めんどくせぇことばかり 2019年7月 『スプートニク』に登場する北方領土
FC2ブログ

2019年7月 『スプートニク』に登場する北方領土

2019年 《スプートニク》に登場する北方領土


7月5日
ロシア、南クリル関連でG20大阪サミット資料に抗議
https://jp.sputniknews.com/politics/201907056437421/
ロシア外務省のザハロワ報道官は、主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)関係資料で南クリル諸島(北方領土)が日本の領土に含まれていたとして、ロシアが抗議の意を表したと発表した。

7月11日
アークティックLNG2:グローバル経済を背景にしたグローバルな政治
https://jp.sputniknews.com/opinion/201907116457469/
日本の投資家がノヴァテクのLNGプロジェクト「アークティックLNG2」で持ち分10%を取得した。プーチン大統領と安倍首相の臨席の下、G20大阪サミットに合わせて合意書が署名された。取得したのはJOGMECと三井物産のコンソーシアムで、オランダに登記されているJapan Arctic LNG B.V.である。スプートニクは、この取引が日本のビジネス界にとってのどのような重要性を持つのか、ロシアのエネルギープロジェクトへの外資参画に積極的に反対するアメリカから何らかの反応が予想されるのかを専門家に聞いた。

7月18日
露日外相、7月末にも会談
https://jp.sputniknews.com/politics/201907186482794/
露日両政府は、タイの首都バンコクで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会合に合わせ、ラブロフ外相と河野外相の会談を調整している。共同通信が報じた。

7月24日
竹島上空の飛行は政治の新たな現実
https://jp.sputniknews.com/opinion/201907246506318/
日本政府は23日、竹島(韓国名でトクト島)の周囲の日本の領空がロシア軍の早期警戒管制機A-50に侵犯されたとして、韓国に続いてロシアに抗議を申し入れた。一方でこの事件の重要な点はロシアと中国のそれぞれ2機の戦略爆撃機が日本の領域沿いで行っていた合同パトロールであることは間違いない。こうした事態は露中の互いの軍事史上、未だかつてなかったことだった。

7月24日
竹島周辺の射撃で韓ロに厳重抗議菅氏、領空侵犯にも再発防止要求
https://jp.sputniknews.com/world/201907246506456/
菅義偉官房長官は23日の記者会見で、島根県・竹島周辺で韓国がロシア軍機に警告射撃したことに関し、韓国、ロシア両政府に抗議したと明らかにした。「事案の発生を確認後、直ちに外交ルートで厳重な抗議をし、再発防止を強く求めた」と述べた。ロシア軍機の領空侵犯については「2度にわたり島根県・竹島周辺を領空侵犯したと認識している」と説明した。

7月28日
ロ首相択捉訪問、8月1~2日か鈴木宗男氏が発言
https://jp.sputniknews.com/politics/201907286523345/
政治団体「新党大地」の鈴木宗男代表は27日、札幌市で開いた集会後に報道陣の取材に応じ、ロシアのメドベージェフ首相による北方領土の択捉島訪問計画について「現時点では8月1~2日に択捉に行くという情報だ」と述べた。

7月31日
ロシア産穀物 北極海航路で日本に運搬へ
https://jp.sputniknews.com/business/201907316531964/
シベリア南西部のオムスク州当局は、定例ルートとは違い、はじめに河川を下り、その後北極海航路を利用して穀物を日本へ運搬する方法を提案した。アレクサンドル・ブルコフ州知事がこうした案を提起した。ロシアの「コメルサント」が報じた。


一九九八年四月、橋本龍太郎首相がエリツィン大統領に、北方四島の北側に境界線を設定できれば、当面はロシアの当地を認めるという提案をして、エリツィンもこれに乗り気だったそうです。五月のバーミンガムサミットでケリをつける日程があったものの、総理大臣秘書官が、その外交成果を、七月の参院選後、橋本政権の権力基盤の強化に使いたいとストップを掛けたんだそうです。その参院選で自民党が敗北し、橋本内閣が退陣して、小渕恵三内閣が誕生しました。前後して、ロシアでは財政が悪化してデフォルトを起こしてしまいます。さらにエリツィンの健康状態が悪化して、日露交渉が滞ったようです。

千載一遇の好機というのは、そういうものなんでしょうね。






関連記事

テーマ : 領土・領海・・経済水域
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました



「《めんどくせぇことばかり》は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
よくお越し下さいました

イーグルス16

Author:イーグルス16

息も絶え絶えです、ぜひ応援してください


現代とはなぜこんなにも棲みにくいのか。
前近代から近現代へと変貌し続ける世相の本質をつかみ生き方の支柱を示す。
カウンター
カテゴリ
こんな本、あんな本


この本、今でも売れてるんですね。何時頃読んだんだろう。記憶も定かじゃないけど・・・。この男の子が嫌いでね。涙が出た。白血病で入院してた女子高生にこの本を送ったことがある。感想、聞かせてもらってないな。



中学1年で読んだと思うんだけどな。アレクサンダーの伝記。夏休みの読書感想文で郡市の大賞を取ったんだ。「アレクサンダーによって異なる国や民族が一つの領域にまとめられたように、いつかこの世界も・・・」・・・なんてことを書いた。なんだか、アメリカがやろうとしてるよね。・・・当時はそれがいい事のように思ってた。



高校で山岳部に入ったんだよね。もとが山ん中だからさ。そんでもって山岳部っていうのもどうかと思ったんだけど。この本を読んじゃったもんでね。入部したての1年の夏休み、北鎌尾根から槍に登った。・・・記憶に誤り。取り付いただけだった。



今みたいに女の裸が氾濫している時代じゃなかったわけですよ。私の中学生時代っていうのは・・・。そんな時代なのに、中学校の図書館に置いてあったんですからね。この表紙の本が・・・。手にした理由はもちろんこの表紙の女。・・・もちろんそんなことは誰にも言えない。ただ、以前から無類の本好きであったことは功を奏した。それに加えて、私は以前からのSFファンということになった。この本を不自然なく手にするために・・・。
やられた本








































































リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
最新記事