めんどくせぇことばかり 『「日本人の体質」研究でわかった長寿の習慣』 奥田昌子
FC2ブログ

『「日本人の体質」研究でわかった長寿の習慣』 奥田昌子

長寿をテーマにした本です。

私は今、還暦手前ですが、私が子供の頃なら、現在の私の年齢は、十分、短い老い先のことを考える年齢だったでしょう。“死んでしまう”ということが怖くてたまらなかった一〇歳前後の子供の頃、「大丈夫、僕にはまだ五〇年位ある」と、当時であればほぼ永遠に近い時間を思い浮かべました。「六〇歳くらいまでいきたら、死んでも文句は言えない」って感覚が、確実にありました。

その文句は言えない歳が、目前に迫ってます。・・・どうしよう。

まあ、それは子供の頃の感覚で、男の人の平均寿命は八〇歳を超えてるんですからね。父はその手前で死んでしまいましたが。女の人にいたっては八七歳だって。母は六六歳で死んでしまいましたが。

父や母が死んでいく様子を見て、やはり死ぬことを意識したときは無念であったようです。若かろうが、歳をとっていようが、生きている以上、明日も生きることを前提としているのが当たり前のことですから、無念でない死など、あるはずがないんでしょう。そのうえで、誰もがそれを受け入れていくわけです。

長寿であろうが、なかろうが、同じことです。長寿、それはあくまで結果です。

その無念を飲み込むその時まで、できうる限り健康で、明るく楽しく生きていくことが希望です。誰でもそうですよね。やむにやまれぬ激しい思いに押し流された時代も終わり、今なら穏やかに、自分にとってより良いものを選択できそうです。酒を除けば・・・。

より良いものを選択しようとする時、当然、長寿というのは一つの目安になるでしょう。もしかしたら、この本に書かれたやり方で、その無念を受け入れるときまで、いや、受け入れたその後も、明るく楽しくいられる、・・・かもしれませんよ。


青春出版社  ¥ 1,058

海外の長寿食や長生きしている人の健康法を取り入れて、本当に効果はあるのか
第1章 日本人ならみんな長生き?平均寿命の大誤解
第2章 世界の長寿食で、日本人も長生きできるか
第3章 遺伝、環境…寿命の決め手が見えてきた!
第4章 「日本人の体質」に合う、健康寿命を延ばす食生活
第5章 最新医学でわかった!老化のしくみ
第6章 人生100年時代を健康に過ごすための生活習慣


NHKでやってた、"人体”っていうシリーズの第二弾《遺伝子》っていうのを見ました。そう、山中伸弥先生とタモリのやってる番組です。この間やった第二回目は、音楽の才能を開花させるとか、運動神経を伸ばすとか、記憶力を高めるとか、遺伝子には色々なスイッチがあって、何らかの影響でそのスイッチがONになったり、OFFになったりしてるってことでした。

中にはがんを抑制するなんてスイッチもあって、これを人工的にONにすることでがんを治療するなんて言う、実際にそんな治療方法があるんだそうです。

そのON,OFFは、たとえ一卵性双生児であっても違いが出てくるらしいですよ。だけど、そうなりやすい体質っていうのは、例えば人種であったり、民族であったりの特徴があるようです。

特に日本のような島国だと、その特徴は顕著になるでしょうね。

日本人はもとから長寿です。戦後になって平均寿命がぐんと高くなったのは、もともとの長寿体質に加えて、幼児死亡率が劇的に下がったからだそうです。日本人の長寿を支えているのが、動脈硬化になりにくいという体質なんだそうです。比較的若い段階で心筋梗塞になりやすい欧米人に比べ、日本人は年をとってからがんで死にます。これが欧米人と日本人の寿命の差だそうです。

女子のマラソンや長距離種目で、腹を出して走ってる白人のお嬢さんがを見ることがあります。あれ、日本人はダメみたいですね。すぐ終わるんならいいかもしれないけど、当たり前に考えれば、お腹が冷えちゃいます。白人のお嬢さんは、冷えないんだそうです。おかしなもんですね。

私は残念ながら、牛乳の分解酵素が少ないみたいです。特に朝、牛乳飲むと、ピーピーです。日本、及びアジアは、おしなべてそうみたいですね。ピーピーにならない人でも、欧米人と同じように、牛乳の恩恵を受けられているわけではないみたいですよ。日本人は、アルコールに弱いみたいですね。いつの頃からか、アルコールの分解酵素がないという話もよく聞くようになりました。でも、日本人が分解できる海藻類を欧米人は苦手にしているようですよ。

脂肪が皮下に蓄積されやすいヨーロッパ人に比べ、日本人は内臓に溜まりやすいんだそうです。どうも、私たち日本人が、努めて気にかけなければいけないのが、この内臓脂肪のようです。内臓脂肪が増えると血圧を上げ、血糖値をあげ、動脈硬化を進める物質が排出されるんだそうです。本来、日本人がなりにくい動脈硬化が進むことで、脳梗塞と、本来欧米人に多い心筋梗塞が発症しやすくなるんだそうです。そうならないのが、日本人の強みのはずなのに・・・。

海藻、緑黄色野菜、大豆、魚。食生活はそのあたりをまんべんなく。それだけ食べてりゃみんな長生きということではありません。遺伝の要素だってあるし、えんぶんの摂取、喫煙、飲酒、ストレス、いろいろな要因があります。“人体”っていう番組の中でも言ってました。遺伝子ですら、スイッチのON、OFFは後天的に変えられるって。

できるだけいい環境を揃えていくってことが肝心なんでしょう。・・・若い頃じゃ、絶対にできなかったけど、今なら八割くらいはできるかもしれない。

細かいところは、是非この本を読んで下さい。




関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事