めんどくせぇことばかり 帰省した息子と棒ノ嶺に行ってきた
FC2ブログ

帰省した息子と棒ノ嶺に行ってきた

関西の企業に就職した息子が帰省する。就職してから山をはじめて、最近はずいぶん頻繁に登っているらしい。この機会に、はじめて息子と二人で山に登ることにした。

家は、連れ合いがインドア派なので、何度かキャンプはしたものの、子どもを山に連れて行くことはなかった。そのうち私自身が山を諦める羽目になって、そのままっていう感じ。

連れ合いは、ただアウトドアが嫌いとか、山が嫌いとかじゃなく、年老いた連れ合いの両親と同居していたので、面倒を見なきゃいけなかったしね。だから、両親を見送って、私が足の手術をしたあとは、一緒に半日ほど山歩きすることもある。

息子は、そんな親の事情とはまったく無関係のところで、山を始めた。就職をしてから、いろいろな趣味ごとに誘われて、とりあえず一通り経験した中で、今は山に行きたくて仕方がないということのよう。

今回の山行も、息子から誘ってきた。連休中、私は山には行かないつもりでいた。遠出して渋滞に巻き込まれたくないし、山ブームで混雑した中に巻き込まれたくない。でも、この誘いは嬉しかった。

孫も遊びに来ている折でもあるので、あまり時間をかけずに登れて、しかも折角だから印象の残る山がいい。もちろん、混雑に巻き込まれないことも条件の一つ。

うってつけの山がある。棒ノ嶺に白谷沢から登ってみよう。沢登り感が味わえるからな。

・・・というような話は、何日か前、ラインでのやり取りの中でのこと。山に行くのは二十九日。息子が帰るのは二十八日深夜。二人分の装備は、着るものに至るまで、前日に済ました。

朝は四時半に起きて家族の分のみそ汁を作り、とりあえず先に食べる。五時十五分、息子を起こして飯を食わせる。なんとか六時前に家を出発。

小一時間で名栗、さわらび温泉手前のやませみの駐車場に入れさせてもらう。すでに一〇台を超える車が停まっている。本当に人気なんだな。
ヤマセミ駐車場2 

ヤマセミ駐車場 
先着の何組かの出発を見送り、我々も七時前に歩き始める。

有間ダム、・・・どうも言いつけない。ついつい名栗湖って言ってしまう。昨日のNHKは、朝から曇りと予報していたけど、晴れている。なんとかこのまま山頂に立ちたいな。
有間ダム 

ダムを向こう側に渡って、ダムに張り出した尾根を一つ回り込むと、これから上がっていく尾根が見える。上部に山桜が咲いているようだ。あそこにたどり着くのが楽しみだ。・・・その前に、白谷沢を楽しむ。これから上がる尾根


できる限り、舗装道路は登山靴で歩かないと決めた。なにしろ、底の張替えに一万五〇〇〇円だからね。以来、予備の靴を使ってるけど、予備の靴でも舗装道路は歩いていない。底を張り替えた靴は履いてさえいない。

息子には「靴を持ってくる必要はない」と言っておいた。大きさは問題なくて、私の靴は最初からまったくストレスを感じたことがなかったから、きっと息子が履いても大丈夫。・・・結果、まったく問題なかった。登り口で登山靴に履き替え、山道に入る。登山口

しばらくは通常の山道。特に沢の音も近くない。空気の感じはヒヤッとしていて気持ちいい。しばらく歩いて沢に出る。ここからは、ゆっくり行って沢登り感を楽しみたい。
最初のゴルジュ手前 
第一ゴルジュにあう 
最初のゴルジュ 
第一ゴルジュ
第一ゴルジュを上がる 

整備されて一般道になってしまっていると行っても、もともとがとても気持ちのいい沢。こういうのははじめてだったみたいで、息子の顔も晴々としている。ここにしてよかった。二人の登山だとお互いの写真を取れるんだな。そんなことに感心してしまう。

基本的に、当然私のペースで、私が前を歩いた。ゴルジュのところではお互いの写真を取りながら、前後して進んだ。息子のとった私の写真は問題なかったが、私のとった息子の写真は多くがボケていた。・・・申し訳ない。ボタンを押すだけなのにね。
第二ゴルジュ手前二番目のゴルジュに向かう
二番目のゴルジュに向かう1 
第二のゴルジュの巻く階段 
二番目のゴルジュを高巻きする階段 

そこを越えると、そろそろ楽しかった“沢登り”は終わり。“沢登り”に付きものの、急なだけの上り坂が待っている。そうそう、ここを尾根筋に上がれば、下から見た山桜が待っているはず。頑張ろう。
林道から上へ 

山桜の写真は取り忘れたが、きれいだった。息子の前で無様にバテるのは嫌だから、あとから来た人に先行されても、とにかくゆっくり登ることを意識した。おかげで山桜を愛でつつ、岩茸石に到着。ここからは思い切り登ってみよう。

岩茸石
岩茸石から上へ 

最後の急登はかなりスピードを上げたが、気持ちよく登れた。沢、それから岩茸石までを、楽しんで登れたのが良かった。息子と一緒で気持ちよく登れて本当に良かった。山頂は晴れていた。埼玉側の山がよく見えた。桜も咲いていた。もったいないから山頂はゆっくりした。棒ノ嶺ラーメンは、なかなか美味かった。山頂より
山頂 
棒ノ嶺ラーメン 

孫の顔がよぎって、名残惜しいが、下山を始めた。南の方から雲が広がってきた感じもある。下山を始めると、登ってくる人がたくさんいる。岩茸石まででもずいぶん道を譲った。おそらく始発バスの人たちだろう。ゴルジュのあたりで時間待ちは嫌だから、岩茸石から河又に下りる道を選択。植生の違い

滝の平尾根という名は、下山してから道標で知った。おおむね眺望はなかったけど、一度だけ名栗湖が見えた。気持ちい景色だけど、「あそこまで下りるのか」って感じも。下山途中
名栗湖 

白谷沢を下りると狭い沢の混雑を味わうことになるからね。だけど、こっちの道はこっちの道で難がある。まるであみだくじのように張り出した木の根っこが、自分のペースで歩くことを許してくれない。「あー、もう!」と思いつつもがまん強く足場を選択していく。河又への下山路

・・・、・・・、・・・。

百回目の「あー、もう!」っと我慢が限界を迎える頃、ようやく先が見える。川でバーベキューをしている子どもたちの声が聞こえてくる。
下山 河原でバーバキュー 
道標
車を置かせてもらったヤマセミの駐車場に戻る。お礼代わりにまんじゅうを購入。息子にも、それなりに印象の残る山歩きだったようだ。もしも、一緒に登るのが、これが最後になってもいい。とても楽しく山に登れた。

この日歩いたのは、以下のようなコース。4月29日白谷沢から棒ノ嶺地図




関連記事

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

意に反しているかも知れませんが
奥武蔵の宣伝をしていただいてありがとうございます。

この山は飯能側(白谷沢)から登ると 棒ノ嶺 ですが、最近の地図には
 棒の折山 などと記されている場合もあります。
この地域で育った者は昔から 棒ノ嶺 なんですがね。

元号が令和になり、たまたま新天皇が2回も登られた山としても
知られています。

機会がありましたら冬季に登られると日光の雪山もみられますよ。

奥武蔵の山人さま

コメントありがとうございます。
最近、自業自得とは言え、当ブログもめっきり寂しくなってきた折、コメントを頂いて、なんだか心が浮き立ちます。

“棒の折”とは、男としてはなんとも情けない。マカ、あるいは赤まむしが必要になりそうな名前ですね。

白谷沢があそこまで整備されたのは、今上さまが登られたこととも関係があるんでしょうか。高校の時に先輩に連れてきてもらったかすかな記憶があるんですが、全然印象が違うんです。多くの方に楽しんでもらえるとても気持ちの良いコースですね。沢上を詰める登りは、毎回、嫌になりますが。

冬の景色が楽しみです。平日の晴れた日を選んで、必ず登ります。

ありがとうございました。

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事