカは、ベトナム戦争に介入して疲弊し、自信を失いつつあった。アジアの共産化が進む中、ニクソン大統領は、日本が憲法を改正してアメリカとともに共産勢力と戦うつもりならば、日本の核武装も認めることを検討していたらしいという。“中国”が水爆実験に成功した一九六七年のことだ。

そしてその年、ニクソン大統領の思惑をあざ笑うかのような動きがあった。佐藤栄作首相に対して公明党議員から、非核三原則を明確にすることを求める質疑があった。さらに社会党議員が小笠原諸島への核兵器の持ち込みを追求し、佐藤首相は非核三原則を明らかにした。

一九六九年、佐藤首相の訪米で、一九七二年の沖縄返還が決まる。そんなやり取りの中でも、ニクソン大統領は盛んに日本の核武装容認を匂わせる。核武装云々は、実際には核そのものよりも、かつて、・・・と言うのはアメリカが日本をぶっ潰してしまう前のことだけど、その頃のように、日本に共産勢力と戦う気概を示してほしいということだろう。そんなニクソン大統領に、佐藤首相は、「日本の国会と国民の圧倒的多数が核兵器に反対している」と弁明せざるを得なかった。

かつて日本は、アジアでも拡大するソ連の驚異に、孤軍奮闘で立ち向かってた。その日本に後ろから切りつけたのがアメリカだった。アメリカが悪い。とはいうものの、日本もここまで豹変しなくても良さそうなもんだけど。

《日本がアメリカとともに戦う意志がないことを知ったニクソンは、ソ連の脅威と戦うために、次善の策として、中国共産党と組むことを決断した》

・・・そういうことだったんだ。



KADOKAWA  ¥ 1,512

知りたくないけれども、これを学ばなければ日本と世界の未来は見抜けない!
第1章 国家は同盟国を見捨てることがある
第2章 海外メディアの報道を信じてはいけない
第3章 日本人が知らない、もう一つのアメリカ史
第4章 国際情勢を先取りする米インド太平洋軍
第5章 インテリジェンスが国際政治を揺るがす
第6章 政治を左右する経済・景気の動向
第7章 アメリカは敵と味方を取り違える天才だ
第8章 未来を読み解く「DIME」という考え方
終章 日本だけが手にしている「三つのカード」


レーガン大統領と中曽根首相のときは、二人は「ロン」「ヤス」と呼び合って、「日本はアメリカの不沈空母」なんて中曽根さんが言ってたみたいに、通じ合ってたように思ってた。でも、だいぶ違ってたんだな。著者が、《当時のレーガン政権と中曽根政権は、蜜月のように良好な関係だったかのような印象を抱いている方が多いだろう》とかいているが、私なんかまさしくそうだった。

レーガン大統領も、かつてのニクソン大統領のように、アジアの安定のためにも強い日本を望んでいた。なにしろソ連がアフガニスタンに侵攻し、東欧諸国にも圧力を強めていた。日本だって、ソ連の北海道侵攻を前提とした自衛隊の防衛計画があったくらいの時代だった。

レーガン大統領は、ソ連との冷戦に打ち勝つために、同盟国である日本に防衛協力を求めた。しかし、中曽根首相はその求めに応えなかった。そのかわり中曽根首相がやったことは、アメリカの武器をたくさん買った。お金を払って勘弁してもらったんだな。そんな日本の姿勢に、レーガン大統領も“中国”を選択した。米中の秘密協力は、レーガン時代に頂点に達したという。

《アメリカから「ソ連の驚異にともに立ち向かおう」と呼びかけられたとき、その申し出に日本は真剣に向き合わなかった。その一方、中国は呼びかけに応え、アメリカとともにソ連の驚異に対して武器を手に戦った。そこでアメリカは[同盟国]の中国に惜しみなく軍事援助を行い、軍事技術を提供した。その結果が、現在の中国の軍事的対等なのである》

・・・ということのようなんです。今、“中国”、韓国、北朝鮮、ロシアとの間に問題を抱えている。・・・周りの国全部だな。四面楚歌ってやつだ。そういう状況にもかかわらず、何一つ自己決定できない。

「国民が望んでいない」ってのは本当だった。嘘じゃない。だけど、国をあげて逃げてきたから、今のような状況になったんだな。それは間違いなさそうだ。




関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


「沖縄の人は優しい」と皆が口をそろえる中、なぜ、自殺率やいじめ、教員の鬱の問題は他の地域を圧倒しているのか。
誰もなしえなかったアプローチで、沖縄社会の真実に迫る。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本






















































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事